金融工学

米国S&P500に最低何年投資すべきか?元本割れ確率をゼロにするには最低10年必要。

投稿日:




 

インデックス投資するなら短期ではなく長期でやるべきです。理由は簡単で長く投資すればするほど高いリターンを得ることができるからです。

だから投資を始めるなら若ければ若いほどいい。理想的には社会人1年目の20代前半から積み立てを始めれば引退するまで40年近く投資できるので、老後は安泰でしょう。

とはいえ、40代や50代から投資を始める人だっているでしょう。私も残念ながらインデックス投資を知ったのが30代前半なので開始するのが遅かった組でした。

投資開始するのが遅ければ投資する期間も減るわけですが、じゃあ最低何年間投資するべきなのか?は気になるところです。これを元本割れ確率の観点から考えてましょう。

 

Sponsored Link



 

そもそもインデックス投資を始める人は、高リスクな金融商品に手を出して短期で稼ぎたいというよりは、堅実に資産を増やしたいが、元本割れは絶対ヤダという人が多いと思っています。

過去記事で紹介済みですが、元本割れ確率は投資期間が長いほど下がる傾向にあります。S&P500のリスク・リターンを株価変動モデルの式に代入して元本割れ確率を計算したのが下のグラフです。過去記事からの引用。

一括投資だとなかなか元本割れ確率は減りにくい。一方で積み立て投資ならリスクを10年以上投資すれば元本割れ確率をほぼゼロにできます。理由は過去記事を参照。

というわけで、20年・30年も投資は無理という人は、最低10年投資し続けることを目指しましょう。

1年や2年だと元本割れする確率は高いですが、10年やればその確率を激減できます。

 

関連記事:

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。 (1) 株価が幾何ブラ …

米国S&P500の3倍レバレッジ。リターン中央値・平均値の乖離を歪度で検証する。

  S&P500に3倍レバレッジを加えると中央値が下がると過去記事で書きました。 株価が幾何ブラウン運動に従って変動すると仮定した結果です。レバレッジをかければかけるほどリターンの平 …

S&P500の過去リターンをヒストグラムで見る。非対称なグラフが示す成長性。

  過去記事でS&P500の年平均リターンは7%だと紹介しました。1928年~2020年の期間で365日間のリターンをヒストグラムにして算出した結果です。詳細は過去記事参照: 米国S …

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

  私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。 この年率リスクとリターンは過去の実績から計算し …

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

  人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。 ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増や …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ