資産運用

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500と全世界株式(除く日本)を買い続けた結果。リターンの差は?

投稿日:2021年4月2日 更新日:




 

私がインデックス投資を始めるときに悩んだのが、S&P500か全世界株式(除く日本)のどちらを買うか。これはかなり悩みましたよ。

米国か全世界のどちらを買った方がリターンは高くなるかは、正直結論が出ていません。人に行かれても歯切れよく答えるのは難しいですね。(ちなみに日本を除いているのは日本経済成長には期待できないから。住むのにはいい国ですが ww)

というわけで、悩むのは面倒くさいし、まあ全世界も70%近くは米国なのでその差はゴミだろう、その差のゴミっぷりを見てやろうということで、両方をほぼ同額買い続けています。

正直これをやるとポートフォリオ全体の米国比重が高まって時価総額加重平均が崩れます。

その点で、私が普段から言っている「時価総額加重平均が最適なポートフォリオというのが現代ポートフォリオ理論の結論」とやってることが違ってくるのですが、まあ国単位では時価総額加重平均となっているのでヨシとしましょう。(そういう意味では米国株式だけ買っても平均はとれてませんからね。米国以外の株式がゼロなので。)

 

Sponsored Link



 

ではどれくらい差が出ているのかというと、その結果が下のスクリーンショット。投資期間はほぼ3年です。

米国S&P500:38.16%

全世界(除く日本):35.18%

これをIRR(内部収益率)に直すと、

米国S&P500:11.4%

全世界(除く日本):10.6%

うーん、ほとんど変わらないな ww

今のところはS&P500の方がIRRで0.8%上回っていますが、今後はどうなるでしょう。両ファンドのリターンの競り合いは見ものです。

インデックス投資ってつまらないので、これくらいしか楽しみがないんですが ww

 

関連記事:

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

米国株インデックス一択か全世界株インデックスか

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国はイノベーションを起こす土壌がない??

  米国はイノベーションを起こす土壌がない?と聞くと驚きを感じますが、そんな土壌がかつてより失われつつあるという主張をけっこう見つけることができます。 中野剛志氏の「新説・企業論」という新書 …

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

  チャンドラです。   IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。 これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます …

「ダウ平均とナスダック100の乖離」でセクターローテーションのタイミングを知る。

  ニュース記事を見ていたらダウ平均とナスダック100の乖離というタイトルを見つけました。ブルームバーグの記事から。 8日の米株市場では125年の歴史を持つダウ平均が日中ベースの最高値を更新 …

まわりにインデックス投資してる人が全然いない・・・

  チャンドラです。   私の職場の度人間に何か資産運用をしているか聞いてみたところ、 何も投資していない人が50% 個別株に投資している人が30% マンション買って家賃収入を得て …

生涯年収を見積もって改めて感じる投資の必要性

  チャンドラです。   自分の生涯年収を見積もると、改めて投資の必要性を感じます。     老後資金は足りるか?   私の現在の年収は約650万です …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ