社畜

社畜が今さら「手に職を付けろ」の重要さを噛みしめる。

投稿日:2021年10月7日 更新日:




 

手に職をつける:

職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を、獲得すること。

私も若手の頃はとにかくシャカリキに働いて、仕事のやり方とかある特定分野の技術を身につけるべく努めてきました。

それはそれで大事な事なんですが、その分野が広く一般社会においても需要が高い分野であるかどうか?という点においては、実は盲目的だったと反省することが最近多いんです。

「手に職をつける」よう努めてきたが、実は社外ではそんなに需要は大きくないっていうね。

需要がゼロっていうわけではないんですが、産業構造の変化とか人口減少とか、いろんな複合的な要因で確実に需要が減りつつあるのをヒシヒシと感じています。

で、新しい分野にもチャレンジしてるんですが、これって結構大変なんですよね、、、

 

Sponsored Link



 

山崎元氏がFIREに対する見解を書いた記事があるんですが、こんなふうにあります。

「FIRE」を目指す若者について心配なのは、人的資本への投資効果が大きい人生の大事な時期に、金融資産の蓄積に励むあまり、爪に火(fire!)を灯すようなつましい生活をして、人間がツマラナク小さくまとまるのとともに、将来「稼げない人」として人生を送るようになることだ。若い人にあえて言いたい。「もっと、自分のためにお金を使おう!」。 ・・・

しかし、読者の皆さんには、若い頃から好きな仕事で働くいっぽう、自分自身の知識・スキル・経験などに惜しみなく時間とお金を使って、それを高齢まで維持できるような、「冬でも(高齢でも、不景気でも)食べていけるたくましいキリギリス!」のような大らかで強い人の人生を歩んでほしい。黙々と貯蓄するアリさんばかりではつまらない。

 

人的資本への投資と書いてますが、私が思うに「投資すべきなのは20年後・30年後にも需要が期待できる技術」である点は見逃せないと思うんです。

なので、将来の需要が期待できないか、需要は細々と存在し続けるけれども比較的容易に身に付けることが出来てかつ叩かれそうな技術を身に付けても食っていけないと思うんですね。

じゃあその「20年後・30年後にも需要がある技術」とはなんぞや?と聞かれると、知らんというのが本音なんですがね~

 

関連記事:

【兼業】カンボジアでゲストハウス経営するITエンジニア

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本すごい系は気持ち悪いのでもうやめてほしい

  日本スゴイ系のテレビ番組とかネット記事がやたら多いのですが、見るたびに気持ち悪いな、と思います。 テレビで外国人に「日本のどこがすごいと思いますか?」と聞くとか、よくそんな恥ずかしいこと …

【社畜の雑談】百済観音

  私は寺社仏閣を見に行くのが好きです。 もともと人が多くて混雑している東京は好きではないのですが会社が都内にあるのだから仕方がない。というわけで毎年実家に帰省するときは近くの寺や神社を見に …

スマホの電話番号を変えたが全く不便ではなかった ww 不動産業者の電話営業がウザすぎて変更。

  スマホの電話番号を変えたんですよ。理由は不動産業者の投資マンション勧誘電話がウザすぎるから。 ブラックリスト登録しても次から次へとかかってくるんですよ。何件ブラックリスト登録させんだよと …

【恐怖】「私の部屋を貸すわよ」と交渉してきた謎のバアさん

  私が社会人になったころは会社の社宅に住んでいました。 私は地方出身なので土地勘もなく、上京してきた当時は土地勘を養うために社宅の周りをウロウロしていたのですね。   ある日、社 …

私が見てきた出世する人の特徴は間違いなくアレだ!

  チャンドラです。   私は企業で働き始めて8年目です。 社内や社外含めて多くの人と働いてきましたが、出世した人や出世すると見込まれている人には共通点があることに気が付きました。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ