生活

S&P500のリターンはどう変化してきたのか?グラフ化してみた。

投稿日:2020年2月7日 更新日:




 

長期的に見れば継続して上昇しているのが米国株価指数S&P500。

このグラフだけ見ても年率のリターンがどれくらいか、リターンがどのように推移してきたかは見えない。リターンの変化を図解してみました。

 

1957年以降のリターンをヒストグラムにしたのが下の図です。プラスは47回でマイナスは17回。

1957年以降のある30年間だけに注目するとリターンがプラスだったのが21~23回です。つまりリターンがプラスだった年はマイナスだった年の約3倍。つまり4年のうち約3年はプラスのリターンになるということ。

Sponsored Link



 

下の図は年のリターンとリターンの増加をプロットしたもの。例えば1990年の場合、リターンは-7%で2000年のリターンは26%なので33%増加しているから、2000年を表す点は(-7%, 33%)。

 

この散布図は4つの領域に分かれます。

Aにある点:リターンがプラスで翌年のリターンはさらに増加

Bにある点:リターンがマイナスで翌年のリターンは増加

Cにある点:リターンがマイナスで翌年のリターンはさらに減少

Dにある点:リターンがプラスで翌年のリターンは減少

 

では実際にどの領域に点が多く分布しているかというと、

D > A ≒ B > C

領域Dに多くの点が分布するということは、リターンがプラスなら翌年のリターンは減少する可能性が高いということ。

領域Cに分布する点が少ないということは、リターンがマイナスなら翌年のリターンは増加する可能性が高いということ。

数年間分の点の推移を示したのが矢印です。年によって領域A, B, Dを行ったり来たりしています。リターンは上がっては下がり、下がっては上がるを繰り返していることが分かります。化学のルシャトリエの原理に似ていますね。

リターンが20%を超えると翌年のリターンは下がる傾向にあり、リターンが20%未満であれば翌年のリターンが増えるか減るかは五分五分。一方でリターンがマイナスであれば翌年のリターンは高い確率で増加する。この傾向は使えそうです。

2019年のリターンは30%。過去の傾向に従えば今年2020年のリターンは下がるでしょう。グラフを見てウーンと考えた結果、20%リターンが減るとして2020年のリターンは10%ぐらいではないでしょうか。年末にこの記事を読み返して当たっているかどうか確認したいと思います ww

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バイナリーオプションで騙される大学生 ww これだけ覚えておけ!

  毎日新聞の記事によると、投資情報を高額で買わされる詐欺に引っかかる大学生が増えているようです。 為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」と呼ばれる金融取引を巡り、「1年 …

久々の合コンでまた金をドブに捨てました ww

    私は何も学んでいない。   昔こういう記事を書いて自分を戒めていたにも関わらず、合コンに参加してしまいました。 合コン:ドブ捨て金額10万円 断言します。無駄です …

仕事でミスして顔面蒼白、株価が頭に入らない ww

Sponsored Link     ダウ平均はついに2万ドルを割りました。米国株式市場は大荒れですが、私の仕事も大荒れです ww 仕事で大きなミスをやらかして四面楚歌。株価はリー …

高級魚「のどぐろ」の塩焼き ~ 今までで一番美味しかった焼き魚

    チャンドラです。   明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!   お正月は実家に帰省中です。両親が高級魚「のどぐろ」の塩焼きを振舞 …

Amazon Prime会員ならナニワ金融道を無料で読める

  チャンドラです。   Amazon Prime会員ならナニワ金融道が無料で読めます。 ナニワ金融道 全19巻 新ナニワ金融道 全20巻   ナニワ金融道は、大阪を舞台 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ