資産運用

国民一律10万円の再給付で損するのは金持ちか?

投稿日:2021年2月4日 更新日:




 

「一律10万円」再給付、反対派にこそ知ってほしい絶対たるべき理由、という記事が面白かったので引用。

給付金を国民に一律で給付するのは、コロナで収入が激減した人だけでなく金持ちにも給付されるので一見不公平とも思えるのですが、実はそうではないと言います。

他方、一律の現金給付は公平なのだということを強調したい。

「お金持ちなど、必要のない人にまで現金給付することがどうして公平なのだ?」との疑問を抱く浅慮な人に対しては、「この財政支出の最終的な負担者は誰なのか、よく考えてみてください」と言いたい。大まかに言うと負担者は将来の納税者だが、課税額が大きいのは租税負担力のある相対的に富裕な国民だ。

つまり、「給付受給額マイナス納税額」の収支で総合的な損得を考えると、一律給付を行うことは、相対的に高額な納税者にとっては明白な損なのだ。相対的に資産家でかつ高所得な麻生氏のような人は、一律10万円の給付をもらう代わりに、将来その何倍もの税金を払う計算になる。

給付金だけで公平性を見るのは視野が狭い愚かなアプローチだ(所得制限うんぬんといった議論が該当する)。・・・

政府を通じた国民の富の再分配として受給と税金負担をセットで考えるべきなのだ。その場合、給付と徴税の両方を変動させるよりは、給付を一律として税制を動かす方が調節は容易でかつ明快だ。

 

Sponsored Link



 

う~ん、なるほど。

一律給付すれば高所得者にも給付されるとはいえ、後で所得税増税で回収するなら高所得者の払う税金が多いのだから、結果的には不公平にはならない。

確かにそうですね。分配ばかりに目が行くので見逃しがちですが、税金負担とあわせてトータルで見れば不公正がリセットされます。

いや、むしろ増税の度合いによっては長い目で見れば高所得者が支払う増税分の金額が10万円を超えて結果的に損することになるかも。

まあ、困ったときは助け合いなので、その点は仕方ないかもしれませんね。

 

 

ところで勤務時間の減少による収入減で生活が苦しくなっている人がたくさん出てくるのは理解できるのですが、副業とか何もやってないんですかね?

こんな社畜の私でも一応ブログなどで月に2~3万円の副収入があります。頑張れば数か月で10万円くらい稼げると思うのですが。。。

10万円クレクレ言う人もベッドでゴロゴロしながら他力本願でツイッターデモばっかりやって、何の工夫もしてなかったりして ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自立していない年寄りが証券会社に騙される。問題の根底は丸投げ精神だろう。

  私が子供のころ、周りの大人からは「自立した人間になれ」と口酸っぱく言われてきました。 簡単に言えば、自分で金を稼ぎ、自分の問題は自分で解決し、親の援助を受けずとも独り立ちして生きていけっ …

資産運用を学ぶアメリカ人と百人一首を丸暗記する日本人

  チャンドラです。   山岡道男氏の「アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書」によると、アメリカでは若いうちから「お金をどのように管理・運用していくか」を学校で学ぶそうです …

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

  チャンドラです。   どんな分野でも素人がプロに勝てる分野はほとんどありません。 例えば野球やサッカーなどのスポーツ。試合に勝つことだけを考えて日々肉体と精神を鍛えているプロの …

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

  30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ w …

S&P500と比較してみるとTOPIXはナシでしょ

金融系の記事に米国S&P500とTOPIXの推移を比較した図があったのですが、 こうして改めて比べてみるとTOPIXの冴えないっぷりが明白ですね。 1990年に最高値を記録した以降はダラダラと …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ