社畜

「社会に貢献したい」という青臭さと自己満足 ww

投稿日:2020年8月23日 更新日:




 

私もサラリーマンなので会社にコントロールされながら生きていますが、少なくとも小さいながらも何かを成し遂げて、社会に何かを残したいという矜持は持ち続けたいと思っています。そのためには社畜と蔑まれようが構いませんよ ww

「社会に貢献したいです。」なんて事を人前で言うと、大学生ならいざ知らず社会人なら失笑されるでしょう。「青臭いこと言ってんじゃねえよ」と。

上で引用したのは私の前の記事からの引用ですが、案の定「社会に貢献とか青臭い ww 自己満足だろ ww」という反応を頂きました。

その通りなんだな、それが ww

「社会に貢献したい」という思いは崇高な考えだと思いますが、一方で書いている私自身も、その言葉になにかナルシティズム的な匂いを感じるし、そしてやはりサラリーマン生活の現実を度外視した青臭さを感じるのは事実です。

それは何故かと言うと、「社会に貢献」という言葉がとてもふわっとしていて、シュークリームの外皮みたいになんだかスカスカに感じるからでしょう。つまりもう少し、具体的な言葉が必要ということになる。

私がどんな活動が「社会に貢献」と言っているかというと、それは次の2つです。(1) 社会秩序の維持 (2) より良い方向に向かうための秩序の破壊

 

Sponsored Link



 

(1)の「社会秩序の維持」というのは、要するに現在うまく機能している公共の秩序を維持するということです。たとえば新型コロナウイルス感染拡大でマスクが一時的に不足したとすれば、ある企業はマスクを増産して元の秩序、つまりマスクを手に入れやすい状態、を取り戻すように活動する。

すでに多くの人は自分の役割を得て働いていて、その結果として今の秩序が維持されているんです。私がマスク工場で働いているとして、「やる気ないわ」なんて言いながら適当な仕事をして納期遅延とか欠陥品納入なんてことをやったとします。そうすると一時的にある店でマスクが足りなくなったりして困る人間が出てくるわけです。

たとえそれが全国で1000万枚売られているうちのたった100枚だとしても、困る人が少しはいるわけです。そういう意味では毎日何気なく働いていたとしても、秩序の維持には貢献していると言えるでしょう。

普段やっている仕事が「これ何の役に立つの?」と疑問を抱きながら働いている人も多いと思います。そう思うのは、おそらく「秩序の維持」が地味でド派手さがないのと、自分の行動の結果が社会にわずかでもどう影響しているかが想像しにくいからだと思います。

 

Sponsored Link



 

 

(2)の「より良い方向に向かうための秩序の破壊」というのは、「秩序の維持」とは反対の考え方です。例えば、もっと人の生活が向上するような新しい製品やサービスの開発とかです。それまで市場で販売されていた既存の製品・サービスにとって代わるものが供給されるという意味で、「秩序の破壊」と言っています。

ただしあくまで人の生活が向上するとか、問題を解決するとか良い意味での破壊です。売ったけど売れないとか、売ったけど新たな問題が発生させてしまった、というのは悪い意味での「秩序の破壊」と言えるでしょう。

 

で、結局何が言いたいかというと、おそらく「社会に貢献」といっても、働くほとんどの人はそれを失笑するし、その理由は「秩序の維持」に従事する人が多くて「貢献している」という実感を得るのが難しいからでしょう。

「良い意味での秩序の破壊」、つまり新製品を出して世の中を便利にする、たとえばAmazonが小売りの世界を変える、のようなド派手な貢献は、一部の成功者か、大きな事業を手掛ける大企業がやってる、自分には関係のないお話しだと感じてしまうわけです。

でも、それは「気持ちの持ちよう」ではないかと思うのです。上に書いたように「秩序の維持」も立派な貢献である以上、「社会に貢献してまっせ」と胸張って言っていいんじゃないでしょうか?

自己満足だろうがいいんですよ。自分の仕事の結果が、その先の別の人にどのように影響し、その結果として社会にどう影響しているか?もし自分が手抜きしたら、どう悪く影響しているか?考えてみて、ちょっとでも影響を与えているのなら、やはり社会に貢献していると言えると思います。そこで胸を張ればいいんです。

もし、いくら考えてもそれが思いつかないのなら・・・もし逆に真面目に働いても社会に悪い影響しか与えていないのなら・・・。その場合は、考えるのはやめてそこで働き続けるか、転職するかしましょう ww そこで働き続けるのも手ではありますが、「社会に貢献してまっせ」というポジティブ・シンキングは諦めざるをえないでしょう。

ただし仕事と言うのはそもそも辛いものなので、ポジティブ・シンキングなしに辛いし仕事に従事し続けるのは、苦痛なのは言うまでもありません。

 

うまくいっている人の考え方:

昔に読みました。内容は忘れましたがポジティブ・シンキングは確かこれで身に付けましたという記憶だけある ww

関連記事:

サラリーマン退職後の現実 ww 「毎日が日曜日」

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無意識に買い占めに加担していたかもしれない

Sponsored Link     会社帰りにスーパーに寄った。自炊用の食材を買うため。 ふと缶詰コーナーの前を通ったとき、普段より缶詰の量がかなり少ないことに気が付いた。東京都 …

社畜が「おまえは物事を表層的にしか見ていない」と上司にブチ切れされた話。振り返れば金言だった ww

  仕事でミスをしてトラブルを起こしてしまうことって誰でもあります。そこで同じトラブルを繰り返すことを防ぐにはどうすればいいかというと、過去に起きたトラブルの原因や結果を書き物で残して組織の …

メガバンクが口座維持手数料をとる?ネット銀行で口座作れば問題なしでしょ

  メガバンクが預金者から口座維持手数料をとるようになるかもしれないと予測されています。 預金口座は維持・管理するために一定のコストがかかっており、そのコストが高まっていることが理由です。 …

コミュニケーション能力とは結局何か

チャンドラです。   今回はコミュニケーション能力とは何かについて書いてみます。     コミュニケーション能力とは?   私が社会人になる前に就職活動をしてい …

S&P500のリターンはどう変化してきたのか?グラフ化してみた。

  長期的に見れば継続して上昇しているのが米国株価指数S&P500。 このグラフだけ見ても年率のリターンがどれくらいか、リターンがどのように推移してきたかは見えない。リターンの変化を …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ