資産運用

成果報酬型資産運用サービスSUSTENの手数料は安いのか?WealthNaviと比較。

投稿日:2021年6月28日 更新日:




 

マネーフォワード利用者の6割が資産運用してないそうですが、そんな状況を打開するために、マネーフォワードが業務提携したのがSUSTEN

私はSUSTENを初めて知ったのですが、SUSTENのサービスは結構面白いですね。

おまかせで積み立てとかリバランスしてくれる点はWealthNaviと同じ。Wealthnaviがどういうアルゴリズムで結局何をやっているのかは過去記事参照。

Wealthnaviの手数料は預かり資産の年率1%なのに対して、SUSTENは成果報酬型

引用: SUSTEN

Sponsored Link



 

これはナカナカ面白い制度だと思いますが、果たして費用は安いと言えるのか?

あくまでケーススタディとして年率のリスク20%・リターン7%のファンドで100万円を1年間運用することを考えてみます。

これをWealthNaviで運用するとすれば、年率1%なので年間1000円の手数料。

では、SUSTENの場合は????

SUSTENの場合は、毎月の月末時点の評価額が最高値であれば手数料がかかります。

評価額はリスク20%・リターン7%の価格変動モデルに従うとすれば、評価額が最高値をとる確率を計算できるので、手数料の期待値が計算できます。

年率のリスク20%・リターン7%を月率に換算すると、リスク5.8%・リターン0.6%。

これを基に毎月最高値を更新する確率を計算し、各月の手数料の期待値の和を取るとその総額は5180円。

う~ん、結構高いな ww

これはあくまでファンドの年率のリスク20%・リターン7%と仮定した結果。これはS&P500の長期投資に相当します。

言い換えれば、SUSTENが提供するファンドのリターンがS&P500相当のパフォーマンスしか出せないとしたら、SUSTENを使う価値はないと言うこと。

つまり、ファンドの成績次第ということですね。(まあ、当たり前ですね ww)

 

関連記事:

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

「貯金は悪」は意味不明なんだが。貯金に善も悪もないだろう ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500 遂に3000ポイント超え! | 運用状況

  チャンドラです。 米国S&P500が遂に、史上最高の3000ポイントを超えました。 パウエルFRB議長が利下げに前向きな証言を行ったことが株価上昇の大きな要因になりました。金利が …

投資は一人でやるもの。群れてる時点で終わりだろう。

  たまたまネットで知った言葉。「相場師は孤独を愛す」相場格言だそうです。 相場の歴史の中で語られてきた教訓や戒めとなる言葉を、簡潔にあらわしたものを相場格言といい、この言葉も相場格言の一つ …

「下がったら買う」は意味あるか?を定量的に検証する。

  投資信託を長期積立投資する際に、毎月定額積み立てるドルコスト平均と、株価が下がってから買う方法、どちらのリターンが高いのか? これは私も非常に興味がある問題だったので検証してみます。以下 …

物価は奥が深くて面白い。名著「物価とは何か」でインフレ・デフレを学ぶ。

  経済学にはとことん疎い私が経済学関係の本で、コレは面白いな!と感心したのが「物価とは何か」という本。これは名著リスト入りだな・・・。 私が面白いなと思ったのが物価を決める大きな要素が人々 …

株価の短期的な変動と長期的なサイクル

  前回の続き。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ