資産運用

「社会人1年目からS&P500に投資してます」← もうね、君はもう勝ち組ですよ ww

投稿日:2020年12月9日 更新日:




 

最近の新入社員と話していると、社会人1年目から資産運用してますって人が結構多いんですよ。

何に投資してるの?と聞くと涼しい顔でS&P500ですって答えるんですよ。しかも毎月数万円の積み立てを最優先にしてそれを越える分は節約するなりして出費を抑えているらしいんですよ。

それを驚くとともに思うんですよ。「もう君は金で困ることはないよ。」と。本当に感心しました。

私が社会人になったころはリスク資産で運用しようなんて微塵も考えたこともなかったし、新入社員研修で資産運用の説明会がありましたがガン寝してましたからね。そのころのS&P500は1,200ポイント程度でしたから早くから運用しておけば評価益は今に比べて2倍以上あったと思います。本当に惜しいことをしたなと後悔してます。今更言っても仕方ないんですけどね。

 

Sponsored Link



 

人間、何のために仕事をするかと言えばまず一番初めに来る理由は金を稼ぐためで、やりがいとか自己実現は二の次でしょう。でれば、金を稼ぐだけでなくて金を増やすのも重要なのは言うまでもない。

過去記事で何度も書いていますが、株価が右肩上がりで上昇すると仮定すれば投資期間は長ければ長いほど平均リターンは増えます。さらに積み立て方式なら投資期間が長ければ長いほど元本割れ確率を下げることができるのです。

毎月5万円をS&P500 (年利7%)に投資するとすれば単純な複利計算で平均リターンは次の通り。

20年後の評価額: 2,632万円 (リターン2.2倍)

30年後の評価額:6,064万円 (リターン3.4倍)

これだけ差がつく理由は単純です。30年投資する場合は20年投資する場合に比べて資産をリスクに晒す期間が10年多く、さらにその額がはるかに多いので、21年目以降に資産の絶対値が増える額が多くなる。

社会人1年目なら年齢は22歳前後でしょう。65歳でリタイアするとすれば40年以上も運用できます。資産をリスクに晒す期間は長いです。S&P500か全世界株かどちらに投資するかは悩むところですが、どちらに投資するにしても早く運用を始めれば将来金に困ることはないと言えるでしょう。

とにかく若いうちから運用を始めるべし。人生の悩みは「金・健康・人間関係」と言われますが、これだけ守っておけば「金」の悩みはほぼ解決でしょう。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハワード・マークスの市場サイクル。「一番大切なのは、サイクルに注意を向けること」

  ハワード・マークス氏の「市場サイクルを極める」には市場のサイクルを理解する重要性が述べられています。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様 …

過去の米国S&P500に毎月3万円投資し続けた場合のリターンを計算

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月3万円を投資し続けた場合を考えます。 下のグラフが2 …

インデックスファンドに2年間投資した結果。利回りは?

  今月でインデックス投資を開始してちょうど2年が経過しました。 私は年平均利回り5%をターゲットにしていますが、実際の利回りは何%だったのか見てみます。   下は2018年以降の …

2021年に数百万円を一括投資するべきか?という質問をいただきました。ドルコスト平均を勧めると回答しました。

  読者様から質問をいただきました。 700万程度の現金をインデックス投資に回したいと考えているのですが、一括投資かドルコスト平均法で少しずつ投入か、悩んでます。 できるだけ早く入金すること …

iツールで新興国株式のドルコスト平均法シミュレーション

  チャンドラです。     大和証券投資信託委託株式会社は投資信託のシミュレーションツールであるiツールを提供しています。 積立投資のシミュレーションにとても便利なツー …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ