資産運用

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

投稿日:




 

30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ ww

日本人同士だと基本的にプライベートな話はしないんですが、欧米人ってよく「家族を大切にしろよ」とか言ってくるんですよね。特に白人のオッサン。オレは独身だと答えたら「お前独身なの?サイコーじゃないか!結婚は最悪だよ。オレは一生嫁のATMだぜ! HAHAHAHA !」とか言ってくるんですよね。知らねえよという感じですが ww

そこでふと思ったのですが、このまま一生独身だとどれだけ資産を築けるのでしょうか?まさに禁断のシミュレーションをやってみましたよ ww

 

前提条件

(1) 現在の保有資産:現金500万円、インデックスファンド:2500万円

(2) 今の会社に一生奉仕し続ける。退職するまで倒産しないと仮定。年齢ごとの給与推移はサイトを参考にした。

(3) 手取りは給与の70%。生活費は50%。残りの50%を現金かインデックス投資にまわす。現金比率は(年齢 – 20)%とする。例えば35歳のときは15%を現金に、85%をインデックスにまわす。

(4) インデックスはこれまで通りS&P500と全世界株式。簡単のために両方のリスク・リターンはS&P500の過去の実績であるリスク16.3%・リターン7%とする。

(5) インフレは毎年1.0%とする。つまり現金の価値は減る。

(6) ドル円の為替変動は考えない。

(7) 家と車は買わない。

 

計算結果

計算結果は次の通りです。株式資産はモンテカルロで5000回計算した平均値を使っています。

 

株式資産:4.2億円

現金:2,700万円

合計:4.5億円

 

株式資産は5000回計算して最大・平均・最小を計算しました。

最大:48億円 (ありえない ww)

平均:4.2億円

最小:3,800万円

 

最悪ケースでも3,800万円。現金も加えると6,500万円です。年金ももらえるのでまあ生きていけるでしょう。

というわけで一生独身の場合は株式資産4.2億円、現金2,700万円という結果になりました。これだけあればもうリスクをとる必要もないので株式は全て現金に変えると思います。20%を税金でもっていかれるので、最終的な現金は合計3.5億円くらいですね。

私は都内に住んでいますが、人が多いだけで人情もないし物価も高いし大地震のリスクもあるので、退職したらすぐさま地元に戻る予定です ww すでに住みたい地域は決めているのでそこで家を買って余生を楽しみますよ。そして2年くらいかけて中国やインドの辺境やシルクロードをゆっくり旅したいですね。カイラス山や平和になったらアフガニスタンの仏跡にも行ってみたいなあ。その頃には開発され尽くしているかもしれませんが。。。

 

4億とか少なすぎだろww という方はこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

本多静六「私の生活流儀」| お金は人を測る尺度

チャンドラです。   以前、本田静六氏の「私の財産告白」紹介しました。 本多氏は日本の林学博士で、苦労して東大教授になった後、巨万の富を築きました。自己啓発系の本としてはかなり有名な本なので …

コロナ禍で儲けた富裕層がディスられている?

  米富裕層の資産がコロナ禍の3か月で62兆円!増えたそうです。CNNの記事から。 過去のおよそ3カ月間で、米国の富裕層の資産が5650億ドル(約62兆円)増えていたことが分かった。同国の進 …

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

証券会社とATM投資家

  前回の記事で気が付いたのですが・・・下の引用は読者様からの質問。 2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバー …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ