資産運用

2021年のS&P500絶好調は「何度も起きない」と思った方がいい。

投稿日:




 

2021年もほぼ終わりです。

S&P500は年初の3,700ポイントから年末 (今日時点)の4,568ポイントまで24%まで上昇しました。

私がS&P500過去データから調べたところによると、年率リターン7%、リスク20%。過去記事参照。

ざっくり言うと、リターンは7%程度になるのが「通常」なのですが、今年は24%、つまり7%の3倍以上のリターンを記録しています。

指数の変動が幾何ブラウン運動に従うと仮定すれば、リターンが24%を超える確率は22%。

つまり今年は「そんなに頻繁に起きるもんじゃないよね」ってレベルの上昇だったと思います。

FOMCは利上げペースの加速を示唆しているようです。利上げすれば株価も下がるか上昇スピードは落ちる傾向にあるので、2022年は今年ほど大きく上がらないでしょうね。

何が言いたいかというと、年率24%のリターンなんてそう何度も繰り返されないってこと。

長期インデックス投資なら給料をせっせと積み立てるだけなのでやることは変わらないんですが、

2021年は特別だったと考えておけば摩訶不思議な考え (株価は常に右肩上がり、リスク許容度を越えたレバレッジ、etc)に憑りつかれなくて済むと思います。

一種のセーフガードですね。

 

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

WealthNaviはポートフォリオをどのように決めているのか?を説明する。

  過去に「WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。」という記事を書きました。 WealthNaviで運用することの是非はさておき、そのア …

ぶちこみ続けて過去最高 | 2022年7月末の資産

  2022年7月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,282万円 前月より386万円増加   資産運用状況   投資金額:3,693万円 評価額: …

社畜の資産公開 | 3117万円(75万円増加)| 2020年1月末

  2020年1月の資産運用状況を公開します。 合計資産は31,172,619円で前月より75万円増加しました。   総資産の推移: 2019年11月:  28,812,554円( …

資産運用に有害な「後知恵バイアス」

  私はよくバンガード社のレポートに目を通します。理由は単純で、良い事を書いているからです。 同社は投資家の行動に関する行動ファイナンスに関するレポートを定期的に出しているのですが、その中で …

iツールで新興国株式のドルコスト平均法シミュレーション

  チャンドラです。     大和証券投資信託委託株式会社は投資信託のシミュレーションツールであるiツールを提供しています。 積立投資のシミュレーションにとても便利なツー …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ