資産運用

人のせいにするなよ ww 自分で考えずYoutubeやSNSを鵜呑みにして投資 ww

投稿日:




 

Youtubeやネット記事を鵜呑みにして株式投資する人っているんですね・・・。マジかよと ww

「これに投資すれば絶対儲かる」的な動画とか発信は多いです。なんで投資みたいな不確定なことを「絶対~」って言えるのか?

ちょっと考えてみれば簡単です。その情報を鵜呑みにした人が儲からなくたって責任取る必要はないから。

・・・

情報を参考にするのならいいと思いますよ。参考と鵜呑みは違います。「参考」は情報を集めてきて長所・短所を分析して自分の意思決定に活かすこと。「鵜呑み」は情報を検証せずにそのまま信じる事。

前者には「考える」というプロセスは入ります。後者は手を動かすだけ。後者をやっていいのは、よっぽど情報の信頼性が高くてかつ意思決定に時間が取れないときだけです。

YoutubeやSNSの情報を鵜呑みにするのはマズいときわめて当たり前の事を書きました。

だって情報発信者は情報の受け手が大損こいたって責任取る必要はないから。

でもね、もう1個理由があるんですよ。それは情報の受け手も人のせいにするからなんです。

Sponsored Link



 

これはあくまで私の経験なんですが、情報を鵜呑みにする人は損したときにそれを人のせいにする可能性が高い。「あなたを信じていたのに!」みたいに ww

「情報を鵜呑みにする」癖がついている場合、自分で「考える」習慣がついていない。自分で「考える」習慣がない場合、なんでもかんでも「他人が考えて与えてくれる」と考えてしまう。最終的に「欲しがり屋さん」になってしまうんです。

欲しがり屋さんは、なんでも他人が与えてくれるんだから、将来の株価みたいな極めて不確定なものでも他人に保証を求めるんです。だから損したらそれも他人のせい。自分の詰めが甘かった、という自省がない。

100円、200円の話しならともかく、何十万、何百万という金を出すなら自分のアタマで考えましょうよ ww

考え抜いて損したなら諦めもつきます。鵜呑みにして損したら悔いが残ると思いますよ。

 

「自分のアタマで考えよう」はこの本でした ww

 

YoutubeやSNSを鵜呑みにして株式投資する人がいるのか ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    人のせいにできるからいいんじゃない?
    自分で調べたり考えたりするの結構手間暇だし面倒だし自己責任になってしまうからなあ
    セミナーに金出す人なんかもそうかもしれんなあ
    いいカモなんだろう

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株価よもっと下げれ ww 湧き上がる破壊衝動

  こんなことを書くと頭おかしいかと思われるかもしれないのですが、あまりに株価が絶好調なのを見ると、そろそろ下がれ!と思ってくるんです。なんだか、破壊衝動のような気持ちがムラムラと湧き上がっ …

【教養】【現代ポートフォリオ理論】「分散投資でリスクを下げる」の本質

  「卵を1つの籠に盛るな」というのは投資の格言。投資する際に複数の銘柄に投資することでリスクを下げることを意味しています。 ただし卵を複数の籠に持っただけではリスクを下げることはできません …

NISA | 楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年11月末

  私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:283,322円 評価額:304,953円 損益:+21,631円 …

2009年から2018年の株式・債券の値動き | 国内・外国・分散

  チャンドラです。   J-PEC (ジャパン・ペンション・ナビゲーター)が2009年から2018年の主要資産の値動きを発表しています。対象資産は国内株式、国内債券、外国株式、外 …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」よりS&P500インデックスファンドを永久に持っておけ ww

  Google Search Consoleを使うと、私のサイトにきた人がどんなワードを検索してサイトにたどり着いたのかを見ることができます。 最近増えている検索ワードが「永久に持っておき …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ