資産運用

1年間の確定拠出年金と個人年金保険の節税効果| 2018年度版

投稿日:2018年12月29日 更新日:

 

チャンドラです。

 

私は企業型確定拠出年金と個人年金保険を積み立てています。これらは節税効果が見込めます。

今回はどれだけの節税効果があったのか紹介します。




 

<掛け金>

企業型確定拠出年金:16,000 円 x 12ヶ月 = 192,000 円 / 年

個人年金保険:11,000 x 12ヶ月 = 132,000 円 / 年

 

<今年の課税所得>

以下は源泉徴収票から読み取った金額です。

課税所得:4,406,522 円

 

 

確定拠出年金の節税効果

 

確定拠出年金の掛け金は全額所得控除の対象となるので、所得税と住民税が減ります。私の課税所得をもとに計算した税率は以下の通りです。(国税庁のウェブサイトによる)

 

所得税:20%

所得税控除額:427,500 円

住民税:10%

 

掛け金がない場合の税金:

所得税:4,406,522 x 20% – 427,500 = 453,804 円

住民税:4,406,522 x 10% = 440,652 円

合計:894,456 円

 

掛け金がある場合の税金:

所得税:(4,406,522 – 192,000) x 20% – 427,500 = 415,404 円

住民税:(4,406,522 – 192,000) x 10% = 421,452 円

合計:836,856 円

節税効果:57,600円



 

個人年金保険の節税効果

 

個人年金保険の掛け金も所得控除の対象となります。私の場合控除される額は次の通りです。(控除額はこちらのサイトを参考にさせて頂きました)

 

所得税からの控除:40,000 円(掛け金が80,000 円を超えているため)

住民税からの控除:28,000 円(掛け金が56,000 円を超えているため)

 

掛け金がない場合:

所得税:4,406,522 x 20% – 427,500 = 453,804 円

住民税:4,406,522 x 10% = 440,652 円

合計:894,456 円

 

掛け金がある場合:

所得税:(4,406,522 – 40,000) x 20% – 427,500 = 445,804 円

住民税:(4,406,522 – 28,000) x 10% = 437,852 円

合計:883,656 円

 

節税効果:10,800円

 

 

まとめ

 

今年の節税効果は以下の通りでした。

 

確定拠出年金の節税効果:57,600円

個人年金保険の節税効果:10,800円

トータルの節税効果:68,400円

 

 

それでは。

 

2018年の収入はこちらです:

2018年度の年収・手取り・貯蓄額を公開

 

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過去の米国S&P500に毎月3万円投資し続けた場合のリターンを計算

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月3万円を投資し続けた場合を考えます。 下のグラフが2 …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

60万円の運用益が2週間でマイナスに

  チャンドラです。   インデックス・ファンドと言えど値動きは激しいです。 私は米国S&P500と全世界株式に投資していますが、 つい2週間前にあった60万円の運用益は、 …

インデックス投資の運用益が100万円を超えました

  チャンドラです。   インデックス投資の運用益が初めて100万円を超えました。 eMAXIS Slim 米国株式と全世界株式(除く日本)が主な投資先です。   リター …

サゲサゲ↓↓ マイナス145万円 | インデックス運用成績 | 2020年6月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,536万円 評価額:2,569万円 先週の損益:+178万円(+7%) 今週の損益:+ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ