金融工学

パレート図で見るS&P500で爆益得る確率。リターン4倍の確率は50%近くもある。

投稿日:2021年4月5日 更新日:

 




 

過去記事でS&P500の過去リターンのパレート図を作成しました。

パレート図からリターンがある値を超えた割合を簡単に計算することができます。度数を数えるだけなので。

リターン0%を下回った割合=元本割れした割合は次の通りでした。

1年:23%

5年:18%

10年:10%

20年:4%

同様にリターンがある値を超えた割合を見てみます。

Sponsored Link



 

リターンが2倍になった割合:

1年:0%

5年:11%

10年:48%

20年:89%

リターンが3倍になった割合:

1年:0%

5年:1%

10年:13%

20年:65%

リターンが4倍になった割合:

1年:0%

5年:0%

10年:3%

20年:46%

 

さすがに数年の短期間でリターンを2倍や3倍になることは皆無ですが、20年間保持しておけば、リターンが4倍になった割合は46%もあったということです。

言い換えると、過去にある時点で投資を開始して20年後に元本が4倍になる確率はほぼ50%もあったということです。

すごいですね。改めて見るとS&P500の成長力はすごかったと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一括投資か積立投資か?ほとんどの人にとっては積立投資だと答えは出ていると思う理由。

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。再掲。 20年後の平均リターン・リスク比較: 一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13% 積立投資:平均 …

投資のリスクが大きくて何が問題なのか理解できません。リターンが大きければそれでいのでは?

    投資でリスクがいくら大きかろうがリターンが大きければよい。リスクが大きくて何が問題なのか理解できません。 というコメントを過去記事で頂きました。 大丈夫です。ほとんどの人は …

S&P500の積立投資と一括投資のリスクを確率分布の形状から定量的に比較する。

  前回の記事の続きです。 オレンジ:一括投資で20年間放置したリターンの分布 青色:20年間定額つみたて投資したリターンの分布 積み立てケース (青色)の分布の広がりは一括ケース (オレン …

実は曖昧な「リスク許容度」。リスク許容度って一体何なんだ?

    前回の記事では、リスクが大きいとリターンが高くなるチャンスも増えるが、同時に元本割れする確率も増えることを確率分布で説明しました。 (1)リターン7%・リスク20%:元本割 …

S&P500を積み立て投資したリターンの確率分布の形状からリスク低減を理解する。

  前回の記事の続きです。 S&P500に一括投資したリターンの確率分布と、毎年定額つみたて投資した際のリターンの確率分布はどう違うか? 積み立て投資した際のリターンの確率分布の計算 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ