金融工学

「未来は予測できない」と諦めず科学的にアプローチすることが道を切り開く。

投稿日:




 

未来に起きる出来事なんて予測できないと多くの人は言います。

世の中で数えきれないほど多くの人や物が互いに影響し合っているので、そんな影響の結果として発生するイベントは予測できないというのは一理あるでしょう。

ただし、そこには次の2つの態度が生まれると思っています。

(1) 予測することを諦める

(2) 起きうる出来事の起こりやすさを分析する

例えば「サイコロをふって1の目が出れば1000円もらえる。1以外の目が出れば300円失うゲームをしよう」ともちかけられたとします。

サイコロをふってどの目が出るかは完全に予測不可能。だから予測すること自体無駄な労力だと考えるのが(1)の態度です。意味ないことに時間をかけるのならとりあえずやってみようとゲームに飛びつく。

(2)の態度をとる場合、サイコロの目は予測できないがどの目が出る確率も全て16%だと計算できる。するとこのゲームの期待値はマイナスになるからゲームに参加しないほうが定量的な分析に基づいて判断するのです。

 

Sponsored Link



 

私は「予測することを諦める」のは諦念、「起きうる出来事の起りやすさを分析すること」を執念だと思っています。

前者はどちらかと言えば日本的です。日本文化の底流にある仏教には「人生は思い通りにならない」という考えがありますが、その思い通りにならないことをコントロールしようとすること自体が虚しいという、そういう考え方が予測を諦める「諦念」に近いと思っています。

それに比べて後者は西洋的だと思います。予測できないと諦めるのではなく、科学的な手法で分析して意思決定に活かそうというその態度。ベルヌーイやガウスといった天才たちが確率論を発展させてきた背景には、科学的アプローチで複雑な現象を解明していこう、予測不要とあきらめず困難を切り開いていこうという「執念」があったのではないかと思うのです。

 

Sponsored Link



 

株式投資においても、株価のデタラメな動きをなんとか予測できないかという科学者の執念があったと思います。

株価がデタラメな動きをする。でもそこで諦めることはなかった。科学者はデタラメに動くからこそ、その性質を利用して将来の株価の確率分布を計算できることを発見した。そして確率分布の数学的性質を応用することでリスク管理手法やポートフォリオ理論を構築していったのです。

株価を研究した科学者たちが執念で築き上げてきた理論の集大成が、マルコビッツが提唱した現代ポートフォリオ理論でしょう。マルコビッツが導いた「最適なポートフォリオは時価総額加重平均ポートフォリオである」という結論は私にとって衝撃的でした。

「未来なんて予測できない。」と諦めるのはちょっと待てと言いたい。未来は不確実ですが、不確実に対処しようと戦ってきた人々がリスク管理手法や現代ポートフォリオ理論を築き上げたという歴史は、確かに我々の身近にあると思うのです。

不確実性に立ち向かうその姿こそが、ジョジョの奇妙な冒険の言葉を引用すれば、「人間賛歌」と言えるのでありましょう。

 

参考:

現代ポートフォリオ理論がどのように成立してきたか、理論の結果と実際の乖離を説明するために提唱された行動ファイナンスも紹介する良書。

 

関連記事:

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

 

現代ポートフォリオ理論を解説しています。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

リスクの時間分散効果というウソ。長期投資でリスクを低減できない理由。

  リスク資産は短期でもつよりも長期で持つ方がリスクが下がるという説明がされることがあります。これには色々議論があるようですが、私は間違いだと思っています。 長期投資でリスクが下がることを説 …

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。 前回の記事で紹介しましたが、株価の動きは「ある一定の方向に動く」と「ランダムに動く」の2つの効果を考 …

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

  株価はランダムな動きをすると仮定して構築されたのが現代ポートフォリオ理論。難しそうな微分積分の式を見れば怖気づきますがミソだけ押さえれば理解するのはさほど難しくありません。 株価が「ある …

投資でシャープレシオ単体を使うことに意味はない。リスクと組み合わせて元本割れ確率を分析する。

  ポートフォリオのシャープレシオはリターンをリスクで割ったものとして定義されています。例えば米国S&P500の年平均リターンは7%、リスク (標準偏差)は20%なので、シャープレシ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ