資産運用

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | 住友生命 たのしみワンダフル

投稿日:2019年2月20日 更新日:




 

チャンドラです。

 

前回の記事で個人年金保険 ニッセイ みらいのカタチの年利を計算してみました。

今回は住友生命 たのしみワンダフルの金利を計算してみます。前回同様に節税効果とクレジット払いした場合の年利も計算してみます。

 

Sponsored Link



 

 

年金保険の利回りは?

 

住友生命 たのしみワンダフルの次のケースを考えます。

月々 15,000円支払い (30年)

払い込み保険料総額:540万円

受け取る金額:574万円(10年間受け取る場合)

 

ここでは簡単に満期で574万円を一括で受け取ると仮定します。エクセルで年利を計算すると年利は0.39%でした。

次にこの節税効果まで見込んで利回りを求めてみます。

 

節税を考慮した利回りは?

 

年金保険の節税効果は過去記事で書きました。私の場合年間10,800円の節税効果があります。

そこで前提を次のように変更して利回りを計算してみます。

月々 15,000円支払い (30年)

毎年10,800円返ってくる

払い込み保険料総額:540万円

受け取る金額:574万円(10年間受け取る場合)

 

エクセルで年利を計算すると年利は0.74%でした。受け取れる金額は期間中に減る税金と満期で受け取る金額を合計して606万となりました。節税を考慮すると年利は0.35%上がり、受け取れる金額は32万円増えることが分かりました。

最後に保険料をクレジットカードで支払うケースを考えます。このポイントを1ポイント=1円として年利を計算してみます。

 

Sponsored Link



 

クレカのポイントを考慮した利回りは?

 

クレジットカードで還元されるポイントも考慮した利回りを計算してみます。前提は次の通りです。

月々 15,000円支払い (30年)

毎年10,800円返ってくる

毎年1,800ポイント還元(1%)

払い込み保険料総額:540万円

受け取る金額:574万円(10年間受け取る場合)

 

エクセルで年利を計算すると年利は0.8%でした。受け取れる金額は期間中に減る税金と満期で受け取る金額を合計して611万となりました。ポイントを考慮しない場合に比べて年利は0.06%上がり、受取金額は5万円だけ増えました。

 

まとめ

 

住友生命 たのしみワンダフル年金保険の利回りを計算した結果は次の通りです。

利回り:0.39%

節税効果を考えた利回り:0.74%

ポイントも考えた利回り:0.8%

やはり節税効果及びクレジットカードのポイントを考慮して計算しても利回りは1%を超えません。

また同じ30年の支払期間であれば、節税効果とクレジットカードポイントを考慮した利回りはニッセイ みらいのカタチとほぼ同じという結果になりました。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【質問】セミリタイア後の為替リスクをどう考えるか?

  また質問を頂きました。どうもありがとうございます。 社畜様 いつも楽しく拝読しております。 質問させて下さい。出口戦略において、為替リスクはどのようにお考えでしょうか? 30代前半のサラ …

なんで株価暴落で狼狽売り ww

  S&P500は最高値から2月末に10%以上暴落。3/2に再度上昇すると3/3はまた3%近く下がりました。3月中は上がるのか下がるのかよく分からない状態です ww インデックス1本 …

【はじめに】インデックス投資で資産3000万円超え。私がどのように資産運用するに至ったのか?

  「社畜がインデックス投資で資産を築く」を運営しているチャンドラです。 このブログでは、身を仕事に捧げる社畜サラリーマンがインデックス投資で資産を運用する過程を公開しています。 私は50歳 …

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

  インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。 良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費や …

モンスター企業TSMC。稼いでは巨額投資の高速回転。

Sponsored Link   とある理由で私が興味を持っているのが台湾のモンスター企業、TSMC。 その歴史やビジネスモデルを解説した文献も多く、ある文献には「今世紀の最重要企業」という …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ