資産運用

株価が大きく下がったときにやるマインドセット

投稿日:2019年8月22日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私はインデックス・ファンドに投資して資産運用しています。主な投資先はアメリカ株です。

投資スタイルは長期積立投資です。毎週一定額を長期間にわたって投資し続けて、株価が上がろうが下がろうが決して投資をやめない、というやり方です。投資額は現時点で1000万円をこえます。

1000万円以上を投資すると、日々の株価の変動がもろに損益に影響します。例でいうと、最近アメリカのS&P500株価指数が急落しました。その結果、私の損益はプラス20万円から一気にマイナス30万円まで減りました。

投資額が大きくなると、それだけ資産への影響は大きくなります。

 

長期積立投資の基本はとにかく投資を続けることです。

数十万円程度の多少の資産減少にビビッてはいけません。

 

資産が減るのをビビらないマインドをどのように維持するか?

私はこんなふうにやります。

 

 

Sponsored Link



 

 

上の図はアメリカのS&P500のチャートです。

そして緑で囲まれた部分はリーマンショックによる株価の大暴落です。

 

ではこの大暴落以降のチャートをむりやり引き延ばすとこうなります。

 

リーマンショックという稀に見る大暴落にも関わらず、アメリカの株価は約5年で回復しました。そして株価は伸び続けたのです。

 

ここです!ここを眺めるのです!

この回復の早さと力強さこそ、勇気を与えてくれるものです。

 

歴史は繰り返します。仮に近い将来に暴落しても、かならず株価は再び上がります。

一時的な暴落は取得できる株数を大きくできるチャンスです。

だからこそ株価が下がってもクヨクヨせず、このチャートを眺めて心を落ち着かせるのです。

楽天的すぎないか?と言われるかもしれませんが、リスク資産への投資は

楽天的でないとやってられない

と思います。

大切なのは投資を続けることです。株価が下がってもやめないことです。

投資をやめないためには安心感が必要です。

だから、安心感を得るために必要なものを自分なりに持っておくことがひつようなのです。

それでは。

 

関連記事:

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

 

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国雇用統計がなぜ重要な経済指標なのか?

  チャンドラです。   米国労働省の発表によると、2019年4月の雇用統計が大幅に増加しました。 ロイター通信は次のように報道しています。 米労働省が3日発表した4月の雇用統計は …

2019年6月の資産公開 | 2469万円(米S&P500回復で47万円増加)

  チャンドラです。   2019年6月の資産運用状況を公開します。 合計資産は24,691,477円で前月より47万円増加しました。   履歴: 2018年11月の資産 …

お金について新社会人に伝えたいこと

  チャンドラです。   私は社会人7年目ですが、新社会人のころはお金に関してあまりにも無知でした。 私が7年前に戻れるならやっておくべきだったことを書きたいと思います。新社会人の …

タバコと化石燃料業界への投資はESG的にアウトで投資に値しなくなるか

  インデックス・ファンドにしか投資しません。 と宣言している私も、一時期は米国の高配当銘柄に投資してみようかと考えていたことがあります。高配当投資を推奨する書籍も多いですからね。エクソンモ …

2020年の投資の目標はナシです ww

  2020年の投資の目標。   ズバリ、ナシです。   インデックス投資家たるもの、資産は神の見えざる手でコントロールされている市場に委ねるので、 「今年は利益100万 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ