資産運用

TQQQ50%・TMF50%で保有している場合のリスクとリターン。

投稿日:2021年10月16日 更新日:




 

読者様から質問を頂きました。

TQQQ50%。TMF50%で保有している場合のレバレッジはどのように計算すべきでしょうか?国債はマイナスのレバレッジとしてリスクを計算すべきでしょうか?・・・

トレーディングビューからデータをダウンロードして計算したところTQQQが年リターン53.98%、リスクが33.54%。TMFが年リターンが4.9%、リスクが11.6%です。

よろしくお願いいたします。

ちなみに、

TQQQ:NASDAQ100指数の3倍の値動きを目指すレバレッジ型ETF

TMF:20年超米国債の3倍の値動きを目指すレバレッジ型ETF

 

Sponsored Link



 

異なるETF同士を混ぜてポートフォリオを作る場合、そのポートフォリオのリスク・リターンは、もとのETFのリスク・リターンと相関係数をもとに計算することができます。

TQQQとTMFの過去10年の相関係数は-0.14でした。これからポートフォリオのリスク・リターンを求めることができます。

リターン:29.4%、リスク:22.6%

ちなみにTQQQ・TMFの割合を変化させてリスク・リターン平面上で変化させたのが下のグラフです。

シャープレシオ (リターン/リスク)を計算すると:

TQQQ: 1.6

TMF:0.4

TQQQ50%+TMF50%: 1.7

合成する割合を色々変化させても、この50%合成ポートフォリオのシャープレシオが最大であることが分かりました。

 

以下は個人的所感。たしかにTQQQにTMFをまぜて1:1の割合にすればシャープレシオを最大にできるんですが、それでもたかが0.1程度の改善にしか過ぎないのが気になります。

理由は相関係数が-0.1程度で小さいから。ちなみに相関係数が-0.5の場合はシャープレシオが2を越えます。

これくらいの改善ならやりがいがありますが、たかが0.1程度の改善ならポートフォリオのシンプルさという観点からTQQQだけ保持がいいと思います。私はシンプル派。

TQQQのリスクが高くて怖いのなら、単純に現金比率を高めればいいだけの話です。この場合シャープレシオも維持できます。

 

個々のETFのリスク・リターン・相関係数からポートフォリオ全体のリスク・リターンを計算する方法は、名著「ファイナンス入門」にこれでもかというほど分かりやすく書いています。

関連記事:

長期投資の定量的な検証は過去記事を参照してください。

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

役に立たない”流行の”投資本買うより「ファイナンス理論入門」読んだ方がいい。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国S&P500 ゴールデンクロス成立 | インデックスの損益も増加

  チャンドラです。   3月の下旬は米国債市場で逆イールド現象が起きました。 長期金利の利回りが短期金利を下回る現象が逆イールドです。逆イールドは景気後退のサインだと言われていま …

日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える

  チャンドラです。   日本の平均賃金を他の先進国と比較してみました。 データはOECDのデータベースを使用しました。     平均賃金は他国に抜かれている …

自分で決められる資産運用は素晴らしい。誰からも制約されない自由があるから。

  サラリーマンが会社で意思決定しようとすれば、そこでは様々な壁が立ちはだかります。 こんなものを新しく買ってオフィスに配備しようと提案しても、相手に費用対効果が理解されなければ採用されませ …

iツールで新興国株式のドルコスト平均法シミュレーション

  チャンドラです。     大和証券投資信託委託株式会社は投資信託のシミュレーションツールであるiツールを提供しています。 積立投資のシミュレーションにとても便利なツー …

他人に評価損を指摘されると腹立つ ww

  3月16日の米国株式市場は大荒れ。S&P500は12%安の2386まで下げました。2019年の上昇分をほぼ全て失うという結果に。こんなに下がると思っていませんでした。ゴールドマン …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ