社畜

S&P500 各セクター比率の推移をグラフで見る

投稿日:




 

米国S&P500構成銘柄のセクター比率の推移を見てみます。目的は、各セクターが他のセクターに比べて相対的にどれくらい時価総額が増えているかを把握するためです。情報技術が一番伸びているのは容易に予想がつきますが、まあ見てみましょう。

 

下が1995年~2016年のデータ。(2018年に電気通信サービスが通信サービスに変更されたが、これは未反映。)

引用:BESPOKE

各セクターの割合[%]の推移をグラフにしたのが下の図です。情報技術 >金融 > ヘルスケア > 一般消費財 の順に割合が大きい。

面白いのが1995年の割合を1としたときに各セクターの割合がどのように変化したのかを示したのが下のグラフ。

実は1995年以降に割合を伸ばした(1.0を継続的に超えた)のは情報技術、金融、ヘルスケアだけです。エネルギーは浮き沈みが激しく、1.0を大きく下回ることもあれば0.5まで落ちることもあります。他の一般消費財や生活必需品などは、1995年以降に1.0を超えることがほとんどないことが分かります。

2020年のセクター別割合の順序は2016年から大きく変わっておらず、情報技術がウェイトをさらに上げています。個人的な予想だと、1995年以降に割合を緩やかに下げ続けた一般消費財や生活必需品などが今後割合を増やすことはないと思います。そうなる要素が思いつかない。

一方で情報技術には、AIや機械学習といった発展中で金を集める分野があります。人口増大により消費財分野などの需要が増すとしても、競争激化による生産性向上のために情報技術の進化に頼る部分がますます増える。そう考えると、やはり今後も情報技術のウェイトが他を引き離す傾向が続くと思います。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

AIが仕事を奪うと煽るのはもうやめてくれないか

  人工知能 (AI)が仕事を奪うとは、ここ最近どこでも聞く話です。私の記憶では、オクスフォード大学の研究者が米国で10~20年以内に労働人口の47%が機械に代替されるという論文を出したのが …

バカとエリートのニュースの読み方はこんなに違う。

  新聞記事やネット・ニュースを読んでいる人、どんなふうにニュースを読んでいますか? とりあえず興味ありそうな記事だけ読んでふーんで終わっている人がほとんどかと思います。私もそうです。自分の …

コロナ危機に対するエリザベス女王のスピーチは聞いておくべき

  イギリスのエリザベス女王が国民に向けてビデオメッセージを発表しました。女王の5分程度のスピーチを聞いて感じたこと。それは女王のスピーチが人を奮い立たせる要素を全て含んでいて、コロナ感染拡 …

「最強伝説 黒沢」という漫画が読んでいて辛くなる件。

  私が高校の頃に流行っていたのが福本伸行氏の「アカギ」「カイジ」「銀と金」などのギャンブル漫画。 カイジの人気はバツグンに高かったのですが、一部のマニアに人気だったのが「最強伝説 黒沢」と …

1時間7000円のマッサージが最高過ぎた ww

  私は社畜でデスクワークが多いので肩こりがヒドイ。 始めて1時間7000円のマッサージを体験したんですが・・・最高でした。 いえ・・・健全なマッサージですよ。指圧の。 肩こりの原因って長時 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ