資産運用

米国S&P500に投資して資産を10倍にできる確率は意外に高い

投稿日:




 

私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。S&P500の過去の実績によれば年平均リターンが7%、標準偏差が20%程度で推移してきたことが分かります。

前回の記事で紹介しましたが、株価の動きは「ある一定の方向に動く」と「ランダムに動く」の2つの効果を考えてモデル化すると、リターンの分布を計算することができます。

言い換えると、X年後にリターンがY倍になる確率を計算することができるのです。

いくらS&P500に投資したからといってリターンを10倍にすることができるわけないだろうと感覚的に思うわけですが、じゃあその確率は小さくてもいったい何%なのかはちゃんとした数式で計算することができるのです。

ではその確率は1%なのか?それとも0.0000001%なのか?計算してみましょう。

株価はどう動くか?現代ポートフォリオ理論の考え方を分かりやすく説明します

 

Sponsored Link



 

さすがに1年や2年でリターン10倍というのはあり得ない話なので、長期投資を前提として20年間投資すると仮定します。問いは「S&P500に初年度に一括投資して20年後にリターンが10倍になる確率は何%か?」です。

年平均リターン7%、標準偏差20%として20年後のリターンの分布を計算したのが下の図。リターンが10倍以上になる確率は赤い部分を積分した値と等しい。

20年後にリターンが10倍になる確率は7.3%だと分かりました。意外と高いな ww

ついでに20年後に2~10倍になる確率をそれぞれ計算したのが次のグラフです。2倍になる確率は63%、3倍になる確率は46%・・・と徐々に下がっていきます。

それにしても7.3%というのは意外に高いな、というのが私の感想です。計算前は0.01%くらいかなと思っていましたが。。。

ところで前回の記事ではリターンの平均をexp(μt)で計算できることを説明しました。この式によると20年後のリターンの平均は4倍だと分かります。10倍よりだいぶ低いですが、あくまで「平均」だという点に注意すべきでしょう。

なぜ10倍ものリターンを得る確率が予想外に高いのかも、リターンの分布を見れば分かります。下の図はリターンの分布がそのように変化するかを示したものです。

これを見れば時間が経てば経つほど裾が立ち上がることが分かります。つまり高いリターンを得る確率が徐々に大きくなるということなんです。

これが長期投資で高いリターンを得る確率を高めることができるという、その種明かしなんです。

 

関連記事:

現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説しています。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

毎月配当金10万もらうより副業で10万もらう方がはるかに良い。

  配当金を月10万もらうか副業で月10万もらうか? 過去記事で書いたように配当金狙いで高配当投資は税金抜かれる点で問題外というのが個人的な考えです。そして配当金10万か副業で10万かといえ …

他人の金を運用するのと自分の金を運用するのは違う

    私は投資を開始してから一貫してインデック投資を続けている。個別株やレバレッジ型ETFに浮気をしたことはない。 こんなケースを考えてみる。もしも私の親戚や極めて親しい友人が、 …

SPY (S&P500指数)とSPYD(S&P500高配当指数)の過去チャートを比較しても何の意味もない。ムダムダァ ww

  SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のパフォーマンスを比較するためによくやるのが過去チャートの比較。 例えばコレ。過去5年のパフォーマンスを …

20年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?速攻で尽きるので30年は投資した方がいいな ww

  前回の記事では毎年50万円を年率7%で30年間運用した後、引退後にいくら引き出していけばいいかを検証しました。 引退後にずーっとリスク資産を保有し続けるのではなく、20年後に売り切るため …

安全在庫の計算方法。決め手は消費量のランダムウォーク。

  前回の記事で「安全在庫」の考え方を紹介しました。 在庫数量 = 平均使用数量 + 安全在庫 安全在庫 = (安全係数) x (使用量の標準偏差) x √(調達時間) ここで米が大好きな4 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ