資産運用 金融工学

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

投稿日:

 




 

株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。

過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P500には上昇トレンド (価格変動モデルでいうドリフト項が正)があるわけですが、平均が7%というだけであってリターンは必ず7%の周りを上下しています。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

それは下のグラフを見れば分かります。これは1920年~2020年のS&P500の年間リターンをグラフにしたもの。ある時点の年間リターンはちょうど1年前の株価からどれだけ上昇したか?と定義しています。(各年度のリターンをプロットしたものでありません。)

私もやってみて驚いたのですが、明らかにサイクルが見えます。オシロスコープとか心電図で見るような波形。しかも周期がそこそこ同じに見えます。なんとなくですが ww

ある時点でリターンが30%だったら「おお!1年前よりも30%も上がった!!米国株ってすごい!!」と嬉しくなる (^^♪

一方、別の時点でリターンが-30%だったら「は?1年前よりも30%も下がったし!!米国株ってクソじゃないか!!」と憤る (# ゚Д゚)

このグラフをみればその繰り返しであることが分かります。そのサイクルを繰り返しつつも、長期で見れば株価は少しずつ上昇しているんです。年間リターン0%よりも上に来る頻度が、下に来る頻度よりも多いと言うこと。だから長期的には上昇。

 

Sponsored Link



 

このサイクルの周期がどれくらいなのかを分析してみるのは面白そうです。どんぶり勘定で3~5年のように見えます。ということは30年投資すれば6~10サイクルを経験することになります。

ハワード・マークスが言う「市場サイクルを見極めろ」というのは、短期ではなく長期的な目線をもってサイクルが存在することを認識しろ、ということなんでしょう。グラフを見れば一目瞭然です。

参考図書:

関連記事:

【投資の良書】レイ・ダリオ氏が推薦する図書「歴史の大局を見渡す」を読む。

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資は悦びを奪われた投資法

    言うまでもないがインデックス投資はヒマです。あくびが出るほどヒマ。もう、どうしようもないほど、ヒマ。 個別株でポートフォリオを組む人は多い。市場平均を超えるリターンを狙うこ …

労働収入と運用益を比較(インデックス投資2年目)

  インデックス投資を始めてちょうど2年近くたつので労働収入と運用益を比較してみました。2年間の合計値です。 労働収入 = 手取り – 生活費 運用益 = 評価額 – …

米国S&P500で年率10%のリターンを得る確率は何%か?

  米国S&P500のリスク・平均リターンは過去のデータから20%・7%です。7%は平均年率リターンなので、ある年は10%かもしれないし、別の年はマイナスかもしれない。あくまで平均値 …

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

  前回の記事ではS&P500の最適レバレッジが1.75倍であることを紹介しました。ポイントだけ再掲します。 (1) ポートフォリオにレバレッジをかけるとリスクとリターンが高くなる。 …

【企業型DC】前払い退職金を年率何%で運用すれば得するか?

  前回からの続きです。   私の会社では定年退職まで働き通せば、約2,500万円の退職金を受けとることができます。退職金を一括で受け取るときの税金は約100万円です。これらを考慮 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ