金融工学

パレート図で見るS&P500で爆益得る確率。リターン4倍の確率は50%近くもある。

投稿日:2021年4月5日 更新日:

 




 

過去記事でS&P500の過去リターンのパレート図を作成しました。

パレート図からリターンがある値を超えた割合を簡単に計算することができます。度数を数えるだけなので。

リターン0%を下回った割合=元本割れした割合は次の通りでした。

1年:23%

5年:18%

10年:10%

20年:4%

同様にリターンがある値を超えた割合を見てみます。

Sponsored Link



 

リターンが2倍になった割合:

1年:0%

5年:11%

10年:48%

20年:89%

リターンが3倍になった割合:

1年:0%

5年:1%

10年:13%

20年:65%

リターンが4倍になった割合:

1年:0%

5年:0%

10年:3%

20年:46%

 

さすがに数年の短期間でリターンを2倍や3倍になることは皆無ですが、20年間保持しておけば、リターンが4倍になった割合は46%もあったということです。

言い換えると、過去にある時点で投資を開始して20年後に元本が4倍になる確率はほぼ50%もあったということです。

すごいですね。改めて見るとS&P500の成長力はすごかったと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギャンブルで負け続けるやつは負け続けることを示す逆正弦法則とは?

    ギャンブルに関する直観に反した結果。それが逆正弦法則。 コイン投げゲームをするとします。 コインを投げて表が出れば+1点もらえて、裏が出れば-1点というルールです。表が出る …

【重要】積立投資の意外な盲点。投資期間後半で投資した分は元本割れ確率が高い。

  以前の記事でサラリーマンが株式投資するなら、一括投資よりも積立投資にならざるを得ないという話をしました。理由は簡単で会社から受け取る給料の中から投資資金を捻出するのだから、毎月数万円、ま …

僕はかけましぇん。S&P500にレバレッジはかけましぇんから!怖いから!リターン減るから ww

  株価がウナギ登りの状況を見るとレバレッジをかけたくなります。 でもね、僕はレバレッジをかけましぇ~ん ww レバレッジは、怖いですから!3倍とか高すぎですから!あなたが破滅してほしくない …

エクセルのソルバーで効率的フロンティア曲線を作成しよう。最適なアセットロケーションの決定。

  過去記事でWealthNaviのアルゴリズムを紹介しました。WealthNaviのアルゴリズムは現代ポートフォリオ理論に基づいています。 そのアルゴリズムをざっくりいえば、リスク・リター …

過去35年のアセットクラスでは米国株が最も優秀。リターン・シャープレシオ・元本割れ確率で分析。

  前回の記事の続きです。過去35年のアセットクラスのリスク・リターンを分析した結果、上位3つの最適アセットクラスは新興国株、米国大型株、米国小型株、のでした。 「最適」の定義はリターンとシ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ