資産運用

TQQQ50%・TMF50%で保有している場合のリスクとリターン。

投稿日:2021年10月16日 更新日:




 

読者様から質問を頂きました。

TQQQ50%。TMF50%で保有している場合のレバレッジはどのように計算すべきでしょうか?国債はマイナスのレバレッジとしてリスクを計算すべきでしょうか?・・・

トレーディングビューからデータをダウンロードして計算したところTQQQが年リターン53.98%、リスクが33.54%。TMFが年リターンが4.9%、リスクが11.6%です。

よろしくお願いいたします。

ちなみに、

TQQQ:NASDAQ100指数の3倍の値動きを目指すレバレッジ型ETF

TMF:20年超米国債の3倍の値動きを目指すレバレッジ型ETF

 

Sponsored Link



 

異なるETF同士を混ぜてポートフォリオを作る場合、そのポートフォリオのリスク・リターンは、もとのETFのリスク・リターンと相関係数をもとに計算することができます。

TQQQとTMFの過去10年の相関係数は-0.14でした。これからポートフォリオのリスク・リターンを求めることができます。

リターン:29.4%、リスク:22.6%

ちなみにTQQQ・TMFの割合を変化させてリスク・リターン平面上で変化させたのが下のグラフです。

シャープレシオ (リターン/リスク)を計算すると:

TQQQ: 1.6

TMF:0.4

TQQQ50%+TMF50%: 1.7

合成する割合を色々変化させても、この50%合成ポートフォリオのシャープレシオが最大であることが分かりました。

 

以下は個人的所感。たしかにTQQQにTMFをまぜて1:1の割合にすればシャープレシオを最大にできるんですが、それでもたかが0.1程度の改善にしか過ぎないのが気になります。

理由は相関係数が-0.1程度で小さいから。ちなみに相関係数が-0.5の場合はシャープレシオが2を越えます。

これくらいの改善ならやりがいがありますが、たかが0.1程度の改善ならポートフォリオのシンプルさという観点からTQQQだけ保持がいいと思います。私はシンプル派。

TQQQのリスクが高くて怖いのなら、単純に現金比率を高めればいいだけの話です。この場合シャープレシオも維持できます。

 

個々のETFのリスク・リターン・相関係数からポートフォリオ全体のリスク・リターンを計算する方法は、名著「ファイナンス入門」にこれでもかというほど分かりやすく書いています。

関連記事:

長期投資の定量的な検証は過去記事を参照してください。

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

役に立たない”流行の”投資本買うより「ファイナンス理論入門」読んだ方がいい。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コロナ禍で儲けた富裕層がディスられている?

  米富裕層の資産がコロナ禍の3か月で62兆円!増えたそうです。CNNの記事から。 過去のおよそ3カ月間で、米国の富裕層の資産が5650億ドル(約62兆円)増えていたことが分かった。同国の進 …

投資初心者が日経平均ダブルインバースETFなんて買うのやめたほうがいいと思うが。

  日経平均ダブルインバースETF: 日経平均とは逆の方向に2倍の動きをするETF。例えば日経平均が1%下落すれば、ダブルインバースETFは2%上昇。 投資初心者がダブルインバースETFに投 …

GAFAMを除いたS&P495のパフォーマンス

  S&P500からGAFAM (Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoft)を除いた残りの495銘柄からなる指数 (S&P495) …

親より裕福になれる米国人はたった半分以下。そしてますます減っている。

  米国では親の世代より裕福になれる人がどんどん減ってきているそうです。この記事からグラフを抜粋。 引用:visualcapitalism 縦軸は両親よりも高い収入を得る子供の割合。もうすこ …

20年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?速攻で尽きるので30年は投資した方がいいな ww

  前回の記事では毎年50万円を年率7%で30年間運用した後、引退後にいくら引き出していけばいいかを検証しました。 引退後にずーっとリスク資産を保有し続けるのではなく、20年後に売り切るため …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ