資産運用

米国S&P500の将来のリターン予測

投稿日:2019年4月15日 更新日:

 

チャンドラです。

 

過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のことで、株価が割高か割安かを判断するための指標になります。

過去のデータによると、ある時点のPERと将来の平均リターンにはある程度の相関関係があることが分かっています。そこで過去のデータを使用してリターンを予測してみます。

 

Sponsored Link



 

下のグラフはStarCapitalが公開している株価のデータです。横軸がある時点のPER、縦軸がその時点から10年~15年間の平均リターンです。

分かりやすいようにS&P500が分布している範囲だけ黄色でハイライトしています。

出典:starcapital

 

現在のPERは19.2です。これをもとに将来のリターンを調べてみると、-3%~13%の間に分布することが分かりました。元データが手に入らなかったため、PER=19.2%の線上でデータがどのように分布しているかは分かりませんでしたが、満遍なく分布していると仮定します。するとリターンの平均は5%であることが分かります。そして、リターンがプラスになる可能性は81%、リターンがマイナスになる可能性は19%であることも分かります。

一般的にPERが大きいほど長期リターンが小さくなり、PERが小さいほどリターンが大きくなることと言われています。このグラフはその傾向を表しています。S&P500の過去のPERの大半は10~20の間に分布しており、リターンはおおむね-3%~15%の間に分布することが分かります。

従ってPERが10~20の間で推移する場合は、それほど将来のリターンに差が出ない言えるかもしれません。ところがPERが10を切ると長期リターンの分布がグラフの上の移動することが分かります。そのリターンは8%~16%でマイナスになったことはありません。つまりPERが10を切ったときが買い増しするチャンスだと言えます。

PERはmyINDEXなどで簡単に調べることができるので、常にチェックしておくといいと思います。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

投資やるなら確率・統計を理解していないと騙されると思う。「72の法則」とかレバレッジ3倍ETFとか。

  何かの本にビジネスマンなら確率・統計を理解しとけと書いていました。 職種によるので何とも言えません。私は仕事で確率・統計をほぼ使っていないので。 でも投資やるなら確率・統計をやっておくの …

Direxion社はレバレッジETFを「短期トレード向け」と言い切っている。

  私はSPXLやTECLなどのレバレッジETFへの投資は、一般人のリスク許容度を越えている、やるなら短期の方がよいと思っています。(詳細は過去記事参照。例えばコレ。) ところで、実際にレバ …

インデックス投資で不労所得を手に入れよう!

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 積立投資とは毎月一定額を長期にわたって投資し続けることです。 長期にわたって積み立てることで、複利の効果 …

コインランドリー投資で見た赤字地獄・・・ウソつき営業マンの売上計画は絵にかいた餅・・・

  楽待のYoutubeチャンネルで「コインランドリー投資で見た赤字地獄」という動画を見たんですが、コインランドリー投資って難しそうですね。 (確か知り合いがやってたような気が・・・。) 初 …

【本業+投資】社畜の資産は5259万 (1万円減少) | 資産公開 | 2021年9月末

  2021年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:52,593,793円 前月より1万円減少 増加内訳:運用: -28万   運用以外: +27万円 ※運用以外 = …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ