資産運用 金融工学

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

投稿日:

 




 

株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。

過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P500には上昇トレンド (価格変動モデルでいうドリフト項が正)があるわけですが、平均が7%というだけであってリターンは必ず7%の周りを上下しています。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

それは下のグラフを見れば分かります。これは1920年~2020年のS&P500の年間リターンをグラフにしたもの。ある時点の年間リターンはちょうど1年前の株価からどれだけ上昇したか?と定義しています。(各年度のリターンをプロットしたものでありません。)

私もやってみて驚いたのですが、明らかにサイクルが見えます。オシロスコープとか心電図で見るような波形。しかも周期がそこそこ同じに見えます。なんとなくですが ww

ある時点でリターンが30%だったら「おお!1年前よりも30%も上がった!!米国株ってすごい!!」と嬉しくなる (^^♪

一方、別の時点でリターンが-30%だったら「は?1年前よりも30%も下がったし!!米国株ってクソじゃないか!!」と憤る (# ゚Д゚)

このグラフをみればその繰り返しであることが分かります。そのサイクルを繰り返しつつも、長期で見れば株価は少しずつ上昇しているんです。年間リターン0%よりも上に来る頻度が、下に来る頻度よりも多いと言うこと。だから長期的には上昇。

 

Sponsored Link



 

このサイクルの周期がどれくらいなのかを分析してみるのは面白そうです。どんぶり勘定で3~5年のように見えます。ということは30年投資すれば6~10サイクルを経験することになります。

ハワード・マークスが言う「市場サイクルを見極めろ」というのは、短期ではなく長期的な目線をもってサイクルが存在することを認識しろ、ということなんでしょう。グラフを見れば一目瞭然です。

参考図書:

関連記事:

【投資の良書】レイ・ダリオ氏が推薦する図書「歴史の大局を見渡す」を読む。

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

  過去記事からの引用: インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果 …

金融庁がレバレッジETFへの投資注意喚起 ww 説得力はないな・・・。

  金融庁からレバレッジ型ETFへの投資に対する注意喚起が出ましたね。 でも正直なところ、この注意喚起には説得力がないと思います。(エラそうですんません ww) レバレッジ型ETF・インバー …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

リスク資産の最適な割合を計算するためのサミュエルソンの割合。

  前回の続きです。 株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか? そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的 …

【結論】マートンのポートフォリオ問題で最適なリスク資産割合を計算する。

  前回の続きです。 マートンのポートフォリオ問題とは、「個人の期待生涯効用を最大にするように最適な消費と最適な資産の組み合わせを決定する」という問題です。 「期待生涯効用」が分かりにくいと …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ