金融工学

パレート図で見るS&P500で爆益得る確率。リターン4倍の確率は50%近くもある。

投稿日:2021年4月5日 更新日:

 




 

過去記事でS&P500の過去リターンのパレート図を作成しました。

パレート図からリターンがある値を超えた割合を簡単に計算することができます。度数を数えるだけなので。

リターン0%を下回った割合=元本割れした割合は次の通りでした。

1年:23%

5年:18%

10年:10%

20年:4%

同様にリターンがある値を超えた割合を見てみます。

Sponsored Link



 

リターンが2倍になった割合:

1年:0%

5年:11%

10年:48%

20年:89%

リターンが3倍になった割合:

1年:0%

5年:1%

10年:13%

20年:65%

リターンが4倍になった割合:

1年:0%

5年:0%

10年:3%

20年:46%

 

さすがに数年の短期間でリターンを2倍や3倍になることは皆無ですが、20年間保持しておけば、リターンが4倍になった割合は46%もあったということです。

言い換えると、過去にある時点で投資を開始して20年後に元本が4倍になる確率はほぼ50%もあったということです。

すごいですね。改めて見るとS&P500の成長力はすごかったと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …

マートン・社畜の式 (S&P500の最適比率 = 1.75 / RRA)

  過去記事でマートンのポートフォリオ問題と最適レバレッジ比率の関係について紹介しましたが、名前を付けておこうと思います ww この式は結構使えると思うし、今後も色々と引用するときに名前ある …

便利なリスク・リターン・最適レバレッジ早見表を作ったぞ ww

  過去記事でS&P500の最適レバレッジは1.75倍と紹介しました。これはS&P500の720の法則を適用した場合のケースです。 中央値はL=1.75のときに最大値をとるこ …

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。 (1) 株価が幾何ブラ …

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

  株価はランダムな動きをすると仮定して構築されたのが現代ポートフォリオ理論。難しそうな微分積分の式を見れば怖気づきますがミソだけ押さえれば理解するのはさほど難しくありません。 株価が「ある …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ