金融工学

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資で元本割れ確率をほぼゼロにできる

投稿日:2020年11月19日 更新日:




 

前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。比較内容は投資期間に対する平均リターン、リスクです。前提と結果を再掲します。

前提:年平均リターン 7%、標準偏差 20%、総投資額は同じ

20年後の平均リターン・リスク比較:

一括投資:平均リターン 306%  リスク 272%

積立投資:平均リターン 126%  リスク 33%

ここまでが前回のおさらいですが、リスク272%とか言われてもよく分からないので元本割れ確率で比較する、というのが今回の趣旨です。リスクとは分布のばらつきを示すものなので、リスク=元本割れ確率ではありません。しかし、投資において「元本割れしないかどうか?」が大きな関心事になる以上、リスクよりも元本割れ確率を調べた方が投資の意思決定には使えるとい思うからです。

 

Sponsored Link



 

というわけで計算した結果が下のグラフです。

まずは一括投資。投資期間が長いほど元本割れ確率が小さくなり、20年後には13%になります。元本割れ確率は年平均リターンと標準偏差に依存します。S&P500の場合は標準偏差に対する年平均リターンがそれなりに大きいので、長期投資によって元本割れ確率を大きく減らせています。

次は積立投資。元本割れ確率の低下は顕著で10年目以降の元本割れ確率はほぼゼロです。これは前の記事でも紹介したように追加投資を継続することでリスクを低下させた結果、元本割れ確率を大きく減らせているのです。

というわけでリスクを元本割れ確率に変換して再度まとめると、

20年後の平均リターン・リスク比較:

一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13%

積立投資:平均リターン 126% 元本割れ確率 0%

 

すると、「一括投資 or 積立投資か?」という問題は、20年間投資することを前提とすれば「20年後に資産を4倍にする(ただし13%の確率で赤字) or 20年後に資産を2.3倍にする (しかも赤字の確率はほぼゼロ)、のどちらを選ぶか?」という問題に言い換えることができると思います。このどちらを選ぶかは価値観の問題です。

ただし、私の考えではほとんどの人は積み立て投資を選ぶと思っています。いや、そうせざるを得ない。なぜかは別の記事で紹介します ww

 

関連記事:

現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説しています。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「未来は予測できない」と諦めず科学的にアプローチすることが道を切り開く。

  未来に起きる出来事なんて予測できないと多くの人は言います。 世の中で数えきれないほど多くの人や物が互いに影響し合っているので、そんな影響の結果として発生するイベントは予測できないというの …

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

  数式がたくさん出てきます。興味ない方はトップページにエスケープしてください。   なぜ時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか? これは現代ポートフォリオ理論から導き出され …

レイ・ダリオのオールウェザー・ポートフォリオでボラテリティをガッツリ下げる。

  レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオ。詳細は書籍「世界のエリート投資家は何を考えているのか?」に紹介されています。 世界のエリート投資家は何を考えているのか、何を見て動くのか【 …

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

  過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。 この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。 …

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

  前回の記事ではS&P500の最適レバレッジが1.75倍であることを紹介しました。ポイントだけ再掲します。 (1) ポートフォリオにレバレッジをかけるとリスクとリターンが高くなる。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ