資産運用

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500と全世界株式(除く日本)を買い続けた結果。リターンの差は?

投稿日:2021年4月2日 更新日:




 

私がインデックス投資を始めるときに悩んだのが、S&P500か全世界株式(除く日本)のどちらを買うか。これはかなり悩みましたよ。

米国か全世界のどちらを買った方がリターンは高くなるかは、正直結論が出ていません。人に行かれても歯切れよく答えるのは難しいですね。(ちなみに日本を除いているのは日本経済成長には期待できないから。住むのにはいい国ですが ww)

というわけで、悩むのは面倒くさいし、まあ全世界も70%近くは米国なのでその差はゴミだろう、その差のゴミっぷりを見てやろうということで、両方をほぼ同額買い続けています。

正直これをやるとポートフォリオ全体の米国比重が高まって時価総額加重平均が崩れます。

その点で、私が普段から言っている「時価総額加重平均が最適なポートフォリオというのが現代ポートフォリオ理論の結論」とやってることが違ってくるのですが、まあ国単位では時価総額加重平均となっているのでヨシとしましょう。(そういう意味では米国株式だけ買っても平均はとれてませんからね。米国以外の株式がゼロなので。)

 

Sponsored Link



 

ではどれくらい差が出ているのかというと、その結果が下のスクリーンショット。投資期間はほぼ3年です。

米国S&P500:38.16%

全世界(除く日本):35.18%

これをIRR(内部収益率)に直すと、

米国S&P500:11.4%

全世界(除く日本):10.6%

うーん、ほとんど変わらないな ww

今のところはS&P500の方がIRRで0.8%上回っていますが、今後はどうなるでしょう。両ファンドのリターンの競り合いは見ものです。

インデックス投資ってつまらないので、これくらいしか楽しみがないんですが ww

 

関連記事:

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

米国株インデックス一択か全世界株インデックスか

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …

安全在庫の計算方法。決め手は消費量のランダムウォーク。

  前回の記事で「安全在庫」の考え方を紹介しました。 在庫数量 = 平均使用数量 + 安全在庫 安全在庫 = (安全係数) x (使用量の標準偏差) x √(調達時間) ここで米が大好きな4 …

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | ニッセイ みらいのカタチの場合

  チャンドラです。   保険会社から加入を勧められる個人年金保険ですが、保険会社の営業おばちゃんは年利を教えてくれません。何故なら年利が低すぎることを分かっているからです。 私が …

投資で資産を増やせば仕事がラクに感じる。だが落とし穴もある。

  投資で資産を増やせば仕事がラクに感じるのは正しいかもしれないな。 本業以外の株式投資とかである程度資産を増やすと、以前までは苦痛に感じていた仕事がラクに感じるようになると書いてました。 …

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

  過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか? 私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資して …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ