資産運用

これまでの人生最大の無駄遣いは受験浪人 ~ それでも浪人を前向きに捉える

投稿日:2019年1月3日 更新日:

 

 

チャンドラです。

 

私は大学受験に失敗して1年間の浪人生活を体験しました。

両親に予備校代を出してもらい1年間勉強を続けた結果、現役時に希望した大学に合格することができました。大学に合格したときは嬉しさよりも罪悪感でいっぱいでした。「本当に無駄なことをしたな」と。

今回は受験浪人することでどれだけ損するかを考えてみます。そして浪人を前向きに捉えるにはどうすればいいかを示します。

 




 

浪人するといくら損するか

 

1年間浪人すると現役合格するよりも社会に出るのが1年遅れます。社会に出るのが1年遅れると稼げる期間が減ります。何故なら(一般の人が)働く期間は定年までと決まっているからです。

それでは浪人する場合、現役合格する場合よりもどれだけ収入が減るかを計算してみます。

浪人すると1年間働く期間が減るので、日本人男性の平均年収 (500 万円)に税金分を引いて大体400 万円少なくなります。さらに予備校の費用は約100万円です。

これらを考慮すると、浪人する方が約500万円も損することになります。

 

私の場合は志望校にわずか5点足りずに浪人が決まりました。わずか5点です。たった1問だけ多く正解しておけば人生で500万円損することはありませんでした。

 

スポンサーリンク



 

意義がある受験浪人とは?

 

受験浪人は無駄と言いましたが、必ずしもそうとは言い切れません。志望校のレベルを大きく変えるときがそうです。

 

例えば高校時代にクラブ活動に熱中して学業に時間が割けず浪人してしまった場合を考えます。そして浪人時代に猛勉強して東京大学に合格したとします。

これは意義がある浪人です。なぜならばこの人は高校時代に熱中したクラブ活動を通して、体力や楽器を弾く技術、プログラミング技術などを身に付けているからです。これらは金額に換算できないものの人生を豊かにするための要素と言えるからです。そして東京大学を卒業すれば(全員とは言いませんが)それなりに収入がよい企業に就職できます。つまり浪人期間に投資することで一時的な損を経験するけれども、高校時代に得たスキルと大学の肩書を利用すればその後大きなリターンが見込めるわけです。

 

一方高校時代にガリガリ受験勉強をして有名大学に僅差で不合格となり、浪人して現役時代と同じ大学に合格した場合はどうでしょうか?

この場合は上のケースほど意義はありません。なぜなら高校時代と浪人時代でやっていることが変わらないからです。前のケースでは高校時代は受験とは関係ないスキルを身に付け、浪人時代は有名企業への切符を手に入れる受験勉強に時間を割いています。つまり2つの異なる経験をしているのです。ところが後者では受験勉強しかしていません。浪人時代は現役時代に解けなかった問題をひたすらやって、解けない問題をひたすらつぶしていく作業をやっていくのです。そしてここで得たスキルは大学受験でだけ使えるもので、大学で学ぶ高度な学問や社会で直面する解答のない問題には役に立たないのです。

そして残念ながら私の場合は後者でした。

 

 

それでも浪人を前向きに捉える

 

私が通った大学は自然科学の分野ではノーベル賞受賞者を多数輩出する大学ですが、前述したように合格を素直に喜べませんでした。その理由は「総額500万円損した」ことよりも「無駄なことに1年かけた罪悪感」の方が大きかったように思います。「浪人制度が悪い」などと叫んで社会のせいにしたところで無駄です。高校時代の私は完全に競争に負けたのです。たった5点の差を埋めることができなかったのです。

では受験浪人を経験した人はこの罪悪感を感じながら生きていくのかといえば、そうではありません。これを糧にするべきです。そのためには「500万円という大金を無駄にした」「1年という時間を無駄にした」ことを真剣にとらえて、「大学時代や社会人時代に他人に負けないように一層勉学や仕事に打ち込もう」と前向きになるべきなのです。

500万円は大きな勉強代です。この勉強代を活かして自分を向上できるかどうかは、「大きな勉強代を払ったことに気付けるかどうか」次第です。

 

それでは。

 

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これまでにドブに捨てた金額を公開します

チャンドラです。   ケチを自認する私ですが、これまでの人生でお金をドブに捨てたと感じたことは多々あります。そんな経験を紹介します。 受験浪人(ドブ捨て金額:120万円)   間違 …

米国はイノベーションを起こす土壌がない??

  米国はイノベーションを起こす土壌がない?と聞くと驚きを感じますが、そんな土壌がかつてより失われつつあるという主張をけっこう見つけることができます。 中野剛志氏の「新説・企業論」という新書 …

レバレッジ3倍SPXLに投資するなら最大5年にするべきだと考える理由。ただし元本割れリスクは高い。

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。1.75倍以上のレバレッジをかけると時間とともにリターンの中央値が小さくなるためです。 …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

マネーフォワードMEで資産管理 | 複数口座・クレジットカードをもつならおすすめ

  チャンドラです。   資産管理をもっと簡単にしたいと思いマネーフォワードMEというアプリを使ってみました。まだ使い始めて数日ですが、予想以上に使いやすいアプリだと感じています。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ