社畜

S&P500のリターンはどう変化してきたのか?グラフ化してみた。

投稿日:2020年2月7日 更新日:




 

長期的に見れば継続して上昇しているのが米国株価指数S&P500。

このグラフだけ見ても年率のリターンがどれくらいか、リターンがどのように推移してきたかは見えない。リターンの変化を図解してみました。

 

1957年以降のリターンをヒストグラムにしたのが下の図です。プラスは47回でマイナスは17回。

1957年以降のある30年間だけに注目するとリターンがプラスだったのが21~23回です。つまりリターンがプラスだった年はマイナスだった年の約3倍。つまり4年のうち約3年はプラスのリターンになるということ。

Sponsored Link



 

下の図は年のリターンとリターンの増加をプロットしたもの。例えば1990年の場合、リターンは-7%で2000年のリターンは26%なので33%増加しているから、2000年を表す点は(-7%, 33%)。

 

この散布図は4つの領域に分かれます。

Aにある点:リターンがプラスで翌年のリターンはさらに増加

Bにある点:リターンがマイナスで翌年のリターンは増加

Cにある点:リターンがマイナスで翌年のリターンはさらに減少

Dにある点:リターンがプラスで翌年のリターンは減少

 

では実際にどの領域に点が多く分布しているかというと、

D > A ≒ B > C

領域Dに多くの点が分布するということは、リターンがプラスなら翌年のリターンは減少する可能性が高いということ。

領域Cに分布する点が少ないということは、リターンがマイナスなら翌年のリターンは増加する可能性が高いということ。

数年間分の点の推移を示したのが矢印です。年によって領域A, B, Dを行ったり来たりしています。リターンは上がっては下がり、下がっては上がるを繰り返していることが分かります。化学のルシャトリエの原理に似ていますね。

リターンが20%を超えると翌年のリターンは下がる傾向にあり、リターンが20%未満であれば翌年のリターンが増えるか減るかは五分五分。一方でリターンがマイナスであれば翌年のリターンは高い確率で増加する。この傾向は使えそうです。

2019年のリターンは30%。過去の傾向に従えば今年2020年のリターンは下がるでしょう。グラフを見てウーンと考えた結果、20%リターンが減るとして2020年のリターンは10%ぐらいではないでしょうか。年末にこの記事を読み返して当たっているかどうか確認したいと思います ww

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本は富裕層が激増 ww

  クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。 2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。 …

NHK受信料の支払いを断った話

    チャンドラです。   私は昨年引っ越ししました。引っ越して1週間後NHK受信料の徴収員が家に来ました。 そのときNHK受信料の支払いを断った話をします。 &nbs …

ゴールドマンは年末S&P500 3000ポイントを予想

  ゴールドマン・サックスは年末の米国S&P500株式指数が3,000ポイントまで回復すると予想しています。参考記事はこちら。 220兆円の大型景気対策とコロナウイルスの感染拡大スピ …

社畜の時給

  社畜の時給を計算してみました。   月給:58万円 所定労働時間:160時間 残業:75時間 時給:2,460円   時給2,460円はどれくらいなのかというと、 & …

リモートワークが流行ると職が減るか?

  チャンドラです。 出社せずに仕事が出来るリモートワークを採用する企業が増えてきました。私の会社でも、オンラインツールを使えば在宅勤務ができるのではないか議論が始まっています。実際に他の拠 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ