社畜

バカとエリートのニュースの読み方はこんなに違う ww

投稿日:




 

新聞記事やネット・ニュースを読んでいる人、どんなふうにニュースを読んでいますか?

とりあえず興味ありそうな記事だけ読んでふーんで終わっている人がほとんどかと思います。私もそうです ww 自分の仕事に関係ありそうな記事とか世界経済、特に米国経済に大きく影響しそうな記事を読んでいます。ふーん、と思いながら。

 

お前はバカかッ、と。

そう思わされた話をします。

 

人材開発系の会社のオッサンと話す機会があって、そこである話題が出たんですよ。とある大手の電機会社のパワハラ問題。

「あの会社のパワハラ問題、どう思う?」と聞かれたので「いやーブラック企業って怖いですね ww 新入社員に”死ね”とか”殺す”とかいうオッサンがいるらしいですね。私も部下を叱責することはあっても死ねとか絶対言わないですよ。まあ言われたことはありますけどね ww ”死ね”とかいうオッサン、ほんとキモイですね ww」と答えたんですよ。

Sponsored Link



 

「君はバカかッ ww。いいか、あの会社は今すごーく困っているんだよ。パワハラが発覚して世間から大バッシングを受けて政府からも再発防止策を求められている。政府から求められるということは成果を出せる事をしてやった結果を政府にハッキリ報告する必要があるんだよ。そこにビジネスチャンスができる。おそらく人材開発系の企業はパワハラ防止講座とかリーダーシップ養成講座とかをあの電機会社に売り込んでいるはずだよ。あのパワハラ問題が報道された瞬間に。」

「人や組織が困っているのを解決するのが企業の役割なんだ。ニュース記事を読んでみなさいよ。世の中困っている会社や人だらけだ。そういう人たちに自分、または自分の会社が何を提供できるかを考えるんだ。ニュース記事をボーっと読んでも意味ないんだよ。皆が何を求めているかを考えながら記事を読みなさいよ。金をもらって問題を解決するのがビジネスだからな。

 

ぐぅの音も出ないです。意識高すぎです ww

自分がどれだけボーっと記事を読んでいたか痛感しました。

社会が何を求めているのか?社会の要請にこたえて自分や自分の会社が何を提供できるのか?それを見つけるために毎日ニュース記事を読んで、ビジネスの機会を求めて目を光らせなければいけませんね。

そういう意識がなければ1000記事読んでも何も起きないでしょう。逆にそう意識があれば1000記事読んだら、何かビジネスチャンスを見つけることができるかもしれません。

 

関連記事:

【節約法】新聞取るのをやめたら何も困らなかった理由!

 

ブログランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500 各セクター比率の推移をグラフで見る

  米国S&P500構成銘柄のセクター比率の推移を見てみます。目的は、各セクターが他のセクターに比べて相対的にどれくらい時価総額が増えているかを把握するためです。情報技術が一番伸びて …

10万円の特別定額給付金が秒で消滅 ww

  御国から10万円の定額給付金を拝領しました。 でも一瞬で消えました。 今住んでいる賃貸住宅の契約更新料です。 いやー、まあ2年に1回契約更新する必要があると理解したうえで契約したけども、 …

中間管理職はどうでもいい仕事 ww

  文化人類学者のデビッド・グレーバー氏は著書 “Bullshit Jobs”で「どうでもいい仕事」が激増していると主張しています。 経済学者のケインズは1930年に …

親世代のお金の考え方はあてにならない

  チャンドラです。 総務省によると65歳以上の高齢者世帯の金融資産の全国平均は2,003万円だったそうです。最も高いのが東京都の2,689万円。2位は奈良県で株式投資信託を保有する世帯の割 …

S&P500のリターンはどう変化してきたのか?グラフ化してみた。

  長期的に見れば継続して上昇しているのが米国株価指数S&P500。 このグラフだけ見ても年率のリターンがどれくらいか、リターンがどのように推移してきたかは見えない。リターンの変化を …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ