資産運用

アメリカ人が書いた株式投資の名著が多い理由

投稿日:2020年4月21日 更新日:




 

株式投資の未来

賢明なる投資家

ウォール街のランダムウォーカー

敗者のゲーム

 

株式投資の名著を挙げろと言われれば、たいていはアメリカで出版された本が思い浮かびます。その主な理由は、経済理論や株式の分析が主にアメリカで発達したからです。まあその通りでしょう。

実はもう一つ理由があると考えています。それは、アメリカ人が書いた本は初心者に優しいということ。これは株式投資に関わらず、科学、工学、ビジネスに関わらず全般にあてはまると思っています。

大学で理系だった人なら分かると思いますが、ファインマン物理学とかアトキンス物理化学とか、いわゆる名著と言われる専門書は全て分厚い。なぜ分厚いかというと、高校卒業レベルの学生に基礎を叩き込むために、これでもかというくらいかみ砕いて説明しているから。そして図や実例が豊富で、大量の演習問題が付いている。一方で日本人が書いた専門書は、どちらかというと難解な本が多くて行間を読まないとついていけないものが多い。

あとはアメリカ人の書いた本の方が内容が深いものが多い。初心者でも分かるようにかみ砕いて説明しているというのは、その根底にある思想とか法則をより平易な形で説明しているということ。日本の専門書はもっとあっさりしていて、「分かる人が読めば根底にあるものも分かる」といった感じ。もっと言えば、日本の専門書 + ブルーバックス = アメリカの専門書、というイメージです。

これは有益な情報だと思います。株式取引でもビジネス書でもなんでもいいのですが、何か本を読んで勉強してみようかなという分野が出てきたら、まずはアメリカ人が書いた本を読んでみることをおすすめします。たいていの本は分量が多いですが、量に反比例して初心者向きであることが分かると思います。アメリカ人が書いた本もピンキリでしょうが、日本語で翻訳されている時点である程度のスクリーニングされているとも考えられますからね。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …

6年で2000万円貯めたサラリーマンの財布を紹介

  チャンドラです。   インターネットで「お金が貯まる」「財布」で検索すると色々な情報が出てきます。「2つ折りの財布より長財布の方がいい」「レシートでパンパンの財布はお金が貯まり …

消費税10%に上げるならもっと残業代が欲しい

  チャンドラです。   今年10月の消費税10%への増税の可能性が高まってきました。 私の2018年の手取りは602万円、支出は262万円でした。支出の262万円の全てに消費税が …

【人生変わった】投資信託を1年続けて分かったこと

チャンドラです。   投資信託を開始してちょうど1年が経過しました。 私が投資信託を始めたのは山崎元氏の「ほったらかし投資術」という本を読んだのがきっかけでした。たまたま会社で企業型確定拠出 …

マネーフォワードMEで資産管理 | 複数口座・クレジットカードをもつならおすすめ

  チャンドラです。   資産管理をもっと簡単にしたいと思いマネーフォワードMEというアプリを使ってみました。まだ使い始めて数日ですが、予想以上に使いやすいアプリだと感じています。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ