社畜

S&P500 各セクター比率の推移をグラフで見る

投稿日:




 

米国S&P500構成銘柄のセクター比率の推移を見てみます。目的は、各セクターが他のセクターに比べて相対的にどれくらい時価総額が増えているかを把握するためです。情報技術が一番伸びているのは容易に予想がつきますが、まあ見てみましょう。

 

下が1995年~2016年のデータ。(2018年に電気通信サービスが通信サービスに変更されたが、これは未反映。)

引用:BESPOKE

各セクターの割合[%]の推移をグラフにしたのが下の図です。情報技術 >金融 > ヘルスケア > 一般消費財 の順に割合が大きい。

面白いのが1995年の割合を1としたときに各セクターの割合がどのように変化したのかを示したのが下のグラフ。

実は1995年以降に割合を伸ばした(1.0を継続的に超えた)のは情報技術、金融、ヘルスケアだけです。エネルギーは浮き沈みが激しく、1.0を大きく下回ることもあれば0.5まで落ちることもあります。他の一般消費財や生活必需品などは、1995年以降に1.0を超えることがほとんどないことが分かります。

2020年のセクター別割合の順序は2016年から大きく変わっておらず、情報技術がウェイトをさらに上げています。個人的な予想だと、1995年以降に割合を緩やかに下げ続けた一般消費財や生活必需品などが今後割合を増やすことはないと思います。そうなる要素が思いつかない。

一方で情報技術には、AIや機械学習といった発展中で金を集める分野があります。人口増大により消費財分野などの需要が増すとしても、競争激化による生産性向上のために情報技術の進化に頼る部分がますます増える。そう考えると、やはり今後も情報技術のウェイトが他を引き離す傾向が続くと思います。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過剰サービス大国、日本。

    「日本がドイツより幸福度が低い理由の1つは店のサービス過剰」という記事からの引用。 これは日ごろ私の感じていることと合っていてなかなか面白い記事ですよ。 ドイツの店や企業で …

ビジネスホテル部屋飲みはハマるぞ ww

  あるYoutuberが出張先のビジネスホテルの部屋にビールとか食材を買い入れて一人で飲んでいるのを見て、これいいな ww と思ってやってみたのですが、すごくよかった。これはタマらん ww …

【兼業】カンボジアでゲストハウス経営するITエンジニア

  地獄の黙示録という戦争映画で、主人公がボートで川を遡ってカンボジア奥地に向かっていく映像を見て以来、私は無性にジャングルに行きたくなった。   日本から近く、ジャングルの中にあ …

副業の方が本業より面白いのではないか?という気がしてきたな ww

  私は翻訳とか技術計算とかの副業をやってるのですが、最近チョクチョク依頼がきます。 思うんですが本業より副業の方が面白いな ww 何が面白いかというと、やはり自分で全てコントロールできる点 …

世界一損得勘定な民族、日本人 ww

  日本人ほど個人主義で損得勘定な民族は他にいない。 橘玲氏の「(日本人)」は面白い結論を提示してくれます。 日本人が損得勘定である根拠として本書は世界価値観調査の結果を引用しています。下の …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ