資産運用

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

投稿日:2019年8月4日 更新日:

チャンドラです。

 

このブログではemaxis slimシリーズに投資している私の運用成績を公開していきます。

emaxis slimは三菱UFJ国際投信が販売しているインデックス・ファンドです。その運用コストは業界最低水準です。私は重点的に投資しているのは次の2つのファンドです。

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)

 

Slim S&P500は米国の株価指数であるS&P500に連動するインデックス・ファンドです。日本とは異なり、米国の株価はリーマンショックなどの暴落を経験しながらも力強く上昇を続けてきました。経済・科学技術・軍事で世界をリードし、人口も増え続けている米国経済は今後も成長していくと予想しています。

これが私がSlim S&P500に投資する理由です。

Slim 全世界株式 (除く日本)は日本を除いた世界の株式に投資できるインデックス・ファンドです。MSCIコクサイ・インデックスとMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動するように運営されています。先進国株式と新興国株式の割合はおよそ88:12です。新興国経済は政治リスクが高いですが、一方で経済成長率が高く2050年のGDPランキング世界トップテンを現在の新興国の多くが占めると予想されています。だから新興国株式は魅力的な投資先です。一方で日本は少子高齢化が進み、日本が得意としてきた製造業の分野で日本企業は競争力の高い中国や韓国などの企業に駆逐されています。今後もこの流れが止まるとは思えません。だから日本の株式に投資するつもりはありません。

これが私がSlim 全世界株式 (除く日本)に投資する理由です。

 

Sponsored Link



 

私は6年間で2000万円を貯めるほどの節約好きで、投資など考えたこともありませんでした。ですが銀行に預金してもお金は増えないし、将来年金がもらえるのかも怪しく感じたので、思い切ってインデックス投資を始めることにしました。これから私の資産の大半をemaxisに移していきます。今後の世界経済の成長を信じて。

私の運用方針は、業界最低水準の運用コストを誇るemaxis slimのS&P500と全世界株式(日本除く)に毎週一定金額を積み立て、株を売らずにひたすらホールドすることです。節約してお金を貯め、退職金も前払にして、ひたすらemaxisに積立て続けています。売却するのは退職後です。このブログではemaxisの運用成績を公開しています。

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NISA | 楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年12月末

  私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:299,988円 評価額:336,526円 損益:+36,538円 …

資産運用は総合力でやるもの

  数か月前にブログ村で個別株に集中投資していた投資家がインデックス投資家に転向した。突然の転向は驚きをもって迎えられた。その投資家はコロナショックによる株価の暴落に精神的に耐えきれなくなり …

貯金をディスる人 ww

  私の知り合いにいるんですよ ww 貯金する他人をバカにする人。 「サラリーマンのボーナスの使い道って貯金らしいね。日本人はなんでこんなに貯金が好きなんだろう。銀行口座に寝かせたって金が増 …

ARKKは構成銘柄間の分散が効いているのが素晴らしい。インデックス派の私もARKKは買ってみたいな ww

  破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。 代表的なETFはARKKですが、そのパフォーマンスは下の通り凄まじいで …

【企業型DC】前払い退職金を年率何%で運用すれば得するか?

  前回からの続きです。   私の会社では定年退職まで働き通せば、約2,500万円の退職金を受けとることができます。退職金を一括で受け取るときの税金は約100万円です。これらを考慮 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ