資産運用

テスラがS&P500指数に追加されても指数が不安定になるわけではない。

投稿日:2020年11月21日 更新日:




 

遂にテスラがS&P500指数に追加されることが決まりましたね。追加されればいきなりS&P500構成銘柄のトップ10に入ります。

ところで、テスラは異常に時価総額が高い割に利益は大きくないため、いずれ株価は急落するという予想する投資家も多いようです。下はForbesの記事から引用。

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが、S&P500種株価指数の構成銘柄に選ばれた。たしかにその時価総額から見れば、テスラ株の採用は当然とも言えるが、S&P500にとってはリスクもありそうだ・・・

半面、テスラの売上高は300億ドル足らずにとどまっている。そのため、テスラが利益を出しているときには株価収益率(PER)は途方もない高さになる。もっとも、テスラはキャッシュフローをプラスにするのに、カーボンクレジット(二酸化炭素の排出枠)の販売に頼っているのが実情。つまり、政府が用意した副次的な市場がなければテスラは利益を出せていない・・・

S&P500は時価総額で加重平均して算出されるため、米アップルや米アルファベットなど時価総額の大きい大型株の値動きによって大きく左右される。したがって、今後EVが失速したり、競争が予想以上に厳しくなったり、あるいはたんにテスラのメッキが剥げたりしてしまえば、テスラの高い時価総額やPERはS&P500、さらには米国の株式市場全体に非常に大きな問題となりかねない。

とくにS&P500で長期のインデックス投資をする人は、テスラの将来性が4000億ドルという時価総額が示すほど高いものなのか、いちど検討してみる必要があるだろう。

 

Sponsored Link



 

言ってることはまあ分かるんですが、じゃあテスラがS&P500に追加されたとして、S&P500全体にどれほどの影響があるんでしょうか?

テスラの時価総額は今日時点で4,600億ドル。S&P500構成銘柄の合計時価総額は28兆ドル。つまりテスラの時価総額はS&P500全体の1%~2%程度です。

確かにテスラ株価のボラテリティは高く、今年に入ってから株価は5倍近く上がっています。そんなテスラでも指数全体から見れば1%程度。

仮にテスラの株価だけが50%大暴落しても指数の下げは0.5%程度です。正直微々たるものでしょう。

化石燃料関連銘柄ならともかく、各国政府がゼロエミッションを打ち出すこのご時世に、今後EVが失速するすることは考えにくいです。競争激化の可能性はあるが、テスラにはファンも多い。

確かに2020年にテスラ株が上がりすぎたことを考えると、指数採用直後はその反動で株価は不安定になるかもしれません。とはいえ、前述のように指数全体からすればその影響は小さく、指数全体が大きく不安定になるとは考えにくいです。

むしろ、ハイテク、EV、ESG、ブランドというプラスの要素が多いテスラの指数採用は、S&P500に長期投資する人にとっては嬉しいニュースだと思います。

テスラ単体はリスクが高すぎるので投資しませんが ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな

  私はサラリーマンですが、サラリーマンが会社で働いて毎月給料もらうのと、株式投資して金を稼ぐのって、どちらがリスクとっているんでしょうか? 言うまでもなく後者です。 サラリーマンは確かに会 …

気になる米国株高配当投資 | 「株式投資の未来」を読んで

  チャンドラです。   私はemaxis slim米国株式(S&P500)に投資していますが、株式投資をやっているとどうしても他の投資方法に興味が出てしまいます。 それが …

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

  米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。 1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係 …

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ