資産運用

2021年のS&P500絶好調は「何度も起きない」と思った方がいい。

投稿日:




 

2021年もほぼ終わりです。

S&P500は年初の3,700ポイントから年末 (今日時点)の4,568ポイントまで24%まで上昇しました。

私がS&P500過去データから調べたところによると、年率リターン7%、リスク20%。過去記事参照。

ざっくり言うと、リターンは7%程度になるのが「通常」なのですが、今年は24%、つまり7%の3倍以上のリターンを記録しています。

指数の変動が幾何ブラウン運動に従うと仮定すれば、リターンが24%を超える確率は22%。

つまり今年は「そんなに頻繁に起きるもんじゃないよね」ってレベルの上昇だったと思います。

FOMCは利上げペースの加速を示唆しているようです。利上げすれば株価も下がるか上昇スピードは落ちる傾向にあるので、2022年は今年ほど大きく上がらないでしょうね。

何が言いたいかというと、年率24%のリターンなんてそう何度も繰り返されないってこと。

長期インデックス投資なら給料をせっせと積み立てるだけなのでやることは変わらないんですが、

2021年は特別だったと考えておけば摩訶不思議な考え (株価は常に右肩上がり、リスク許容度を越えたレバレッジ、etc)に憑りつかれなくて済むと思います。

一種のセーフガードですね。

 

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

金融機関の窓口で資産運用の相談 ww その結果爆死 ww

  相手にもっと質問しろ。もっと相手の意図を探れ。 人材開発系の欧米人のオッサンと話したときに言われた言葉です。日本人はハイコンテキストな文化(みなが同じ価値観を共有する社会だから、伝える努 …

2021年に数百万円を一括投資するべきか?という質問をいただきました。ドルコスト平均を勧めると回答しました。

  読者様から質問をいただきました。 700万程度の現金をインデックス投資に回したいと考えているのですが、一括投資かドルコスト平均法で少しずつ投入か、悩んでます。 できるだけ早く入金すること …

米国株と金 (ゴールド)を混ぜたポートフォリオはシャープレシオを高める

  トウシルの「S&P500一本もちで大丈夫?」という記事では、分散効果を得るために、ポートフォリオに金 (ゴールド)を加えることを紹介しています。 S&P500に金を加える …

積み立てNISAは年初に40万円一括投資すべきか?

  読者様から質問をいただきました。コメント欄で返信済みですが、なかなか面白い質問だったので記事に残しておきます。 ちよっと長いですが、20年間長期投資するとして積立nisaの上限額40万円 …

米国株はバブルではない。2021年の展望。一番しっくりきた専門家の分析はこれだ!

    この記事が一番しっくりきました。マネックスの岡元氏の記事。 「相場をけん引するGAFAMに死角はあるのか、2021年の米国株展望」   米国株式市場はバブルなのか …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ