金融工学

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

投稿日:2021年6月14日 更新日:




 

前回の続き:

10年間レバレッジ3倍かけると:

元本割れ確率は45%でトップ。

リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。

意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ確率は激増してます。そして悲惨なことに3倍超える確率はレバレッジなしと変わらないんです。

これはあくまで10年間レバレッジをかけたときの話。短期なら2倍レバレッジよりも3倍レバレッジの方が良いのでは?

ということで検証結果です。

期間は1年後、3年後、5年後、7年後。各期間の元本割れ確率、リターン2倍を超える確率、リターン3倍を超える確率を見てみます。

Sponsored Link



 

元本割れ確率:

L=3のとき元本割れ確率はほとんど減っていない。

リターン2倍を超える確率:

期間1~5年でL=3が有利。7年目にL=2が逆転。L=2の2倍越え確率は40%。

リターン3倍を超える確率:

期間1~7年でL=3が有利。ただし7年目のL=2とL=3の確率は数%の差。しかも25%程度しかない。

 

Sponsored Link



 

というわけでまとめると:

元本割れ確率:L=3だと7年間でほぼ変わらず45%~50%程度。

リターン2倍を超える確率:7年目でL=2がL=3を逆転して約40%。

リターン3倍を超える確率:7年目でL=3が一番高いが、L=2と僅差。絶対値は25%。

 

私の懸念は3倍レバレッジで元本割れ確率が時間がたっても下がりにくいこと。これが3倍レバレッジを危険だと思う理由です。

そこでリスクをとって高いリターンを狙っても、リターン2倍超える確率は7年後にレバレッジ2倍に負けます。リターン3倍超える確率は7年後にレバレッジ2倍とそれほど変わりません。

確かに1~5年間なら2倍レバレッジよりも高いリターンを得る確率は高いですが、高い元本割れ確率というリスクを犯してまでやることか?と思ってしまいます。

総合的に考えるとレバレッジを3倍かけるメリットを感じません。やるなら2倍だな ww

 

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

 

参考:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

  私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。 この年率リスクとリターンは過去の実績から計算し …

「安全在庫」を適用して全力投資する私が手元に必要な現金を計算した結果 ww

  前回からの続きです。 例えば工場でネジを製作するとして、毎月平均10万本売れるとします。じゃあネジ10万本分の材料を在庫でもっておけばよい、とはなりませんよね。だって、ネジが売れる量は毎 …

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

  前回の続き: は?長期的に見れば株式指数は右肩上がりなんだからレバレッジかけた方がいいだろ? はい、これは尤もらしい主張です。だからといってレバレッジかけりゃいい、とは私は思いません。 …

myINDEXで見る効率的フロンティア曲線

  現代ポートフォリオ理論では効率的フロンティアという考え方があります。 効率的フロンティアとは、色んなリスク資産を組み合わせてポートフォリオを作ったときに、あるリスクに対して最大のリターン …

実は曖昧な「リスク許容度」。リスク許容度って一体何なんだ?

    前回の記事では、リスクが大きいとリターンが高くなるチャンスも増えるが、同時に元本割れする確率も増えることを確率分布で説明しました。 (1)リターン7%・リスク20%:元本割 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ