社畜

シンガポールに移住とか絶対嫌だな。ヒマすぎて死んでしまうと思う ww

投稿日:




 

「プライベートバンカー 節税攻防都市」という本。シンガポールに移住した大富豪たち相手に奮闘するプライベートバンカーを描いていて、かなり面白いのですが。。。

「あかん、もう退屈で死にそうや。日本に帰りたいわ」

男は五十がらみ、「カウス」という綽名が付いている。吉本興業大阪の漫才コンビ、中田カウス・ボタンのボケ担当にそっくりなのである。・・・

「やることがないのや。ヒマなんが一番怖いのう」

「何を言ってるんですか、また!贅沢ですよ」

女性から軽くたしなめられたカウス氏はうつむいて、しばらくするとまた愚痴り始めた。

「わしな、毎日、手帳にバツ印をつけて数えているんや。あと何年と何日ってな。一日が過ぎると大きくバツを書き入れるんやが、五年は長いなあ。大阪に戻りたいな」

彼は関西でパチンコ屋や不動産業を手広く営んでいたが、それらの多くを売ってシンガポールに移住してきた。永住権も取得済みだ。・・・シンガポールが不動産バブルということもあって、ぶらぶらと日々を送るだけで毎年数千万円は増えていく計算だ。

「だったら、また日本に帰ってくればいいじゃないですか。おカネならいくらでもあることだし・・・」

「そうはいくかい!」

「わかってるやろ、わしは一年の半分以上はシンガポールにおらんといかん」

・・・つまり、183日(1年の半分以上)を海外で暮らし、それを五年間も続けていれば、海外資産の相続税は払わなくても済むようになるーというのである。

 

Sponsored Link



 

シンガポールに5年はなかなかヤバイですね

私は出張で合計2週間程度滞在したことがありますが、正直いって2週間の生活で十分ですよ、シンガポールは。すぐ飽きます ww

確かに教育の観点からは素晴らしいんですよ。アジアで一番かも。

シンガポール大学や南洋理工大学出身の人と話したことがありますが、抜群に優秀でした。南洋理工も学会で行ったことありますが、研究環境が素晴らしかった。

だからシンガポールの大学に留学して遊ぶ暇なく死ぬほど勉強するならいいかも。そうではなくて、リタイアしてから観光したりしたながら住むのは地獄だと思いますよ。

日本みたいに四季もないし寺社仏閣もほとんどないし。便利だけど何もない。私の主観ですけどワクワクしないんです。

まあ、リタイアして移住するならバンコクですかね ww まあバンコクも大都会ですがまだ観光地も多いし、都会に疲れたらタイの田舎やカンボジア、ミャンマーもすぐに行ける。物価も安いし。

飯も美味いし、あの東南アジア特有のゴチャゴチャした猥雑な雰囲気がいいんですよね。

バンコク駐在したいな~ ww 会社のマネーで ww

 

余談ですが、バンコク行くならおススメは街中にポツポツ点在する手長エビの釣り堀。釣り上げるのはメチャクチャ難しいんですが、私は常連っぽい謎のオッサンに助けられて爆釣したことがあります ww その場で焼いて食えるしビールも飲めます。

 

シンガポールに住む本物の金持ちたちが紹介されてます↓

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

私は令和のネオ社畜だ ww

  私はブログのタイトルに社畜という言葉を使っています。 私は1つの会社に勤めながら、組織や顧客、上司の意向に振り回されながらも、残業を厭わず働いています。そして日々の少しずつのスキル向上や …

社畜と中華人民共和国

  ※長文です 私が小学生だったころ、海外の国といえば米国だった。ハリウッド映画、マクドナルド、ナイキ、戦争、原爆。良い面・悪い面あろうが、海外と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、アメリカ。日本 …

世界で最も革新的な企業エンロンの株価 ww

  地方の地味なガスパイプライン会社が突如、世界有数の巨大企業に変貌したという面白い例があります。それが2001年に破綻したエンロンです。 そんなエンロンの興亡は黒木亮氏の「青い蜃気楼」で詳 …

人がギャンブルにハマる理由。作り出されたゾーン。怖いよ~。

  ギャンブル依存症が生まれる理由とは?カジノやメーカーの巧妙な戦略という記事が面白かったので引用。 最近のスロットマシンは「もう少しでジャックポット寸前」「絵柄が揃いそうで揃わない」という …

金融資産に投資するか自分に投資するか?判断基準はこれだ。

山崎元氏の「人生100年時代にFIREしたがる人の根本的な問題点」という記事からの抜粋。 「FIRE」を目指す若者について、少し心配に思うのは、自分の人的資本に対する投資が過小になっていないかというこ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ