資産運用

米国情報技術セクターは2年連続トップをとるか?

投稿日:




 

2007年以降のセクター別パフォーマンスを見ていると、どうも情報技術セクターとエネルギーセクターのリターンは負の相関関係があるように見えます。

つまり、情報技術セクターのリターンが高いときはエネルギーセクターのリターンは低く、情報技術が低いときはエネルギーが高い。

視覚的に各セクターのリターンを見るには下のサイトが見やすいです。自分が見たいセクターにカーソルを合わせればそれだけハイライトされます。

Novel Investor Sector Returns TableSource: novelinvestor.com
なんとなく眺めていて見えることは:

・情報技術の順位は上昇傾向

・エネルギーの順位は下降傾向

・3位以内の回数が一番多いのは一般消費財。僅差でヘルスケア

・全セクターを含むS&P500の順位は真ん中。

 

Sponsored Link



 

気になるのは2年連続でリターンがトップだったセクターはないということ。しかも、ある年にトップだったセクターは次の年でリターンを大きく下げる傾向にあります。

今の情報技術セクターのパフォーマンスは破竹の勢いなので、2019年に続いてトップを記録するかもしれません。でも2021年は・・・。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイテク株(GAFAM)には個別投資しない。デカすぎる。

  会社に超優秀な社員がいるとする。彼の営業成績は常にトップクラスで上司からの信頼も厚く、部下たちからも尊敬されている。まさに会社の稼ぎ頭だ。当然ながら周りからの期待も大きい。しかもイケメン …

サラリーマンのボーナスは年齢別支給額に注目せよ

  今年の大企業の夏ボーナスは92万円だそうです。NHKの記事から。 経団連は大手企業を対象にした、ことしの夏のボーナスの調査の1次集計を発表し、従業員1人当たりの平均で92万5000円余り …

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

  インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。 良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費や …

2019年7月の資産公開 | 2658万円(189万円増加)

  チャンドラです。   2019年7月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,580,492円で前月より189万円増加しました。   履歴: 2019年1月の資産 …

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

  チャンドラです。   総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇し …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ