社畜

サイレントマジョリティが声をあげないと世の中おかしくなる。確かに ww

投稿日:2021年9月8日 更新日:




 

前回の記事を書いていて気が付いたことがあるんですが、

誰かの本だったかネット記事に「サイレントマジョリティが声をあげないと、声がデカい極端な一部の声だけが強調されて世の中がおかしな方向に進む」って書いてたんですよ。

その時は何を言ってるのかよく分からなかったんですが、下の引用を読んでいて繋がりましたよ。はなしが。

ものすごく心配な人は、こころの中が心配で満ちているわけですから、それを確かに言いたくて仕方ありません。

でも、真ん中の大多数の人は、すごく心配でもないが、完全に安心しきってもいない。だから、わざわざ「すごく心配でもないし、安心でもない」ということを人にいおうとしません。・・・

一方、極端に心配側に位置している人は、自分が声をあげなければ、心配が現実になり、自分や周りに人が不幸になってしまうと思っています。

だから、なんとかして、世の中にわかってもらおうと声をあげます。こういった事情から、世の中で聞こえてくる声の大部分は、分布でいう右端の人の意見になってしまいます。

 

 

Sponsored Link



 

引用部分にも書いてますが、多くの人はある事柄に関して「賛成 or 反対」の意見を持っているとしても、別にそれに対して声をあげないんですよ。

だって面倒くさいしメリットがないじゃないですか。職場で直面してる問題とか、子供の進学とか、テストの成績とか、明日の大事なクラブの試合にどう勝つかとか、そっちの方がずっとだいじなんです。

ただし私の感覚では、最近では常識的に「?」と思う言説がなぜか正論で多くの人の支持を受けているかのように報道されているケースが増えてきている気がしますね。

ファミマの「お母さん食堂」が「女性が台所で調理するのを連想させるからファミマに学生が抗議する」みたいな運動が一時期話題になって、フェイクだと思ってたら大の大人が協賛してたのを見てドン引きしましたよ ww ファミマもいい迷惑だな ww

こんな「?」な意見にサイレントマジョリティが声をあげないといけない、というのが冒頭の主張なんですが、なんだか呆れるしかないし時間とエネルギーの無駄なので、やっぱりサイレントマジョリティは誰も声をあげないかもしれませんね。(ああ言えば、こう言う的な人間も多いしな・・・)

 

 

引用した本:

関連記事:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター deds より:

    左端の方に、意図的に社会を混乱に陥れるために声を上げている人もいるよね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナなんて感染する気がしないんだが。やるべき事をやっていれば。前向きな気持ちで立ち向かう。

  今年はコロナウイルスの全世界的な感染拡大で散々な1年でした。ただし、やるべきことをやっていたコロナなんて感染しないだろうと思っています。 医療従事者や介護ヘルパーのように不特定多数の人々 …

優秀な人材が転職していく会社の利益はどんどん下がると思うな ww

  私が今の会社に入社して以来、多くの人が転職していくのを見てきました。私の同年代なら半分近くが辞めたかな。 どんな人が辞めているか?感覚的ですが、転職した人のうち優秀な人と普通の人の割合は …

3か月ホテル暮らしした結果 ww 快適過ぎて家よりよかったわ ww

  最近はホテル暮らしが流行っているそうですね。東洋経済の記事より抜粋。 2021年に入ってから、「ホテルに住む」というコンセプトのもと、長期滞在向けのプランが次々と登場しています。以前から …

大企業の働き方改革が中小企業にしわ寄せ | というよりグローバルな競争が原因だと思う

    チャンドラです。   「大企業の働き方改革 6割の中小企業がしわ寄せで長時間労働に」というニュースが出ています。大企業が働き方改革を進めた結果、中小企業で働いてい …

【社畜の雑談】牛丼屋の券売機に万札入れてお釣り取り忘れた。

  高校生の時の話なんですが、正月に祖父の家に遊びに行ってお年玉をもらったんですよ。1万円。 それで帰りに腹が減ったので帰り道に松屋があったんで牛丼食うことにしたんです。そのころは牛丼の並盛 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ