資産運用

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

投稿日:2019年8月4日 更新日:

チャンドラです。

 

このブログではemaxis slimシリーズに投資している私の運用成績を公開していきます。

emaxis slimは三菱UFJ国際投信が販売しているインデックス・ファンドです。その運用コストは業界最低水準です。私は重点的に投資しているのは次の2つのファンドです。

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)

 

Slim S&P500は米国の株価指数であるS&P500に連動するインデックス・ファンドです。日本とは異なり、米国の株価はリーマンショックなどの暴落を経験しながらも力強く上昇を続けてきました。経済・科学技術・軍事で世界をリードし、人口も増え続けている米国経済は今後も成長していくと予想しています。

これが私がSlim S&P500に投資する理由です。

Slim 全世界株式 (除く日本)は日本を除いた世界の株式に投資できるインデックス・ファンドです。MSCIコクサイ・インデックスとMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動するように運営されています。先進国株式と新興国株式の割合はおよそ88:12です。新興国経済は政治リスクが高いですが、一方で経済成長率が高く2050年のGDPランキング世界トップテンを現在の新興国の多くが占めると予想されています。だから新興国株式は魅力的な投資先です。一方で日本は少子高齢化が進み、日本が得意としてきた製造業の分野で日本企業は競争力の高い中国や韓国などの企業に駆逐されています。今後もこの流れが止まるとは思えません。だから日本の株式に投資するつもりはありません。

これが私がSlim 全世界株式 (除く日本)に投資する理由です。

 

Sponsored Link



 

私は6年間で2000万円を貯めるほどの節約好きで、投資など考えたこともありませんでした。ですが銀行に預金してもお金は増えないし、将来年金がもらえるのかも怪しく感じたので、思い切ってインデックス投資を始めることにしました。これから私の資産の大半をemaxisに移していきます。今後の世界経済の成長を信じて。

私の運用方針は、業界最低水準の運用コストを誇るemaxis slimのS&P500と全世界株式(日本除く)に毎週一定金額を積み立て、株を売らずにひたすらホールドすることです。節約してお金を貯め、退職金も前払にして、ひたすらemaxisに積立て続けています。売却するのは退職後です。このブログではemaxisの運用成績を公開しています。

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「価値を生まない無駄なことはしない」という考え方。

  「ワークマン式「しない経営」」という本が面白かったので紹介。 「何をやらなか」を決めることが大切だと強調しているんですが、一部を抜粋すると、 「しない経営」により、「社員よし」「加盟店よ …

投資にポートフォリオ理論の知識を必要とするのは誰か?

  投資にポートフォリオ理論の知識を必要とするのは誰か?   ここで言っているポートフォリオ理論とは、 「株価の変動はどのように数学的にモデルできるか?」 「なぜ多くの銘柄に投資す …

【本業+副業+投資】社畜の資産は5260万 (126万円増加) | 資産公開 | 2021年8月末

  2021年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:52,604,749円 前月より126万円増加 増加内訳:運用: +96万   運用以外: +30万円 ※運用以外 …

eMAXIS Slim 米国株式は遂に含み損解消

  コロナ感染拡大後、米国株式指数は力強く上昇を続けた。そして私の米国インデックス投資も約2か月ぶりに含み損を解消。   2ヵ月前:マイナス425万円 現在:プラス13万円 ネット …

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ