書評 資産運用

バカでも分かるように!資産運用を流行らせる方法

投稿日:2019年12月11日 更新日:




 

人を変えたければ、とびきり明確な指示を与えなければならない。

 

 

ダン・ハース氏の著書「スイッチ!」には、人を変えるためのヒントがたくさん書かれています。

そのなかの一つが、人に指示をするときはとにかく明確にしろ、ということです。

下が一例です。

 

ウエストバージニア大学の研究者は、州の住民が健康的な食生活を送るために何をすればいいか考えていた。健康的な食生活を送る方法は考え出せばキリがない。

研究者たちは大抵のアメリカ人が牛乳を飲み、牛乳に多くの飽和脂肪が含めれているのに着目した。牛乳をホールミルクから低脂肪乳に変えれば、脂肪摂取量を減らせる。

そこで彼らは自治体でキャンペーンを開始し、テレビや新聞で二週間にわたって住民に低脂肪乳を飲むように宣伝した。ある広告ではホールミルクにベーコン5枚分の脂肪が含まれていることを試験管を使って実演した。

キャンペーン後、低脂肪乳の市場シェアが18%から41%に伸びた。

 

この例を見て分かる通り、住民がするべきことは明確です。

低脂肪乳を飲む。ザッツオールです。

「もっと健康的に行動しよう」と訴えても解釈のしかたは様々。

だから選択肢を減らしてしまうのです。

選択肢が少なければ少ないほど、人は行動に移せるからです。

人を変えたければ、「もっと健康的に行動しよう」と訴えてもだめだ。

むしろ、「次にスーパーの乳製品コーナーに立寄ったら、ホールミルクではなく低脂肪乳に手を伸ばしなさい」というべきなのだ。

 

Sponsored Link



 

「貯蓄から投資へ」という言葉が広がっています。

投資を広げていく方法も、「スイッチ!」で紹介されているように、投資初心者が何をすべきかをとびきり明確にしないと、投資は定着しないでしょう。

 

下は私がやっている方法ですが、

(1) SBI証券に口座を作る

(2) 全世界株式と米国株式のインデックス・ファンドを買う

(3) ファンドは手数料ゼロで信託報酬が安い、emaxis slimを選ぶ

(4) 毎月定額を買って積み立てる。途中でやめない。

(5) NISAや確定拠出年金をフル活用

 

やっていることは山崎元氏の「ほったらかし投資」に書いていることそのままです。

この本で紹介している方法はとにかく明確なのです。

やることが明確だからこそ、人を動かすことができるのです。

私も実際この本を読んでインデックス投資を始めましたしね。

投資のトの字も知らない私ガッ!

 

 

ただしやることが明確だからと言って、それに飛びついて行動すればなんでもうまくいく、というわけではありません。

証券口座の窓口で手数料が高いクソみたいな投信を買わされる人がいます。それが一例です。

対面で「投信買いたい」といえば、当然具体的な金融商品を紹介されます。

ゴチャゴチャ迷うくらいなら金融のプロが薦めた商品にしよう。(何も考えなくていいし!)

こうして高い手数料を取られてしまう。

 

対面営業で高い手数料の投信を紹介されるのは目に見えています。

ということは下で(0)を加えれば、さらにやることが明確になり、ボラれる可能性もなくなるでしょう。

 

(0) 営業マンから決してファンドを買わない。

(1) SBI証券に口座を作る

(2) 全世界株式と米国株式のインデックス・ファンドを買う

(3) ファンドは手数料ゼロで信託報酬が安い、emaxis slimを選ぶ

(4) 毎月定額を買って積み立てる。途中でやめない。

(5) NISAや確定拠出年金をフル活用

 

ちなみにこの「スイッチ!」という本はケーススタディが多く実践的でかなりおススメです。

仕事の先延ばし、禁煙の失敗……個人も組織もなかなか変われないのはなぜ?
それは私たちのなかで「象〈感情〉」と「象使い〈理性〉」が闘っているから。
短絡的だけれど前に進むエネルギーにあふれた象と、
頭でっかちだけれど長期的な計画性に富んだ象使い。
わずかな工夫でこの両方に訴えかければ、変化は驚くほど簡単に起こすことができる!
ビジネス界で大人気のハース兄弟が、変わるための3つの実践的プロセスを明かす!

 

関連記事:

やっぱり投資もシンプル・イズ・ベスト

京大卒で月収14万円

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-書評, 資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    そこまで説明したんだが、俺の友達はSBIに口座の作り方がわからなくて断念したよ。
    サラリーマンやってて時間とか精神に余裕がないとそんなちょっとしたことがものすごく面倒に感じるんだろうなあ

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      確かにネットの証券口座を作る書類仕事が一番めんどくさいですね。同感です。

      自力で口座をストレスなくつくれるように、動画とかあったらいいかもしれませんね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国S&P500の将来のリターン予測

  チャンドラです。   過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のこと …

インデックス投資の買付額と損益が分かるグラフ

  チャンドラです。   インデックス投資はヒマです。 毎週同じ金額を積み立てて放置しておしまい。たまに損益を確認するだけ。 ドルコスト平均信者なら、投資対象(株・債券・REIT) …

米国情報技術セクターは2年連続トップをとるか?

  2007年以降のセクター別パフォーマンスを見ていると、どうも情報技術セクターとエネルギーセクターのリターンは負の相関関係があるように見えます。 つまり、情報技術セクターのリターンが高いと …

S&P500 遂に3000ポイント超え! | 運用状況

  チャンドラです。 米国S&P500が遂に、史上最高の3000ポイントを超えました。 パウエルFRB議長が利下げに前向きな証言を行ったことが株価上昇の大きな要因になりました。金利が …

コンサルが見た成長する企業の特徴

  チャンドラです。   成長する企業とはどのような企業でしょうか? 市場で勝ち残り成長を続ける企業と、市場で勝ち残れない企業の違いは、外見からみて分かるのでしょうか? 面白いこと …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ