社畜

サイレントマジョリティが声をあげないと世の中おかしくなる。確かに ww

投稿日:2021年9月8日 更新日:




 

前回の記事を書いていて気が付いたことがあるんですが、

誰かの本だったかネット記事に「サイレントマジョリティが声をあげないと、声がデカい極端な一部の声だけが強調されて世の中がおかしな方向に進む」って書いてたんですよ。

その時は何を言ってるのかよく分からなかったんですが、下の引用を読んでいて繋がりましたよ。はなしが。

ものすごく心配な人は、こころの中が心配で満ちているわけですから、それを確かに言いたくて仕方ありません。

でも、真ん中の大多数の人は、すごく心配でもないが、完全に安心しきってもいない。だから、わざわざ「すごく心配でもないし、安心でもない」ということを人にいおうとしません。・・・

一方、極端に心配側に位置している人は、自分が声をあげなければ、心配が現実になり、自分や周りに人が不幸になってしまうと思っています。

だから、なんとかして、世の中にわかってもらおうと声をあげます。こういった事情から、世の中で聞こえてくる声の大部分は、分布でいう右端の人の意見になってしまいます。

 

 

Sponsored Link



 

引用部分にも書いてますが、多くの人はある事柄に関して「賛成 or 反対」の意見を持っているとしても、別にそれに対して声をあげないんですよ。

だって面倒くさいしメリットがないじゃないですか。職場で直面してる問題とか、子供の進学とか、テストの成績とか、明日の大事なクラブの試合にどう勝つかとか、そっちの方がずっとだいじなんです。

ただし私の感覚では、最近では常識的に「?」と思う言説がなぜか正論で多くの人の支持を受けているかのように報道されているケースが増えてきている気がしますね。

ファミマの「お母さん食堂」が「女性が台所で調理するのを連想させるからファミマに学生が抗議する」みたいな運動が一時期話題になって、フェイクだと思ってたら大の大人が協賛してたのを見てドン引きしましたよ ww ファミマもいい迷惑だな ww

こんな「?」な意見にサイレントマジョリティが声をあげないといけない、というのが冒頭の主張なんですが、なんだか呆れるしかないし時間とエネルギーの無駄なので、やっぱりサイレントマジョリティは誰も声をあげないかもしれませんね。(ああ言えば、こう言う的な人間も多いしな・・・)

 

 

引用した本:

関連記事:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター deds より:

    左端の方に、意図的に社会を混乱に陥れるために声を上げている人もいるよね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

オンラインサロンにハマる人たち ww 「なぜ他人が自分を肯定してくれるのか」を考えた方がいいが ww

  クローズアップ現代で面白い特集をやってました。「追跡!オンラインサロン コロナ禍でハマる人たち」。 私、オンラインサロンって入ったことないし、周りでも入会してる人がいないので興味があって …

学生街に住むのは節約できてよさそうだな ww 何でもそろってるし。

    私は学生時代はまわりに大学が多い地域に住んでいました。今でも自宅近くに大学があるんですが、学生街って便利ですよ ww 何がいいかというと、とにかく便利なんですよ。特に総合大 …

コロナ危機に対するエリザベス女王のスピーチは聞いておくべき

  イギリスのエリザベス女王が国民に向けてビデオメッセージを発表しました。女王の5分程度のスピーチを聞いて感じたこと。それは女王のスピーチが人を奮い立たせる要素を全て含んでいて、コロナ感染拡 …

孤独な人間のための「おひとり様信託」は案外いいかも・・・

  三菱住友信託銀行が「おひとりさま信託」というサービスを開始しました。 独身者の死後事務や遺品整理を一括してやってくれるサービスとのこと。 ホームページによると、こんなことをやってくれるそ …

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ