金融工学

米国S&P500で年率10%のリターンを得る確率は何%か?

投稿日:




 

米国S&P500のリスク・平均リターンは過去のデータから20%・7%です。7%は平均年率リターンなので、ある年は10%かもしれないし、別の年はマイナスかもしれない。あくまで平均値です。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

幾何ブラウン運動のモデルに20%・7%ルールを適用すれば年率リターンの確率分布を計算することができます。

では、ある年のリターンが10%となる確率は何%か?

 

Sponsored Link



 

S&P500リターンの確率分布は上のグラフのようになります。リターンが10%となる確率は41%です。

今年のS&P500は3,700ポイントで着地しそうです。年始が3,250ポイントであったことを考えると今年のリターンは13%。13%の確率は36%。リターン10%に比べて5%程度下がります。リターン13%って高くてそんなに怒りえないように思えますが、過去の実績と幾何ブラウン運動モデルの観点からはそれほど珍しい確率だとは言えないことが分かります。直観に反する結果で面白いですね。

 

 

関連記事:

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

最適レバレッジと最適投資比率 (サミュエルソンの割合) との意外な関係。

  前回の続きです。 (1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。 (2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。 (3) サミュエルソン割合をリスク資産の割合とする。 &n …

なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜリスクが大きいとトータルリターンが低下するのか?幾何ブラウン運動で定量的に説明する。」では、リスクがトータルリターンを下げる方向に寄与することを説明しました …

【意外】S&P500つみたて投資は一括投資より元本割れしやすい理由を数字で説明する。

  前回の続きです。 一括投資と比べてつみたて投資って何がありがたいのか?と聞かれれば、リスクを減らせるのがイイ!というのがザックリした(よくある)答えです。 ただし、この点はもう少し深堀す …

高配当株かグロース株どちらに投資するかはIRRを比較するべし

  読者様から質問を頂きました。どうもありがとうございます。 高配当銘柄に投資するか成長が見込めるグロース株に投資するか、どちらが大きなリターンを得ることができるとお考えでしょうか?理由も教 …

S&P500の中央値はどう変化するか?幾何ブラウン運動による中央値の変化。

  過去記事では資産の推移を計算するときに平均値を使うのはミスリードする可能性があると紹介しました。 じゃあ、平均値ってなんぞや?要は資産価格は平均値の周りにぐにゃーと広がるように分布をもつ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ