資産運用

「S&P500はリスク16%・リターン7%」を考える

投稿日:2020年1月31日 更新日:




 

米国株式指数S&P500のリスクは16%、リターンは7%と聞いて何を思うか。細かい数字はさておき、過去の株式指数のリスクとリターンの値を聞いたとき、これを鵜呑みにして将来の指数の動きの予測に適用していいのか?と思うのです。

今後もリターン7%とかウソ臭くない?ってことです。

 

1957年から2019年までのS&P500指数を用いてリスクとリターンを計算しました。結果は年平均リターンが7%、リスクは16.3%。

年平均リターンが7%はともかくリスクが16.3%というのが分かりにくい。こういう時はリターンが同じでリスクが0%の場合と比べたらどうなるかを比較してみると分かりやすい。というわけでS&P500をリターン7%・リスク0%の仮想の指数と比較してみましょう。

S&P500はリスク16.3%なのでリターンが7%の周りで激しく変化します。リスクとは結局このバラツキのことを意味しているのです。一方で、仮想指数の方はリスク0%なのでリターン7%で一定です。

 

実際の指数の動きは次の通り。S&P500はリスク=バラツキが大きいので指数もギザギザに動く。一方でリスクゼロの仮想指数はバラツキがゼロなので、よく見る複利の曲線のように美しい単調曲線を描く。

 

で、結局リスクが16.3%というのは定量的に何を意味しているんだ?というのが次の図。リターン7%でリスク16.3%というのは、リターンが-1.1%と15.1%の間に入る可能性が68%と言う意味なんですよ。

ホント?「可能性が68%ってどういう意味?嘘くさくないか ww」

Sponsored Link



 

少し視点を改めて正規分布をおさらいしてみます。正規分布は上のような釣り鐘の形をした関数。例えばボールを前の壁に真っすぐ投げるのを1億回繰り返して、ボールが当たった位置とその回数をヒストグラムにすれば正規分布のような形になります。プロの投手なら精度が高いのでバラツキが小さい。一方で素人は精度が低いのでバラツキが大きい。

ここでバラツキが大きい素人の投手のリスクが16.3だとしましょう。そうすると素人が投げた球の位置は1億回中6800万回が釣り鐘の真ん中の部分のまわりの16.3のレンジに入るということ。イメージは下の図。

 

ここで重要なのは球を1億回も投げているということ。正規分布の特徴であるリスクとリターンを使う上で重要なのは母数の多さです。母数が多ければ多いほど正規分布の考え方を適用することが有効になる。今回の場合は1億回という莫大な回数を投げて得たデータだから、次に球を投げたときにレンジ16.3に入る可能性は68%だと言える。言い方を変えると、球をたった60回投げた程度では、次に球を投げて68%でレンジ16.3に入るとは言い切れない。

話を戻すとS&P500のリスク16.3%、リターン7%というのも過去たった60年で得たデータ。つまり球を60回投げたのと同じ。母数が少ないデータを無理矢理正規分布で近似して、今後のS&P500はリターンが7%でしかも-1.1%と15.1%の間に入る可能性が68%もある!というのはいかがなものか。

 

つまり言いたいことは「米国株式指数S&P500のリスクは16%、リターンは7%」を完全に信用するには母数が少なすぎるということ。期間を変えればリスクもリターンも簡単に変わります。

他の指数と過去の実績を比較するうえではリスク・リターンは有効でしょう。定量的な比較ができるからです。またS&P500に投資するときの複利効果の説明にも使えます。「S&P500なら年利7%が見込める」って書くだけで私含めて多くの人が心動くので ww

数字の計算には前提条件があります。結果だけを見るのではなく「過去60年のデータを正規分布に当てはめた結果、リスクとリターンはそれぞれ16%、7%だった。ちなみに正規分布は母数がデカいほど有効」ということは忘れてはいけないと思うのです。

 

こちらからブログ村に戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅手当があるかないかはメチャクチャ重要。就職時は必ずチェック!

  チャンドラです。   就職時に会社の給与が高いかどうかを見るのは大切ですが、同じくらいに大切なのが福利厚生の充実度です。 福利厚生制度の中でも特に重要なのは住宅手当です。 家賃 …

2019年5月の資産公開 | 2421万円(S&P500下落で28万円減)

Sponsored Link チャンドラです。   2019年5月の資産運用状況を公開します。 合計資産は24,216,946円で前月より28万円減少しました。   履歴: 201 …

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

代替肉のビヨンド・ミートに投資してみたい!

  チャンドラです。   ベジタリアン向けに牛肉やソーセージの代替食材を製造するアメリカのビヨンド・ミートが5月2日、ナスダック市場に上場しました。 新規株式公開価格の25ドルを8 …

新社会人のときに読んでおきたかったお金と投資の本

  チャンドラです。   私が新社会人の頃、平日はバリバリ仕事をして休日は資格の勉強をしていました。休日はゴリゴリ勉強をしていたので、国際資格を取得しました。でも、お金や投資に関す …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ