資産運用

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | 住友生命 たのしみワンダフル

投稿日:2019年2月20日 更新日:




 

チャンドラです。

 

前回の記事で個人年金保険 ニッセイ みらいのカタチの年利を計算してみました。

今回は住友生命 たのしみワンダフルの金利を計算してみます。前回同様に節税効果とクレジット払いした場合の年利も計算してみます。

 

Sponsored Link



 

 

年金保険の利回りは?

 

住友生命 たのしみワンダフルの次のケースを考えます。

月々 15,000円支払い (30年)

払い込み保険料総額:540万円

受け取る金額:574万円(10年間受け取る場合)

 

ここでは簡単に満期で574万円を一括で受け取ると仮定します。エクセルで年利を計算すると年利は0.39%でした。

次にこの節税効果まで見込んで利回りを求めてみます。

 

節税を考慮した利回りは?

 

年金保険の節税効果は過去記事で書きました。私の場合年間10,800円の節税効果があります。

そこで前提を次のように変更して利回りを計算してみます。

月々 15,000円支払い (30年)

毎年10,800円返ってくる

払い込み保険料総額:540万円

受け取る金額:574万円(10年間受け取る場合)

 

エクセルで年利を計算すると年利は0.74%でした。受け取れる金額は期間中に減る税金と満期で受け取る金額を合計して606万となりました。節税を考慮すると年利は0.35%上がり、受け取れる金額は32万円増えることが分かりました。

最後に保険料をクレジットカードで支払うケースを考えます。このポイントを1ポイント=1円として年利を計算してみます。

 

Sponsored Link



 

クレカのポイントを考慮した利回りは?

 

クレジットカードで還元されるポイントも考慮した利回りを計算してみます。前提は次の通りです。

月々 15,000円支払い (30年)

毎年10,800円返ってくる

毎年1,800ポイント還元(1%)

払い込み保険料総額:540万円

受け取る金額:574万円(10年間受け取る場合)

 

エクセルで年利を計算すると年利は0.8%でした。受け取れる金額は期間中に減る税金と満期で受け取る金額を合計して611万となりました。ポイントを考慮しない場合に比べて年利は0.06%上がり、受取金額は5万円だけ増えました。

 

まとめ

 

住友生命 たのしみワンダフル年金保険の利回りを計算した結果は次の通りです。

利回り:0.39%

節税効果を考えた利回り:0.74%

ポイントも考えた利回り:0.8%

やはり節税効果及びクレジットカードのポイントを考慮して計算しても利回りは1%を超えません。

また同じ30年の支払期間であれば、節税効果とクレジットカードポイントを考慮した利回りはニッセイ みらいのカタチとほぼ同じという結果になりました。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

  30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ w …

2050年の世界GDPランキング予測

チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産を長期で運用しています。   新興国株式もポートフォリオに組み入れていますが、どれだけの割合を組み入れるべきかは悩みの …

S&P500指数予想値に根拠はあるのか?根拠は分かりようがないので一喜一憂しても意味ない。

  よくあるS&P500指数予想の記事。一例がコレ。 米エコノミストのエドワード・ヤルデニ氏は、S&P500種株価指数が2022年に4800を付けると予想する。景気の回復とF …

貯金をディスる人 ww

  私の知り合いにいるんですよ ww 貯金する他人をバカにする人。 「サラリーマンのボーナスの使い道って貯金らしいね。日本人はなんでこんなに貯金が好きなんだろう。銀行口座に寝かせたって金が増 …

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

  十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか? 例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとし …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ