資産運用

S&P500暴落の歴史。COVID-19なんてまだまだ甘いな。すぐ回復したし。

投稿日:2021年2月22日 更新日:




 

Visualcapitalistからの引用。2020年はCOVID-19でS&P500指数は最大34%暴落しましたが、過去の歴史を見れば34%はまだまだ大したことがないようです。下のグラフ参照。

COVID-19: -34%

Black Friday: -29%

世界金融危機: -57%

ドットコムバブル: -49%

石油危機: -48%

Black Tuesday: -86%

 

Sponsored Link



 

上の6つが過去の大規模な暴落ですが、その中でもCPVID-19は下落開始から回復までの期間がたったの117日。Black Mondayは482日。それ以外は1000日以上もかかっています。

私もCOVID-19で株価が下がったけど積立を淡々と継続して・・・と余裕をかましていましたが、回復まで1000日もかかるとなると心穏やかにはなりそうにないですね。。。

今はまだ若いのでS&P500などの株式インデックスに集中投資していますが、年取ったら暴落しても下落しにくいポートフォリオに変えていく必要がありますね。

具体的には、レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオを参考にして米国債や金を混ぜるというやり方です。いつごろからやり出すかは今後考えていかないといけませんね。

 

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

証券会社とATM投資家

  前回の記事で気が付いたのですが・・・下の引用は読者様からの質問。 2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバー …

NISAの運用成績 | 楽天・全米株式インデックス | 2020年2月末

私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができる …

【意思決定理論】不思議なサンクトペテルブルクのパラドックス

  意思決定理論のにおける有名な問題の一つに、サンクトペテルブルグのパラドックスがあります。 数学者のダニエル・ベルヌーイがサンクトペテルブルグ科学アカデミーに滞在しているときに発案したので …

【簡単】会社員が副業で年間300万円稼いだ方法を公開

    会社員が副業で年間300万円稼いだ方法を公開   刺激的なタイトルですね。ネットで「副業」と検索すれば、私なら間違なくクリックしたくなるタイトルです。 会社員(= …

インデックスファンドに2年間投資した結果。利回りは?

  今月でインデックス投資を開始してちょうど2年が経過しました。 私は年平均利回り5%をターゲットにしていますが、実際の利回りは何%だったのか見てみます。   下は2018年以降の …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ