資産運用

S&P500暴落の歴史。COVID-19なんてまだまだ甘いな。すぐ回復したし。

投稿日:2021年2月22日 更新日:




 

Visualcapitalistからの引用。2020年はCOVID-19でS&P500指数は最大34%暴落しましたが、過去の歴史を見れば34%はまだまだ大したことがないようです。下のグラフ参照。

COVID-19: -34%

Black Friday: -29%

世界金融危機: -57%

ドットコムバブル: -49%

石油危機: -48%

Black Tuesday: -86%

 

Sponsored Link



 

上の6つが過去の大規模な暴落ですが、その中でもCPVID-19は下落開始から回復までの期間がたったの117日。Black Mondayは482日。それ以外は1000日以上もかかっています。

私もCOVID-19で株価が下がったけど積立を淡々と継続して・・・と余裕をかましていましたが、回復まで1000日もかかるとなると心穏やかにはなりそうにないですね。。。

今はまだ若いのでS&P500などの株式インデックスに集中投資していますが、年取ったら暴落しても下落しにくいポートフォリオに変えていく必要がありますね。

具体的には、レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオを参考にして米国債や金を混ぜるというやり方です。いつごろからやり出すかは今後考えていかないといけませんね。

 

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

<

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

  インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。 良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費や …

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

  チャンドラです。   主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。 1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。 少子 …

米国経済減速を見据えて積立金額を増やす

    チャンドラです。   私はSBI証券でインデックスに積立ています。主力は次のファンドです。 eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) eMAXI …

米国高配当・配当再投資戦略とインデックス投資を比較した

    株式投資の選択肢として高配当株式に投資し、配当を再投資するという戦略があります。 例えばエクソン・モービルやAT&T、コカ・コーラなどの米国高配当銘柄は長期間にわた …

GAFAMを除いたS&P495のパフォーマンス

  S&P500からGAFAM (Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoft)を除いた残りの495銘柄からなる指数 (S&P495) …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ