資産運用

株価の調整ってどういう定義よ?

投稿日:2020年9月10日 更新日:




 

株価の調整って具体的にどういう定義ですか?と聞かれて私には歯切れよくスパッと答えられません。

「さ、最近上がり続けていた株価が、さ、下がりだすことでしょうか・・・(モゴモゴ)」というレベルです。当たらずとも遠からずなんでしょうが、いちおう資産運用をしている身として言葉を正しく理解しておきたい。

このサイトが分かりやすかったので引用。

株価の調整局面とは、個々の株式または株価指数の価格が、52週間の最高値から10%下落したことを指します。

株式市場はつねに上下に動いています。つまり、その会社の帳簿上の成果に変化はなくとも、株価が上がることもあります。

こういった変動は、主に株式や株価指数の先読みで利益を出そうとする投資家や投機家の心理に影響されます。そして、その流れに乗る人が増えるにつれて、価格が高騰します。利益や売り上げはここには関係ありません。

特定の価格に達すると、株や指数は実際よりも高評価されすぎ(割高株)とみなされるようになります。この時点で、トレンドが逆転するイベントが発生し、市場参加者は利益確定に入りポジションをクローズし始めます。すると、価格が下がって安定します。この状態を、「株価が調整された」といいます。

 

なるほど!

「52週間の最高値から10%下落する」ことを調整局面というのは、数字が具体的でとても分かりやすいですね。ちなみに52週間は12ヵ月、つまり1年間のことです。

 

Sponsored Link



 

 

ここ最近で発生した株価の調整はいつか? 答えは各証券取引所の動向によって異なります。株価調整の定義は、「市場が52週間の最高値から10%下落したとき」としていますが、多くの人はこのしきい値に達する前に株価調整を話題にします。たとえば、2018年11月に、S&P 500は6%程度しか下がらなかったにもかかわらず、「株価調整された」と言われていました。また、前月の2018年10月には株価調整 に入る過程にあったと考えられていましたが、その減少は9%強でした。

 

つまり、最高値から10%下がらなければ「調整局面に入った」とは言えず、最高値から6%下がった段階では「調整局面に入りそう」としか言えないんですね。

最近荒れたS&P500指数を見直してみると、9/2の史上最高値(つまり過去52週間の最高値)は3,580。その6日後の9/8は3,331。減少は6.9%で10%に達していません。つまり調整局面に入ったとは言えませんね。

 

 

インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

運用益は過去最高に | 社畜の資産を公開 | 2020年8月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:35,588,860円 前月より192万円増加   総資産の推移: 2020年6月:  30,672,031 …

生産性が向上しても雇用も給料も増えない。だから投資

  「日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業」に面白いことが書いています。 ITやAIによる技術革新は、一般の労働者に恩恵を与えるものではない と述べています。 21世紀における生産性 …

自分が親からいくら投資されてきたかを意識する

  チャンドラです。   人が生まれてから社会人になるまでにどれくらいお金がかかるのかを考察してみます。言い換えると、その人の両親は子供が社会人になるまでの間どれだけのお金を投資し …

プラス52万円 | インデックス運用成績 | 2020年7月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,590万円 評価額:2,823万円 先週の損益:+181万円(+6.5%) 今週の損益 …

一人暮らしの電気・ガス代 | 2019年1月分

  スポンサーリンク     チャンドラです。   (2019年1月12日追記:ガス代も追加しました)   2019年1月分の電気代を公開します。 期 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ