資産運用

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

投稿日:




 

S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。

構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりしたら、指数からは除外されます。

 

で、S&P500に採用されている企業はどれくらいの期間、構成銘柄として生き残っていられるのか?

今後の企業の平均寿命は15年~20年と予想されています。下のグラフで黄色は実績、赤は予想。

引用:INNOSIGHT

 

Sponsored Link



 

景気のサイクルの影響による寿命の上がり下がりは激しいですが、過去50年の長期的な傾向としては、寿命はどんどん短くなってきていることが分かります。

例えば1980年は30年ですが、2015年は25年です。2030年の予想値は15年。

 

また記事によると、(2017年時点で)今後10年で半分の構成銘柄が入れ替わる可能性があるそうです。

技術革新の急速な進展が主な理由です。古い企業が淘汰され、新しい勢いある企業の株価が伸びるのは、市場の新陳代謝が良い証拠。

これは喜ばしいことですが、たった平均15年で入れ替わる競争の激しさを考えると、長期間個別株をもつのは私には怖くてできませんね。

 

関連記事:

S&P500 各セクター比率の推移をグラフで見る

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

毎月配当金10万もらうより副業で10万もらう方がはるかに良い。

  配当金を月10万もらうか副業で月10万もらうか? 過去記事で書いたように配当金狙いで高配当投資は税金抜かれる点で問題外というのが個人的な考えです。そして配当金10万か副業で10万かといえ …

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …

【重要】アセットアロケーションとポートフォリオの違い

  アロケーションとポートフォリオの違いをあえて再確認します。 すると、実は重要な点が見えてきます。 参考記事:大和証券   アセットアロケーションとは? ・資産(アセット)の配分 …

株価が下がれば「爆損 ww」と自虐ネタに走る理由は合理的だから。

  株式投資をしていると自分が「コレだっ!」と選んで買った銘柄が大きく下がってしまうことはよくあるでしょう。私は個別株への投資はやらずインデックスに投資しているのですが、運用を開始した当初は …

投資方法の優劣はつけられるか?可能だが公平な比較は難しいと思う理由。

  インデックス・ファンドか、セクターETFか、成長銘柄か。はたまた高配当銘柄か。どの投資手法が一番大きなリターンを手にすることができるか?と問えば、その答えを出すのは難しいと思っています。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ