金融工学

パレート図で見るS&P500で爆益得る確率。リターン4倍の確率は50%近くもある。

投稿日:2021年4月5日 更新日:

 




 

過去記事でS&P500の過去リターンのパレート図を作成しました。

パレート図からリターンがある値を超えた割合を簡単に計算することができます。度数を数えるだけなので。

リターン0%を下回った割合=元本割れした割合は次の通りでした。

1年:23%

5年:18%

10年:10%

20年:4%

同様にリターンがある値を超えた割合を見てみます。

Sponsored Link



 

リターンが2倍になった割合:

1年:0%

5年:11%

10年:48%

20年:89%

リターンが3倍になった割合:

1年:0%

5年:1%

10年:13%

20年:65%

リターンが4倍になった割合:

1年:0%

5年:0%

10年:3%

20年:46%

 

さすがに数年の短期間でリターンを2倍や3倍になることは皆無ですが、20年間保持しておけば、リターンが4倍になった割合は46%もあったということです。

言い換えると、過去にある時点で投資を開始して20年後に元本が4倍になる確率はほぼ50%もあったということです。

すごいですね。改めて見るとS&P500の成長力はすごかったと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

一括投資か積立投資か?ほとんどの人にとっては積立投資だと答えは出ていると思う理由。

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。再掲。 20年後の平均リターン・リスク比較: 一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13% 積立投資:平均 …

【意外】S&P500つみたて投資は一括投資より元本割れしやすい理由を数字で説明する。

  前回の続きです。 一括投資と比べてつみたて投資って何がありがたいのか?と聞かれれば、リスクを減らせるのがイイ!というのがザックリした(よくある)答えです。 ただし、この点はもう少し深堀す …

【ポートフォリオ最適化】マートン問題を数式なしで解説する。

  前回の続きです。 「ライフサイクル投資術」の計算ステップを書き換えてみると、 (1) 下のグラフからRRA (相対的リスク回避度)を求め、 (2) リスク資産のリスク・リターンから最適レ …

myINDEXで見る効率的フロンティア曲線

  現代ポートフォリオ理論では効率的フロンティアという考え方があります。 効率的フロンティアとは、色んなリスク資産を組み合わせてポートフォリオを作ったときに、あるリスクに対して最大のリターン …

投資比率100-年齢でリスク・リターンはどう変わるか?

  リスク資産にどれだけ投資すればよいか?に100-年齢の法則があります。 例えば30歳なら現金を30%、リスク資産を70%もつというもの。 数字はともかくとして、この法則に素直に従えば年取 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ