社畜

S&P500 各セクター比率の推移をグラフで見る

投稿日:




 

米国S&P500構成銘柄のセクター比率の推移を見てみます。目的は、各セクターが他のセクターに比べて相対的にどれくらい時価総額が増えているかを把握するためです。情報技術が一番伸びているのは容易に予想がつきますが、まあ見てみましょう。

 

下が1995年~2016年のデータ。(2018年に電気通信サービスが通信サービスに変更されたが、これは未反映。)

引用:BESPOKE

各セクターの割合[%]の推移をグラフにしたのが下の図です。情報技術 >金融 > ヘルスケア > 一般消費財 の順に割合が大きい。

面白いのが1995年の割合を1としたときに各セクターの割合がどのように変化したのかを示したのが下のグラフ。

実は1995年以降に割合を伸ばした(1.0を継続的に超えた)のは情報技術、金融、ヘルスケアだけです。エネルギーは浮き沈みが激しく、1.0を大きく下回ることもあれば0.5まで落ちることもあります。他の一般消費財や生活必需品などは、1995年以降に1.0を超えることがほとんどないことが分かります。

2020年のセクター別割合の順序は2016年から大きく変わっておらず、情報技術がウェイトをさらに上げています。個人的な予想だと、1995年以降に割合を緩やかに下げ続けた一般消費財や生活必需品などが今後割合を増やすことはないと思います。そうなる要素が思いつかない。

一方で情報技術には、AIや機械学習といった発展中で金を集める分野があります。人口増大により消費財分野などの需要が増すとしても、競争激化による生産性向上のために情報技術の進化に頼る部分がますます増える。そう考えると、やはり今後も情報技術のウェイトが他を引き離す傾向が続くと思います。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コツコツ努力すれば複利の効果で大きく成長????

  ちょっと屁理屈こいた記事です。 「外資系コンサルが教える入社1年目からの仕事のルール」という本に努力することの効果が次のように述べられています。 特別な才能がなくても、何回も何十回も続け …

「仕事減らしてくださイイイ」と上司に泣きついた結果 ww

  自ら仕事を取りにいき、残業し、稼いだ残業代で投資する。 昔の記事で私はサラリーマンが稼ぐための一番手っ取り早い方法がこれだと豪語しました。   しかし限界が来たようです。 &n …

フェイスブック疲れからのフェイスブックペイ・・・

  フェイスブックペイなるものが米国で始まるようです。Bloombergの記事からの引用です。 米フェイスブックは同社のさまざまな決済機能を新たなブランド名の下で単一のサービスとして統合し、 …

外資系企業とむりやり英語で転職面接させられたはなし | 一問一答

  チャンドラです。   スカイプで欧米の企業と転職面接した話をします。正確に言うと無理矢理やらされたのですが。外資系企業への転職活動されている方の参考になれば幸いです。 &nbs …

未来予測が外れるのは当たり前という認識をもつべし

  講談社現代新書の「未来予測入門」は、未来予測は外れるのが当たり前だと述べています。 いくら過去のデータを集めて分析しても、ごく些細なひとつの変化によってシステム全体に大きな変化が生じるか …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ