資産運用

なぜ株価は長期的に上昇するのか?

投稿日:




 

そもそも株式投資の長期リターンはどのように決まるのか?

「ウォール街のランダム・ウォーカー」からの引用。

・非常に長い期間で見たときの株式投資の平均リターンは、二つの基本要因からもらたされる。「投資時点の配当利回り」と「将来の配当の期待成長率」

・年平均リターン= 投資時点の配当利回り+ 将来の配当の期待成長率

・株式を買って永久に保有し続ける投資家がいたとすると、その投資家にとっての一株の価値は、将来期待できる配当の割引現在価値を合計したもの。つまり、投資家は、企業の所有権を一単位購入して年々増大する配当を受け取ることを期待する。

・たとえその企業が現在は少ししか配当せず、利益の大部分を内部留保し事業に再投資するとしても、投資家は将来その再投資分が高い配当成長をもたらすと期待する。

・たとえば1926~2010年にかけて、株式投資の年平均リターンは約9.8%だった。出発点の1926年の配当利回りは約5%であり、その後85年間の1株当たり利益、配当の平均成長率も約5%であった。この2つの合計は、実際に実現した平均リターンに近いものになっている。

もう少し具体例な言葉で書かれているのがトウシルの記事。

株式会社の仕組みも同じです。利益から税金、株主への配当金を払った後のお金は手元に残ります。そのお金を使ってまた新しい設備や人を雇って、前年同期比での売り上げ増を目指していきます。前の年の利益を内部に溜め込み、そのお金を使って前年以上の利益を得ようとするわけです。利息を元本に組み込み、利息+元本にまた利息がつく複利の仕組みと同じですね。

このサイクルがうまく回れば、起業→営業→売上げ→利益→株主への配当→内部留保の増加→設備投資・社員教育→売り上げ増となります。つまり、株式会社は『複利』でお金が増えていく、『複利マシーン』としての側面を持つのです。この株式会社=複利マシーンという考え方は、長期投資をする上で重要になります」

引用:トウシル

当たり前かもしれませんが、「ガンガン売って、利益を出して配当を出すか、今配当出さなくても将来大きな配当を出すと期待できる」企業の株価は長期的に上昇するというわけです。

そういう有望企業だけを上手く見つけ出して高リターンを狙うのが個別株投資、そんな企業は時代毎に変わるし見つけるのが難しいから指数連動型ファンドを買っておけばエエやんというのがインデックス投資、と考えればいい気がします。

ちなみに過去記事ではS&P500の長期リターンを幾何ブラウン運動で見積もっていますが、株価指数が長期的に上昇するという期待がドリフト項です。S&P500なら7%。

幾何ブラウン運動の説明はこの記事を参照。少しマニアックですが。。。

 

関連書籍:

関連記事:

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読めばよし。株式投資の入り口。

なぜリスクが大きいとトータルリターンが低下するのか?幾何ブラウン運動で定量的に説明する。

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

GAFAMを除いたS&P495のパフォーマンス

  S&P500からGAFAM (Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoft)を除いた残りの495銘柄からなる指数 (S&P495) …

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

総資産が5000万円を超えたが、インデックス投資ではすぐに金持ちにはなれないのが実感できる

  総資産:5,042万円 リスク資産:4,700万円 現金:342万円 総資産における現金比率:6.8%   投資額:3,200万円 リターン:1,500万円 リターン/投資額: …

暴落した時は株を毎日買う方がいいか?

    私は2018年の夏に米国S&P500のインデックス投資を開始しました。毎週同じ金額をひたすら積立て続けるという退屈な、忍耐が必要な、そして意図的に思考停止した投資法 …

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

  前回の続き。 毎月の生活費が20万円の場合、資産6000万円をS&P500インデックスなどで運用しておけば、仕事やめても生きていける (FIRE)という考え方があります。 これは …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ