資産運用

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

投稿日:




 

S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。

構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりしたら、指数からは除外されます。

 

で、S&P500に採用されている企業はどれくらいの期間、構成銘柄として生き残っていられるのか?

今後の企業の平均寿命は15年~20年と予想されています。下のグラフで黄色は実績、赤は予想。

引用:INNOSIGHT

 

Sponsored Link



 

景気のサイクルの影響による寿命の上がり下がりは激しいですが、過去50年の長期的な傾向としては、寿命はどんどん短くなってきていることが分かります。

例えば1980年は30年ですが、2015年は25年です。2030年の予想値は15年。

 

また記事によると、(2017年時点で)今後10年で半分の構成銘柄が入れ替わる可能性があるそうです。

技術革新の急速な進展が主な理由です。古い企業が淘汰され、新しい勢いある企業の株価が伸びるのは、市場の新陳代謝が良い証拠。

これは喜ばしいことですが、たった平均15年で入れ替わる競争の激しさを考えると、長期間個別株をもつのは私には怖くてできませんね。

 

関連記事:

S&P500 各セクター比率の推移をグラフで見る

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

  私が現代ポートフォリオ理論に興味を持ったのがインデックス投資を始めてしばらくしてからです。 インデックス投資を始める前に読んだいくつかの書籍には、「インデックス投資が最も効率的な投資であ …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

S&P500絶好調の後に来る調整とか暴落に備えるマインドセット

  私が愛読する「市場サイクルを極める」からの引用。 軽視されたり、見落とされたりしているかもしれないが、私の経験から言うと、金融サイクルはおおむね対照的である。サイクルのあらゆる動きには「 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ