資産運用

米国S&P500の将来のリターン予測

投稿日:2019年4月15日 更新日:

 

チャンドラです。

 

過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のことで、株価が割高か割安かを判断するための指標になります。

過去のデータによると、ある時点のPERと将来の平均リターンにはある程度の相関関係があることが分かっています。そこで過去のデータを使用してリターンを予測してみます。

 

Sponsored Link



 

下のグラフはStarCapitalが公開している株価のデータです。横軸がある時点のPER、縦軸がその時点から10年~15年間の平均リターンです。

分かりやすいようにS&P500が分布している範囲だけ黄色でハイライトしています。

出典:starcapital

 

現在のPERは19.2です。これをもとに将来のリターンを調べてみると、-3%~13%の間に分布することが分かりました。元データが手に入らなかったため、PER=19.2%の線上でデータがどのように分布しているかは分かりませんでしたが、満遍なく分布していると仮定します。するとリターンの平均は5%であることが分かります。そして、リターンがプラスになる可能性は81%、リターンがマイナスになる可能性は19%であることも分かります。

一般的にPERが大きいほど長期リターンが小さくなり、PERが小さいほどリターンが大きくなることと言われています。このグラフはその傾向を表しています。S&P500の過去のPERの大半は10~20の間に分布しており、リターンはおおむね-3%~15%の間に分布することが分かります。

従ってPERが10~20の間で推移する場合は、それほど将来のリターンに差が出ない言えるかもしれません。ところがPERが10を切ると長期リターンの分布がグラフの上の移動することが分かります。そのリターンは8%~16%でマイナスになったことはありません。つまりPERが10を切ったときが買い増しするチャンスだと言えます。

PERはmyINDEXなどで簡単に調べることができるので、常にチェックしておくといいと思います。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人のせいにするなよ ww 自分で考えずYoutubeやSNSを鵜呑みにして投資 ww

  Youtubeやネット記事を鵜呑みにして株式投資する人っているんですね・・・。マジかよと ww 「これに投資すれば絶対儲かる」的な動画とか発信は多いです。なんで投資みたいな不確定なことを …

実家暮らしでビットコインにフルインベストメントするのが最強の理由 ww

  前回からの続き: 平均年収かそれ以下の人が爆益を狙ってビットコインのようなハイリスク商品に投資したらどうなるか。うまくいけば大きなリターンを得ることが出来るでしょう。でも、暴落したらどう …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …

増加する社会保障費に我々は耐えられるのか?

  チャンドラです。   日本では少子高齢化が急速に進んでいます。 2060年には65歳以上が人口の40%を占めると言われています。 デービッド・アトキンソン氏の「日本人の勝算」に …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ