資産運用

米国S&P500に投資して資産を10倍にできる確率は意外に高い

投稿日:




 

私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。S&P500の過去の実績によれば年平均リターンが7%、標準偏差が20%程度で推移してきたことが分かります。

前回の記事で紹介しましたが、株価の動きは「ある一定の方向に動く」と「ランダムに動く」の2つの効果を考えてモデル化すると、リターンの分布を計算することができます。

言い換えると、X年後にリターンがY倍になる確率を計算することができるのです。

いくらS&P500に投資したからといってリターンを10倍にすることができるわけないだろうと感覚的に思うわけですが、じゃあその確率は小さくてもいったい何%なのかはちゃんとした数式で計算することができるのです。

ではその確率は1%なのか?それとも0.0000001%なのか?計算してみましょう。

株価はどう動くか?現代ポートフォリオ理論の考え方を分かりやすく説明します

 

Sponsored Link



 

さすがに1年や2年でリターン10倍というのはあり得ない話なので、長期投資を前提として20年間投資すると仮定します。問いは「S&P500に初年度に一括投資して20年後にリターンが10倍になる確率は何%か?」です。

年平均リターン7%、標準偏差20%として20年後のリターンの分布を計算したのが下の図。リターンが10倍以上になる確率は赤い部分を積分した値と等しい。

20年後にリターンが10倍になる確率は7.3%だと分かりました。意外と高いな ww

ついでに20年後に2~10倍になる確率をそれぞれ計算したのが次のグラフです。2倍になる確率は63%、3倍になる確率は46%・・・と徐々に下がっていきます。

それにしても7.3%というのは意外に高いな、というのが私の感想です。計算前は0.01%くらいかなと思っていましたが。。。

ところで前回の記事ではリターンの平均をexp(μt)で計算できることを説明しました。この式によると20年後のリターンの平均は4倍だと分かります。10倍よりだいぶ低いですが、あくまで「平均」だという点に注意すべきでしょう。

なぜ10倍ものリターンを得る確率が予想外に高いのかも、リターンの分布を見れば分かります。下の図はリターンの分布がそのように変化するかを示したものです。

これを見れば時間が経てば経つほど裾が立ち上がることが分かります。つまり高いリターンを得る確率が徐々に大きくなるということなんです。

これが長期投資で高いリターンを得る確率を高めることができるという、その種明かしなんです。

 

関連記事:

現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説しています。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

  人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。 ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増や …

資産運用は総合力でやるもの

  数か月前にブログ村で個別株に集中投資していた投資家がインデックス投資家に転向した。突然の転向は驚きをもって迎えられた。その投資家はコロナショックによる株価の暴落に精神的に耐えきれなくなり …

インデックス投資運用成績 | 2020年4月中旬 | 改善の兆し ww

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:40万円 積立総額:2,316万円 評価額:2,186万円 損益:-130万円 (-5.9%)   …

減った | 運用成績 | 2020年9月第1週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,670万円 評価額:3,073万円 先週の損益:+442万円(+14.2%) 今週の損 …

米国S&P500 ゴールデンクロス成立 | インデックスの損益も増加

  チャンドラです。   3月の下旬は米国債市場で逆イールド現象が起きました。 長期金利の利回りが短期金利を下回る現象が逆イールドです。逆イールドは景気後退のサインだと言われていま …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ