社畜

バカとエリートのニュースの読み方はこんなに違う ww

投稿日:




 

新聞記事やネット・ニュースを読んでいる人、どんなふうにニュースを読んでいますか?

とりあえず興味ありそうな記事だけ読んでふーんで終わっている人がほとんどかと思います。私もそうです ww 自分の仕事に関係ありそうな記事とか世界経済、特に米国経済に大きく影響しそうな記事を読んでいます。ふーん、と思いながら。

 

お前はバカかッ、と。

そう思わされた話をします。

 

人材開発系の会社のオッサンと話す機会があって、そこである話題が出たんですよ。とある大手の電機会社のパワハラ問題。

「あの会社のパワハラ問題、どう思う?」と聞かれたので「いやーブラック企業って怖いですね ww 新入社員に”死ね”とか”殺す”とかいうオッサンがいるらしいですね。私も部下を叱責することはあっても死ねとか絶対言わないですよ。まあ言われたことはありますけどね ww ”死ね”とかいうオッサン、ほんとキモイですね ww」と答えたんですよ。

Sponsored Link



 

「君はバカかッ ww。いいか、あの会社は今すごーく困っているんだよ。パワハラが発覚して世間から大バッシングを受けて政府からも再発防止策を求められている。政府から求められるということは成果を出せる事をしてやった結果を政府にハッキリ報告する必要があるんだよ。そこにビジネスチャンスができる。おそらく人材開発系の企業はパワハラ防止講座とかリーダーシップ養成講座とかをあの電機会社に売り込んでいるはずだよ。あのパワハラ問題が報道された瞬間に。」

「人や組織が困っているのを解決するのが企業の役割なんだ。ニュース記事を読んでみなさいよ。世の中困っている会社や人だらけだ。そういう人たちに自分、または自分の会社が何を提供できるかを考えるんだ。ニュース記事をボーっと読んでも意味ないんだよ。皆が何を求めているかを考えながら記事を読みなさいよ。金をもらって問題を解決するのがビジネスだからな。

 

ぐぅの音も出ないです。意識高すぎです ww

自分がどれだけボーっと記事を読んでいたか痛感しました。

社会が何を求めているのか?社会の要請にこたえて自分や自分の会社が何を提供できるのか?それを見つけるために毎日ニュース記事を読んで、ビジネスの機会を求めて目を光らせなければいけませんね。

そういう意識がなければ1000記事読んでも何も起きないでしょう。逆にそう意識があれば1000記事読んだら、何かビジネスチャンスを見つけることができるかもしれません。

 

関連記事:

【節約法】新聞取るのをやめたら何も困らなかった理由!

 

ブログランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

独身女性は既婚者よりも「愛より金」派 ww

  「一人で生きる」が当たり前になる社会という本を読んだんですが、面白いことが書いてました。 独身女性は「愛」より「金」を重視する傾向にあるそうです。グラフが本に載ってますが、男性・未婚男性 …

ノーネクタイでだらしない日本人サラリーマン ww

  昔ある記事で読んだファッション・リーダー的なオッサンのコラムに、クールビズを猛烈に批判した記事がありました。「クールビズが推奨されているが、ノーネクタイ、ノージャケットなんてあり得ない」 …

世界一損得勘定な民族、日本人 ww

  日本人ほど個人主義で損得勘定な民族は他にいない。 橘玲氏の「(日本人)」は面白い結論を提示してくれます。 日本人が損得勘定である根拠として本書は世界価値観調査の結果を引用しています。下の …

「仕事減らしてくださイイイ」と上司に泣きついた結果 ww

  自ら仕事を取りにいき、残業し、稼いだ残業代で投資する。 昔の記事で私はサラリーマンが稼ぐための一番手っ取り早い方法がこれだと豪語しました。   しかし限界が来たようです。 &n …

もっと具体的で生々しいものを読みたい。資産運用ネタも社畜ネタも。

  本でれ、資料であれ、レポートであれ、読んでいて私がもっともフラストレーションが溜まるもの、それが具体性がない記述です。 具体性がない記述とは、書いていることが概念的で行動レベルにまでかみ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ