資産運用

SPY (S&P500指数)とSPYD(S&P500高配当指数)の過去チャートを比較しても何の意味もない。ムダムダァ ww

投稿日:2021年5月31日 更新日:




 

SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のパフォーマンスを比較するためによくやるのが過去チャートの比較。

例えばコレ。過去5年のパフォーマンスを比較したもの。SPYが圧勝。

次のチャートは過去3か月のパフォーマンスを比較したもの。SPYDの勝ち。

2つだけ紹介しましたが、切り取る時期や期間によってSPYが優ったりSPYDが優ったり、となるわけです。

私が言いたいのは、過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。

 

Sponsored Link



 

過去記事でも解説したように株価の変動は下のようにモデル化できます。つまり、変動はドリフト項 (一定方向の動き)とウィーナー過程(ランダムな動き)の和。

ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない理由は、この式のウィーナー過程(ランダム変動)にあります。

ランダムな変動は過去の履歴に依存しません。例えば2000年~2001年に株価が10%上昇したらかといって、それが2021年~2022年のパフォーマンスに何の影響もないということ。

例えばA君とB君がコインの表裏を当てるゲームをひたすら繰り返すとします。100回目と101回目にA君が勝利したからといって、102回目もA君が勝つ、なんて言えないでしょう。

だってコインの表が出るか裏が出るかは完全にランダムで過去の結果に依存しないんだから。

ではSPYとSPYDを何の指標で比較すべきか?私の意見では (1) リスク・リターンの比較 (2) 適切に分散されているか? です。

それは次回に紹介します。

 

関連記事:

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

モンスター企業TSMC。稼いでは巨額投資の高速回転。

Sponsored Link   とある理由で私が興味を持っているのが台湾のモンスター企業、TSMC。 その歴史やビジネスモデルを解説した文献も多く、ある文献には「今世紀の最重要企業」という …

「価値を生まない無駄なことはしない」という考え方。

  「ワークマン式「しない経営」」という本が面白かったので紹介。 「何をやらなか」を決めることが大切だと強調しているんですが、一部を抜粋すると、 「しない経営」により、「社員よし」「加盟店よ …

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

米国株と金 (ゴールド)を混ぜたポートフォリオはシャープレシオを高める

  トウシルの「S&P500一本もちで大丈夫?」という記事では、分散効果を得るために、ポートフォリオに金 (ゴールド)を加えることを紹介しています。 S&P500に金を加える …

インデックス長期ホールドを推奨するならその通りやれよと。途中でやめたらダメでしょ?

  株式投資初心者ならインデックス投資。 個別株は値動きが激しくて心理的に耐えられないからインデックス投資。 株の才能がないと自覚している人はインデックスが無難。 投資の天才バフェットはS& …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ