資産運用

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

投稿日:2021年6月1日 更新日:




 

前回の続き。

過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・

ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない理由は、この式のウィーナー過程(ランダム変動)にあります。

ランダムな変動は過去の履歴に依存しません。例えば2000年~2001年に株価が10%上昇したらかといって、それが2021年~2022年のパフォーマンスに何の影響もないということ。

ではSPYとSPYDを何の指標で比較すべきか?

私の意見では (1) リスク・リターンの比較 (2) 適切に分散されているか? です。

 

ダラダラ説明するまでもなく、私の意見ではSPY (S&P500指数)なんですが、そこはちゃんと(1)と(2)の指標に基づいて説明します。

 

Sponsored Link



 

指標その(1)。リスクとリターン。

過去の一時期のパフォーマンスを切り取っても比較しても意味がないのは、株価変動モデルのウィーナー過程にあると説明しました。過去の変動は将来の変動に影響しないから。

この式に従えば、2つのファンドの優劣を比較するにはリスク (変動の大きさ)とリターン (一方向への動きやすさ)ということになります。前者はウィーナー過程に対応し、後者はドリフト項に対応。

Fiedelityのサイトで各ETFのリスクとリターン(5年間)を調べると:

SPY: リスク15%・リターン17%

SPYD: リスク20%・リターン10%

リスクは小さい方が良くてリターンは大きい方がよい。だからSPYの方がすぐれていると結論できます。

ただし、理想的には両者を50年といった長期間のリスク・リターンで比較するのが公平。SPYDは5年しかデータをとれなかったので短期間の比較になってしまったのが苦しい。

そこで私が重要視するのが (2) 適切に分散されているか?なんです。

 

Sponsored Link



 

過去記事でも説明したように、リスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオ。つまり「適切に分散されているか?」とは、その市場の中の多くの株式銘柄が含まれていて、かつ時価総額で加重平均がとられているか?ということなんです。

この観点でいえば、SPYDは落第でしょう。S&P500社のうち高配当の80社を抜き出している時点で、市場全体の時価総額加重平均が崩れまくりです。

減配リスクなどデメリットもありますが、時価総額加重平均を崩して歪なポートフォリオなっている点が致命的でしょう。

結論:SPYかSPYDを選ぶなら、SPYの方が良い。

ただし、株価変動モデルや現代ポートフォリオ理論を信用しないなら、その限りではないことを付け加えておきます ww

 

関連記事:

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

VOOとQQQを組み合わせることにメリットがあるのか?中途半端だと思うが ww

  VOO: S&P500指数に連動するETF QQQ: ナスダック100指数に連動するETF たまに見かけるのがVOOとQQQを組み合わせるポートフォリオ。S&P500を主 …

インデックスファンドに2年間投資した結果。利回りは?

  今月でインデックス投資を開始してちょうど2年が経過しました。 私は年平均利回り5%をターゲットにしていますが、実際の利回りは何%だったのか見てみます。   下は2018年以降の …

30年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?

  インデックス投資の出口戦略で4%ルールは有名です。4%ルールとは引退後に資産の4%を売却して現金化していく手法。 この手法は個人的にはあまり好きではありません。なぜならヨボヨボになった老 …

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

  チャンドラです。   私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。 そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&am …

米国株はバブルではない。2021年の展望。一番しっくりきた専門家の分析はこれだ!

    この記事が一番しっくりきました。マネックスの岡元氏の記事。 「相場をけん引するGAFAMに死角はあるのか、2021年の米国株展望」   米国株式市場はバブルなのか …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ