資産運用

金融所得課税の引上げはリスクとって資産形成やってる人間への侮辱

投稿日:




 

まだ決定事項ではないとはいえ、久々にガックリしました。

「金融所得課税、20%から25%へ増税でも市場害さず」というBloombergの記事からの引用。

岸田文雄首相の派閥に所属する山本幸三衆院議員は、株式譲渡益や配当金など金融所得への課税について、現行の一律20%(所得税15%、住民税5%)から25%程度への引き上げが適当だとの考えを示した。・・・

首相が掲げる金融所得課税の見直しは「格差是正の象徴だ」と説明。市場に悪影響が出ないよう「バランスが非常に大事だ」とした上で「これまでの実証研究では株式市場を害さない税率は25%だ」と指摘した。将来的には累進制も検討する必要があるとした。

 

Sponsored Link



 

実証研究の内容がどんなものかは分かりませんが、そもそも課税が問題ないことの根拠として株式市場に害があるか?という観点でしか説明していないのは納得がいきません。

「貯蓄から投資へ」という言葉があるように、政府 (金融庁)が現預金でなく資産運用で資産を形成することを奨励しているのは明らかです。(例えばこの資料)

ついでの別の記事からも引用。

たとえ金持ち以外でも、真面目にコツコツ資産形成している人間がいる点が欠落していることは明らかです。

資産運用というのはギャンブルでも金持ちの遊びでもありません。資産運用の肝は自分のリスク許容度の把握とポートフォリオ構築にありますが、そこにはエンジニアリングの要素が強く、何もセコイ技を使って100万円を1億円に変えるみたいなことをやってるわけではありません。

それなのに、金持ち優遇云々で金融所得に課税するのは納得がいきません。

ホントに増税するなら積立NISAの投資枠上限を無制限にしろよな!!そしたら全部NISA口座にぶち込んでやるゥゥ!!

 

関連記事:

ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思う。「最適」を実現する合理的なアプローチ。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事キツ過ぎて株価見てなかった8月末の資産 | 2022年8月末

  2022年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,569万円 前月より287万円増加   資産運用状況   投資金額:3,738万円 評価額: …

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

  前回の記事では、WealthNaviの資料をもとにエクセルのソルバーを使って効率的フロンティア曲線を作成しました。 効率的フロンティア曲線は、各リスクに対してリターンが最も高いポートフォ …

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月5万円を投資し続けた場合を考えます。   …

S&P500はバカ下がりですが泰然自若を貫く。自分で出来ることに注力。

  株価がバカ下がりしています。S&P500は3,700ポイントを切りました。 ゴールドマンサックスが年末目標を従来予想の4,300から3,600まで下げたというニュース記事がありま …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ