資産運用

人のせいにするなよ ww 自分で考えずYoutubeやSNSを鵜呑みにして投資 ww

投稿日:




 

Youtubeやネット記事を鵜呑みにして株式投資する人っているんですね・・・。マジかよと ww

「これに投資すれば絶対儲かる」的な動画とか発信は多いです。なんで投資みたいな不確定なことを「絶対~」って言えるのか?

ちょっと考えてみれば簡単です。その情報を鵜呑みにした人が儲からなくたって責任取る必要はないから。

・・・

情報を参考にするのならいいと思いますよ。参考と鵜呑みは違います。「参考」は情報を集めてきて長所・短所を分析して自分の意思決定に活かすこと。「鵜呑み」は情報を検証せずにそのまま信じる事。

前者には「考える」というプロセスは入ります。後者は手を動かすだけ。後者をやっていいのは、よっぽど情報の信頼性が高くてかつ意思決定に時間が取れないときだけです。

YoutubeやSNSの情報を鵜呑みにするのはマズいときわめて当たり前の事を書きました。

だって情報発信者は情報の受け手が大損こいたって責任取る必要はないから。

でもね、もう1個理由があるんですよ。それは情報の受け手も人のせいにするからなんです。

Sponsored Link



 

これはあくまで私の経験なんですが、情報を鵜呑みにする人は損したときにそれを人のせいにする可能性が高い。「あなたを信じていたのに!」みたいに ww

「情報を鵜呑みにする」癖がついている場合、自分で「考える」習慣がついていない。自分で「考える」習慣がない場合、なんでもかんでも「他人が考えて与えてくれる」と考えてしまう。最終的に「欲しがり屋さん」になってしまうんです。

欲しがり屋さんは、なんでも他人が与えてくれるんだから、将来の株価みたいな極めて不確定なものでも他人に保証を求めるんです。だから損したらそれも他人のせい。自分の詰めが甘かった、という自省がない。

100円、200円の話しならともかく、何十万、何百万という金を出すなら自分のアタマで考えましょうよ ww

考え抜いて損したなら諦めもつきます。鵜呑みにして損したら悔いが残ると思いますよ。

 

「自分のアタマで考えよう」はこの本でした ww

 

YoutubeやSNSを鵜呑みにして株式投資する人がいるのか ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    人のせいにできるからいいんじゃない?
    自分で調べたり考えたりするの結構手間暇だし面倒だし自己責任になってしまうからなあ
    セミナーに金出す人なんかもそうかもしれんなあ
    いいカモなんだろう

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

  チャンドラです。   国際的なコンサルティング会社PwCが2050年の世界主要国GDP予想を発表しています。 そこでは世界の経済力が新興国にシフトしていくと述べられています。 …

ハイテク株(GAFAM)には個別投資しない。デカすぎる。

  会社に超優秀な社員がいるとする。彼の営業成績は常にトップクラスで上司からの信頼も厚く、部下たちからも尊敬されている。まさに会社の稼ぎ頭だ。当然ながら周りからの期待も大きい。しかもイケメン …

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

  30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ w …

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

  株式投資で一番楽なのは間違いなくドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は定期的に株式を一定金額で取得し続ける手法なので、株式を高値掴みするリスクを減らすことができます。これが時間分散です …

リスクを強く感じる10の要因。「ゼロリスク社会の罠」より。

  「ゼロリスク社会の罠」という本に、人がリスクを強く感じる10の要因が紹介されています。 もともとはハーバード大学のリスク解析センターが発表したものだそうです。 ちなみにリスクとは「ある行 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ