資産運用

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

投稿日:2021年6月1日 更新日:




 

前回の続き。

過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・

ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない理由は、この式のウィーナー過程(ランダム変動)にあります。

ランダムな変動は過去の履歴に依存しません。例えば2000年~2001年に株価が10%上昇したらかといって、それが2021年~2022年のパフォーマンスに何の影響もないということ。

ではSPYとSPYDを何の指標で比較すべきか?

私の意見では (1) リスク・リターンの比較 (2) 適切に分散されているか? です。

 

ダラダラ説明するまでもなく、私の意見ではSPY (S&P500指数)なんですが、そこはちゃんと(1)と(2)の指標に基づいて説明します。

 

Sponsored Link



 

指標その(1)。リスクとリターン。

過去の一時期のパフォーマンスを切り取っても比較しても意味がないのは、株価変動モデルのウィーナー過程にあると説明しました。過去の変動は将来の変動に影響しないから。

この式に従えば、2つのファンドの優劣を比較するにはリスク (変動の大きさ)とリターン (一方向への動きやすさ)ということになります。前者はウィーナー過程に対応し、後者はドリフト項に対応。

Fiedelityのサイトで各ETFのリスクとリターン(5年間)を調べると:

SPY: リスク15%・リターン17%

SPYD: リスク20%・リターン10%

リスクは小さい方が良くてリターンは大きい方がよい。だからSPYの方がすぐれていると結論できます。

ただし、理想的には両者を50年といった長期間のリスク・リターンで比較するのが公平。SPYDは5年しかデータをとれなかったので短期間の比較になってしまったのが苦しい。

そこで私が重要視するのが (2) 適切に分散されているか?なんです。

 

Sponsored Link



 

過去記事でも説明したように、リスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオ。つまり「適切に分散されているか?」とは、その市場の中の多くの株式銘柄が含まれていて、かつ時価総額で加重平均がとられているか?ということなんです。

この観点でいえば、SPYDは落第でしょう。S&P500社のうち高配当の80社を抜き出している時点で、市場全体の時価総額加重平均が崩れまくりです。

減配リスクなどデメリットもありますが、時価総額加重平均を崩して歪なポートフォリオなっている点が致命的でしょう。

結論:SPYかSPYDを選ぶなら、SPYの方が良い。

ただし、株価変動モデルや現代ポートフォリオ理論を信用しないなら、その限りではないことを付け加えておきます ww

 

関連記事:

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

GPIFの運用収益12兆円 ww そのポートフォリオとは?

  2020年4月~6月のGPIFの運用収益は12兆円だったそうです。記事から引用。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4-6月期の運用収益率は8.30%だった。6月末時点の運用資 …

2009年から2018年の株式・債券の値動き | 国内・外国・分散

  チャンドラです。   J-PEC (ジャパン・ペンション・ナビゲーター)が2009年から2018年の主要資産の値動きを発表しています。対象資産は国内株式、国内債券、外国株式、外 …

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドにドルコスト平均法で積み立てています。 ドルコスト平均法は、自分の保有する株が上がろうが下がろうが、同じ金額で株を定期的に買い続 …

富裕層のためのヘッジファンド投資入門。年利10%以上を10年以上叩き出すファンドがあるらしいが ww

    年利10%以上を10年以上継続の実績!2000万円から始める一流の資産運用法という記事を読みました。 ホウ。年利10%以上を10年以上継続って正直すごいと思いますよ。S&a …

おい不動産屋、職場に電話かけてくるのやめろや。怒っちゃうぞッ!

  ある日、職場で仕事してると席の近くの同僚が電話でどこかの業者と話してたんです。 「いや、そういう投資とかは考えてないので・・・」 「いえ、すみません、資料とか送られても読まないし投資予定 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ