資産運用

米国S&P500の将来のリターン予測

投稿日:2019年4月15日 更新日:

 

チャンドラです。

 

過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のことで、株価が割高か割安かを判断するための指標になります。

過去のデータによると、ある時点のPERと将来の平均リターンにはある程度の相関関係があることが分かっています。そこで過去のデータを使用してリターンを予測してみます。

 

Sponsored Link



 

下のグラフはStarCapitalが公開している株価のデータです。横軸がある時点のPER、縦軸がその時点から10年~15年間の平均リターンです。

分かりやすいようにS&P500が分布している範囲だけ黄色でハイライトしています。

出典:starcapital

 

現在のPERは19.2です。これをもとに将来のリターンを調べてみると、-3%~13%の間に分布することが分かりました。元データが手に入らなかったため、PER=19.2%の線上でデータがどのように分布しているかは分かりませんでしたが、満遍なく分布していると仮定します。するとリターンの平均は5%であることが分かります。そして、リターンがプラスになる可能性は81%、リターンがマイナスになる可能性は19%であることも分かります。

一般的にPERが大きいほど長期リターンが小さくなり、PERが小さいほどリターンが大きくなることと言われています。このグラフはその傾向を表しています。S&P500の過去のPERの大半は10~20の間に分布しており、リターンはおおむね-3%~15%の間に分布することが分かります。

従ってPERが10~20の間で推移する場合は、それほど将来のリターンに差が出ない言えるかもしれません。ところがPERが10を切ると長期リターンの分布がグラフの上の移動することが分かります。そのリターンは8%~16%でマイナスになったことはありません。つまりPERが10を切ったときが買い増しするチャンスだと言えます。

PERはmyINDEXなどで簡単に調べることができるので、常にチェックしておくといいと思います。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

  企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。 S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら: 年齢が上がるとボラテリティが下がっている …

【重要】積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

2019年9月の資産公開 | 2704万円(82万円増加)

  チャンドラです。   2019年9月の資産運用状況を公開します。 合計資産は27,037,955円で前月より82万円増加しました。   履歴: 2019年6月の資産運 …

実は無責任な「リスクを取れ」という言葉。リスクマネジメントを知らずにリスク推奨するなと ww

  「リスクを取れ」とか「リスクを受け入れろ」とかいう言葉は私から言わせれば無責任。 相手を鼓舞するために言うのは悪いことだとは言わないが、言ってる本人が「リスクに立ち向かうとはどういうこと …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ