社畜

仕事で一番怖いのは病んで会社に行けなくなること

投稿日:2019年6月17日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私が仕事で一番気をつけていることは、病まないようにすることです。

 

私の勤めている会社では、数か月くらい会社に来なくなってしまう人がたまにいます。厳しめの上司にボコボコに怒られたり、期限通りに成果物を出せないことを周りから責められたり。

そしてそういう人たちほど、実は優しくて責任感が強い人が多い。もうこれ以上耐えられないという状況になるまで人に相談できず、最終的につぶれてしまう。

 

ただし忘れてはいけないのは、つぶれて会社に来なくなるのが一番本人にとっても損で、さらに周りの人にも迷惑をかけてしまうということです。

例えば体調を崩して2ヶ月休んだとすると、その分減給となるので、手取りが減ります。さらに会社からの評価も下がってボーナスも下がってしまいます。

 

またつぶれた人が急に来なくなるので、残された人の仕事量が増えてしまいます。しかも引き継ぐ人は(つぶれる前に引き継ぎするわけはないので)つぶれた人が直前までやっていたことを調べて整理するところから始めなくてはならず、余計手間がかかります。(以前つぶれた人の引継ぎをやって毎日夜中まで働いてました。)

そして、仕事を引きつぐ人から少なからず恨みも買います。引き継ぐ方も人間なので「彼は病んで来なくなったのか。かわいそうだから代わりにやってあげるか」とすんなり納得する人は少ないでしょう。

 

Sponsored Link



 

 

こう考えると病んで会社に来なくなるという状況は、本人にとっても会社にとってもよくないことです。なので私が一番気を付けているのは、病むまで自分を追い込まないこと、としています。

 

最後に私が病まないために気を付けていることを4つ紹介します。参考になれば幸いです。

 

無理なことを依頼されたら無理だとハッキリ伝える。ただし代替案は出す。

無理なことを「できます」と言ってできなかった時、相手にも迷惑をかけることを自覚するのが大切です。

 

キツくなったら声を上げる。

「自分がキツイことをまわりは感じてるはず」という考えは間違いです。他人は自分が期待しているほど自分のことを気にかけていません。まわりも忙しいからです。

 

いきなり100%完全なものは作れない、という前提で仕事をする。

徐々に100%に近づけていく、という意味です。

 

パワハラ上司は(たとえ優れていても)カスだと思い込む

とにかく思い込みが大切。パワハラ動画を撮影してSNSでまき散らすところを想像するといいかもしれません。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界で最も革新的な企業エンロンの株価 ww

  地方の地味なガスパイプライン会社が突如、世界有数の巨大企業に変貌したという面白い例があります。それが2001年に破綻したエンロンです。 そんなエンロンの興亡は黒木亮氏の「青い蜃気楼」で詳 …

高収入ほど資産運用している人が多い?そりゃそうでしょ ww

  じぶん銀行の調査によると高収入な人ほど資産運用をしている人の割合が高いという結果が出たそうです。 当たり前でしょ ww 年収高い人の方が生活費以外で余るお金の量が多いんだから ww とは …

社畜の節約飯 | 和風ダシカレー

  もうカレーはシンプルにしよう。   私が行きついた結論だ。 カレーほど色々な調味料を混ぜて味の変化を楽しむことができる料理はないだろう。ケチャップ、ソース、ウスターソース、ウス …

コツコツ努力すれば複利の効果で大きく成長????

  ちょっと屁理屈こいた記事です。 「外資系コンサルが教える入社1年目からの仕事のルール」という本に努力することの効果が次のように述べられています。 特別な才能がなくても、何回も何十回も続け …

「ワークライフバランス」なんて曖昧な言葉はやめたほうがいいと思う理由

  私はコロナ禍々で在宅勤務を始めて経験しました。それまで出社して仕事をするのが常識だったのですが、テレビ会議やチャットを使えばわざわざ会社に行かなくても仕事はできることは、大きな発見でした …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ