資産運用

株価が大きく下がったときにやるマインドセット

投稿日:2019年8月22日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私はインデックス・ファンドに投資して資産運用しています。主な投資先はアメリカ株です。

投資スタイルは長期積立投資です。毎週一定額を長期間にわたって投資し続けて、株価が上がろうが下がろうが決して投資をやめない、というやり方です。投資額は現時点で1000万円をこえます。

1000万円以上を投資すると、日々の株価の変動がもろに損益に影響します。例でいうと、最近アメリカのS&P500株価指数が急落しました。その結果、私の損益はプラス20万円から一気にマイナス30万円まで減りました。

投資額が大きくなると、それだけ資産への影響は大きくなります。

 

長期積立投資の基本はとにかく投資を続けることです。

数十万円程度の多少の資産減少にビビッてはいけません。

 

資産が減るのをビビらないマインドをどのように維持するか?

私はこんなふうにやります。

 

 

Sponsored Link



 

 

上の図はアメリカのS&P500のチャートです。

そして緑で囲まれた部分はリーマンショックによる株価の大暴落です。

 

ではこの大暴落以降のチャートをむりやり引き延ばすとこうなります。

 

リーマンショックという稀に見る大暴落にも関わらず、アメリカの株価は約5年で回復しました。そして株価は伸び続けたのです。

 

ここです!ここを眺めるのです!

この回復の早さと力強さこそ、勇気を与えてくれるものです。

 

歴史は繰り返します。仮に近い将来に暴落しても、かならず株価は再び上がります。

一時的な暴落は取得できる株数を大きくできるチャンスです。

だからこそ株価が下がってもクヨクヨせず、このチャートを眺めて心を落ち着かせるのです。

楽天的すぎないか?と言われるかもしれませんが、リスク資産への投資は

楽天的でないとやってられない

と思います。

大切なのは投資を続けることです。株価が下がってもやめないことです。

投資をやめないためには安心感が必要です。

だから、安心感を得るために必要なものを自分なりに持っておくことがひつようなのです。

それでは。

 

関連記事:

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

 

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

  チャンドラです。   どんな分野でも素人がプロに勝てる分野はほとんどありません。 例えば野球やサッカーなどのスポーツ。試合に勝つことだけを考えて日々肉体と精神を鍛えているプロの …

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

  チャンドラです。   2018年6月にインデックス投資を初めてから1年が経ちました。 ついにインデックス投資の積立額が1000万円を超えました。   履歴: インデッ …

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | ニッセイ みらいのカタチの場合

  チャンドラです。   保険会社から加入を勧められる個人年金保険ですが、保険会社の営業おばちゃんは年利を教えてくれません。何故なら年利が低すぎることを分かっているからです。 私が …

たとえインデックス投資でも損益の動きは激しい

  チャンドラです。   私は米国S&P500と全世界株式のインデックス・ファンドに積立投資をしています。 個別株に比べてインデックス投資は投資先が分散されているので値動き …

生産性が向上しても雇用も給料も増えない。だから投資

  「日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業」に面白いことが書いています。 ITやAIによる技術革新は、一般の労働者に恩恵を与えるものではない と述べています。 21世紀における生産性 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ