金融工学

米国S&P500に最低何年投資すべきか?元本割れ確率をゼロにするには最低10年必要。

投稿日:




 

インデックス投資するなら短期ではなく長期でやるべきです。理由は簡単で長く投資すればするほど高いリターンを得ることができるからです。

だから投資を始めるなら若ければ若いほどいい。理想的には社会人1年目の20代前半から積み立てを始めれば引退するまで40年近く投資できるので、老後は安泰でしょう。

とはいえ、40代や50代から投資を始める人だっているでしょう。私も残念ながらインデックス投資を知ったのが30代前半なので開始するのが遅かった組でした。

投資開始するのが遅ければ投資する期間も減るわけですが、じゃあ最低何年間投資するべきなのか?は気になるところです。これを元本割れ確率の観点から考えてましょう。

 

Sponsored Link



 

そもそもインデックス投資を始める人は、高リスクな金融商品に手を出して短期で稼ぎたいというよりは、堅実に資産を増やしたいが、元本割れは絶対ヤダという人が多いと思っています。

過去記事で紹介済みですが、元本割れ確率は投資期間が長いほど下がる傾向にあります。S&P500のリスク・リターンを株価変動モデルの式に代入して元本割れ確率を計算したのが下のグラフです。過去記事からの引用。

一括投資だとなかなか元本割れ確率は減りにくい。一方で積み立て投資ならリスクを10年以上投資すれば元本割れ確率をほぼゼロにできます。理由は過去記事を参照。

というわけで、20年・30年も投資は無理という人は、最低10年投資し続けることを目指しましょう。

1年や2年だと元本割れする確率は高いですが、10年やればその確率を激減できます。

 

関連記事:

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じる。ただし「2.5倍」は対価のスケールによると思う。

  「私とあなたでジャンケンして買った人が1万円もらえます。負けた人は1万円払います。あなたはやりますか?」 もちろん私はやりません。1万円失うなんて怖すぎるから ww 行動ファイナンスの実 …

「リスク=損しやすさ」は間違いです。リスクの意味は正規分布で捉えると分かりやすい。

  「その金融商品に投資するのはリスクが大きいのでやめたほうがいい」と聞くと、「この商品は損しやすいのか」と解釈してしまいやすい。しかしながら「リスク=損しやすさ」という考えは正しくありませ …

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

  前回の記事ではS&P500の最適レバレッジが1.75倍であることを紹介しました。ポイントだけ再掲します。 (1) ポートフォリオにレバレッジをかけるとリスクとリターンが高くなる。 …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。 前回の記事で紹介しましたが、株価の動きは「ある一定の方向に動く」と「ランダムに動く」の2つの効果を考 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ