資産運用

ハイテク株(GAFAM)には個別投資しない。デカすぎる。

投稿日:




 

会社に超優秀な社員がいるとする。彼の営業成績は常にトップクラスで上司からの信頼も厚く、部下たちからも尊敬されている。まさに会社の稼ぎ頭だ。当然ながら周りからの期待も大きい。しかもイケメン。皆が彼は将来出世すると信じている。

そんな彼はある事業所の所長に抜擢される。異例の人事だ。彼は意気揚々と事業所に乗り込む。ところが事業所の収益はふるわず、彼は1年で異動させられてしまう。周りの人はこう思う。彼はあんなに優秀だったのに・・・。もしかして彼は過剰評価されていたのではないだろうか。イケメンなら何でも出来ると信じていたのに・・・。

 

引用:statista

最新の米国企業の時価総額ランキングトップ5はMicrosoft, Apple, Amazon, Alphabet, Facebookの巨大ハイテク企業で占められました。私の生活を見回してもこれらの企業のサービスがないと生きていけないのは明白です。パソコンのOSはウインドウズ、検索エンジンはGoogle、買い物はAmazonです。(ちなみに私のスマホは中華、Facebookもインスタもやらないので、厳密に言えばAppleとFacebookはなくても生きていける)。

この5社が提供するサービスはもはやインフラの領域に達していて、市場の独占状態と言っても過言ではないでしょう。これらのハイテク企業に集中投資したくなりますよ。だって市場を牛耳っているんだから。。。

と・こ・ろ・が。私はGAFAMに個別投資はしていません。やってみたい・・・ちょっとだけでも・・・という思いを断ち切って。まだ飲んだことのないタピオカミルクティーのお店に入るのを思いとどまるかのように (←実話)。なぜかというと、冒頭のたとえ話のように、あまりにも期待され過ぎているから。

Sponsored Link



 

例えばFacebook。記事によると増収増益。でもコスト上昇により株価は6%急落。コスト上昇の要因はセキュリティ強化と言われています。

フェイスブックの株価は1月29日の2019年10〜12月期(第4四半期)決算の発表後、時間外取引で6%以上の急落となった。売上はアナリスト予想を上回ったが、投資家らはコストの急増を懸念した。

第4四半期の売上は前年同期比25%プラスの211億ドル(約2.3兆円)で、アナリスト予想の200億ドルを上回った。純利益も前年同期比7%増の73億ドルで、市場予測を上回った。しかし、コストも前年同期比で34%の上昇となり、社員数が4万5000人近くに膨らむ中で120億ドルに達した。これを受けて投資家の間に失望感が広がり、株価は下落。

これは一例ですが、GAFAMは大きくなりすぎて投資家からの期待が大きすぎると思うのです。期待が大きすぎるがゆえに、何かの要因で売上や利益が過去より少なくなれば、投資家は敏感に反応する。しかもフェイスブックの場合は増収増益なのに6%も下落している・・・。

あとは社会的責任。企業がデカくなればなるほど周りへの影響力も大きくなる。周りへの影響力が大きくなればなるほど、ちょっとしたミスが大きな批判を生み出すことになる。例えばネットのセキュリティ不備とか個人情報の漏洩とかデバイスの動作不良とか。当然そういったリスクを防ぐために大きなコストがかかる。

結果論ですが、私も10年前ならGAFAMに個別投資していたかもしれません。でも、もうGAFAMは巨大になりすぎて、あまりにも期待され過ぎていると思うのです。期待が大きすぎると、大きな結果を残さないと株価は上がりにくい一方で、ちょっとのネガティブな結果は投資家の大きな失望と大きな株価下落をもたらします。そう考えるとハイテク株への投資は踏み切れず、やっぱインデックスでええやん、と思うのです。

 

いやいやハイテク株って最高やん、という方はこちら↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「投資は怖い」と考えていた私がインデックス投資を始めた理由

  チャンドラです。   私は2018年にインデックス投資を開始しました。それまで「投資は怖いもの」「ギャンブルに弱い自分は絶対損する」と考えていました。 そんな私が投資を始めたき …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

社畜の資産公開 | 3117万円(75万円増加)| 2020年1月末

  2020年1月の資産運用状況を公開します。 合計資産は31,172,619円で前月より75万円増加しました。   総資産の推移: 2019年11月:  28,812,554円( …

株価の調整ってどういう定義よ?

  株価の調整って具体的にどういう定義ですか?と聞かれて私には歯切れよくスパッと答えられません。 「さ、最近上がり続けていた株価が、さ、下がりだすことでしょうか・・・(モゴモゴ)」というレベ …

eMAXIS Slim 米国株式は遂に含み損解消

  コロナ感染拡大後、米国株式指数は力強く上昇を続けた。そして私の米国インデックス投資も約2か月ぶりに含み損を解消。   2ヵ月前:マイナス425万円 現在:プラス13万円 ネット …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ