資産運用

【簡単】会社員が副業で年間300万円稼いだ方法を公開

投稿日:2020年4月19日 更新日:

 




 

会社員が副業で年間300万円稼いだ方法を公開

 

刺激的なタイトルですね。ネットで「副業」と検索すれば、私なら間違なくクリックしたくなるタイトルです。

会社員(=私)が副業(=インデックス投資)で年間300万円稼いだ(=運用益を出した)のは事実です。だからこのタイトルはウソではないのです。ではこの記事を書いている会社員(私)は何か隠していることはないのだろうか?と気になります。私以外の人間がやっても再現性があるのか?これが注意すべき点でしょう。

再現性があるかどうかは、次の情報がないと判断できません。

(1) 年間300万円稼ぐためにいくら投資したのか?

(2) どれだけの期間がかかったのか?

(3) その利益を出したのはいつの話なのか?

(1)~(3)を知るためには下のグラフを見れば分かります。

Sponsored Link



 

(1) 年間300万円稼ぐためにいくら投資したのか?

「投資で300万利益を出した」と書くと、株に詳しくない人は数万円投資して300万利益出すような投機的な取引を想像します。でも私が実際に投資した金額は2,000万円。

私が2,000万円を投資できたのは社会人になってから修行僧になりきって貯めまくったからです。2,000万円貯めて投資してやっと300万円の利益ときけば、多くの人がやる気をなくすでしょう。初めから言えよ、と言われそう。

要は、2,000万円のタネ銭があったおかげで利益を出せたわけで、タネ銭を明らかにせずに年間300万円も利益を出せまっせ、というのはミスリードするということ。

(2) どれだけの期間がかかったのか?

これもタイトルでは隠していますが、期間は2年です。ただタネ銭を稼いだ期間も加えれば6年もの時間が必要だったことになります。

6年って長いですよね。でもタイトルだけ見るとなんかすぐに稼げるようになったように見える。やっぱりミスリードしやすい。

(3) 300万円の利益を出したのはいつの話なのか?

運用益300万円を記録したのは「今」ではないんです。それは2020年の1月で、米国株式市場が絶好調だったとき。では今はどうか?運用益300万円は吹っ飛んでマイナス100万円です。そう、利益300万円を豪語したところで、それは絶頂期の話でしかもたった1か月間の話なんです。つまり再現性があるとは言えない。

 

Sponsored Link



 

「初心者が年間〇〇万円を楽勝で稼ぐ方法を特別価格999円で紹介!」なんてセールストークを見たら、次の3つが明らかになっているか確認した方がいいです。

(1) その利益を出すためにいくら投資したのか?

(2) どれだけの期間がかかったのか?

(3) その利益を出したのはいつの話ななのか?

重要なのは再現性があるかどうかです。実は年間300万円稼ぐために1億円投資してましたとか、20年かけて販売ルートをやっと確立しましたとか、利益出したけど一番景気が良かったとき以外は全然稼げていません、だと参考にならないといういことです。

(1)~(3)が分かったら平均利回りを計算してみましょう。投資額と期間が分かればエクセルのIRR関数で計算できます。実は利回り1%以下、なんて話があるかも。それなら黙々とインデックス投資やったほうがマシですね ww

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

過去の米国S&P500に毎月3万円投資し続けた場合のリターンを計算

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月3万円を投資し続けた場合を考えます。 下のグラフが2 …

インデックス投資は単なる金儲けなのか?

  私はアクティブファンドに投資していませんが、アクティブファンドを運用する投資会社のコラムをたまに読んだりしています。 例えばさわかみファンドのコラムも目を通していますが、インデックス投資 …

代替肉のビヨンド・ミートに投資してみたい!

  チャンドラです。   ベジタリアン向けに牛肉やソーセージの代替食材を製造するアメリカのビヨンド・ミートが5月2日、ナスダック市場に上場しました。 新規株式公開価格の25ドルを8 …

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

資産運用は煽られて無理してやるべきものではない

  チャンドラです。   日本人は他国に比べて現金志向が強く、投資に消極的だと言われています。 日本銀行の調査によると株式や投資信託で資産運用している人の割合は15%程度です。 引 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ