金融工学

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資で元本割れ確率をほぼゼロにできる

投稿日:2020年11月19日 更新日:




 

前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。比較内容は投資期間に対する平均リターン、リスクです。前提と結果を再掲します。

前提:年平均リターン 7%、標準偏差 20%、総投資額は同じ

20年後の平均リターン・リスク比較:

一括投資:平均リターン 306%  リスク 272%

積立投資:平均リターン 126%  リスク 33%

ここまでが前回のおさらいですが、リスク272%とか言われてもよく分からないので元本割れ確率で比較する、というのが今回の趣旨です。リスクとは分布のばらつきを示すものなので、リスク=元本割れ確率ではありません。しかし、投資において「元本割れしないかどうか?」が大きな関心事になる以上、リスクよりも元本割れ確率を調べた方が投資の意思決定には使えるとい思うからです。

 

Sponsored Link



 

というわけで計算した結果が下のグラフです。

まずは一括投資。投資期間が長いほど元本割れ確率が小さくなり、20年後には13%になります。元本割れ確率は年平均リターンと標準偏差に依存します。S&P500の場合は標準偏差に対する年平均リターンがそれなりに大きいので、長期投資によって元本割れ確率を大きく減らせています。

次は積立投資。元本割れ確率の低下は顕著で10年目以降の元本割れ確率はほぼゼロです。これは前の記事でも紹介したように追加投資を継続することでリスクを低下させた結果、元本割れ確率を大きく減らせているのです。

というわけでリスクを元本割れ確率に変換して再度まとめると、

20年後の平均リターン・リスク比較:

一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13%

積立投資:平均リターン 126% 元本割れ確率 0%

 

すると、「一括投資 or 積立投資か?」という問題は、20年間投資することを前提とすれば「20年後に資産を4倍にする(ただし13%の確率で赤字) or 20年後に資産を2.3倍にする (しかも赤字の確率はほぼゼロ)、のどちらを選ぶか?」という問題に言い換えることができると思います。このどちらを選ぶかは価値観の問題です。

ただし、私の考えではほとんどの人は積み立て投資を選ぶと思っています。いや、そうせざるを得ない。なぜかは別の記事で紹介します ww

 

関連記事:

現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説しています。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

  Visual Capitalistの記事に1985年~2020年の35年間における各アセットクラスの年率リターンが紹介されています。 この記事は株に限らず色々なリスク資産のデータを載せて …

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

  前回の記事では、WealthNaviの資料をもとにエクセルのソルバーを使って効率的フロンティア曲線を作成しました。 効率的フロンティア曲線は、各リスクに対してリターンが最も高いポートフォ …

S&P500の最適レバレッジは1.75倍。SPDRとSPXLを10:6で混ぜれば作れる。

  前回の記事でS&P500の最適レバレッジは1.75倍だと説明しました。レバレッジを大きくすればするほどリターン分布の中央値が大きくなりますが、ある閾値を境に中央値は下がります。そ …

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

  私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。 この年率リスクとリターンは過去の実績から計算し …

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

  過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。 この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ