資産運用

なんで株価暴落で狼狽売り ww

投稿日:




 

S&P500は最高値から2月末に10%以上暴落。3/2に再度上昇すると3/3はまた3%近く下がりました。3月中は上がるのか下がるのかよく分からない状態です ww

インデックス1本で投資している人や高配当銘柄に投資している人にも暴落に狼狽して売った方もいるようですね。いるようですねって書いている理由は、何かにそう書いていたからでソースは忘れたのですが ww

というか何で狼狽売りするの ww インデックス投資ならひたすら買い続けてひたすらホールドって色々な本に書いていますよね ww

バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」の言葉を借ります。

 

自分の決めた投資方法を守り、

市場の値上がりや値下げは気にかけない。

 

自分の決めた投資方法を守り、

市場の値上がりや値下げは気にかけない。

 

自分の決めた投資方法を守り、

市場の値上がりや値下げは気にかけない。

 

 

市場の値上がりや値下げは気にかけない。

 

マルキル先生とエリス先生の金言、図書館で借りればタダで読める名著にもハッキリ書いています。市場の値上がりと値下がりは気にかけるな、と。私から見れば、市場が荒れるときに保有株を売り買いすることは投資上級者の行為ですよ。売却時の手数料・税金かかるし、次に何をいつ買うかをまた考えないといけないし ww

市場の値上がりや値下げは気にかけない。言うは易く行うは難し。そう、単純なことほど実践するのは難しいのですよ ww そういうことこそ実は真理なんです。

こんなときこそ胸に刻みたいことばです。私はこれを守るために毎日10回唱えます ww

コロナごときで売るわけないでしょwwという方はこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    全財産の90%くらい突っ込んでたら、いくらインデックスでも耐えきれないんじゃないだろうか?

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      年齢によりますね。若ければその後に給料が入ってくるので30%程度暴落しても問題なし。
      年取って暴落は苦しいですが、老人で90%も投資に突っ込んでる人はそれはそれでリスク取り過ぎかと ww

  2. アバター 黒田順之介 より:

    意外と人間って自分の事は解らない物ですよ。ww
    解って居たら多分、株や事業で負ける人は激減するでしょうね。

    私は既に不感症に成りました。コレも問題有ると思いますが
    一喜一憂はするけど行動はしない。w
    放置しとけば戻るんだろ?って思うと動くのが面倒臭い。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      いや、不感症でいいと思いますよ、長期投資なら ww チマチマ売り買いして小細工を弄するから損したり後から後悔するんですよ ww

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナ禍の株価暴落で狼狽売りしてなかったら

  不安に駆られて資産を現金化した投資家というタイトルでバンガード社がレポートを出しています。 そのレポートによるとコロナ禍で米国株式指数が暴落した際にバンガード者で運用していた個人投資家の …

NISAの運用成績 | 楽天・全米株式インデックス | 2020年2月末

私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができる …

朝起きたら40万円マイナス | 対中関税第4弾

  チャンドラです。   トランプ大統領がまたやってくれました。今年9月に中国からの輸入品のうち、これまで制裁対象外としていた約32兆円分の品目に対して10%の関税を課すと表明した …

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

  チャンドラです。   米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。 この長短金利差について説明します。     長短金利差とは? …

米国S&P500の将来のリターン予測

  チャンドラです。   過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のこと …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ