金融工学

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

投稿日:2021年6月14日 更新日:




 

前回の続き:

10年間レバレッジ3倍かけると:

元本割れ確率は45%でトップ。

リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。

意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ確率は激増してます。そして悲惨なことに3倍超える確率はレバレッジなしと変わらないんです。

これはあくまで10年間レバレッジをかけたときの話。短期なら2倍レバレッジよりも3倍レバレッジの方が良いのでは?

ということで検証結果です。

期間は1年後、3年後、5年後、7年後。各期間の元本割れ確率、リターン2倍を超える確率、リターン3倍を超える確率を見てみます。

Sponsored Link



 

元本割れ確率:

L=3のとき元本割れ確率はほとんど減っていない。

リターン2倍を超える確率:

期間1~5年でL=3が有利。7年目にL=2が逆転。L=2の2倍越え確率は40%。

リターン3倍を超える確率:

期間1~7年でL=3が有利。ただし7年目のL=2とL=3の確率は数%の差。しかも25%程度しかない。

 

Sponsored Link



 

というわけでまとめると:

元本割れ確率:L=3だと7年間でほぼ変わらず45%~50%程度。

リターン2倍を超える確率:7年目でL=2がL=3を逆転して約40%。

リターン3倍を超える確率:7年目でL=3が一番高いが、L=2と僅差。絶対値は25%。

 

私の懸念は3倍レバレッジで元本割れ確率が時間がたっても下がりにくいこと。これが3倍レバレッジを危険だと思う理由です。

そこでリスクをとって高いリターンを狙っても、リターン2倍超える確率は7年後にレバレッジ2倍に負けます。リターン3倍超える確率は7年後にレバレッジ2倍とそれほど変わりません。

確かに1~5年間なら2倍レバレッジよりも高いリターンを得る確率は高いですが、高い元本割れ確率というリスクを犯してまでやることか?と思ってしまいます。

総合的に考えるとレバレッジを3倍かけるメリットを感じません。やるなら2倍だな ww

 

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

 

参考:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジかけなくてもいい理由。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

  私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。 この年率リスクとリターンは過去の実績から計算し …

【意外】合理的な投資家はリターンを高めるためにレバレッジをかける。現代ポートフォリオ理論の観点から。

  過去記事で解説したように、投資家のポートフォリオはリスク・リターン平面上で、無リスク資産と接点ポートフォリオを結んだ線上にあります。 接線のうち、無リスク資産と接点ポートフォリオの間のポ …

【SPXL】3倍レバレッジを一括の代わりに積立投資にしても平均値と中央値の乖離を防げない理由

  読者様からレバレッジに関する過去記事について質問を頂きました。 記事の内容を要約すると、「S&P500の最適レバレッジは1.75倍。それを越えるレバレッジをかけるとリターンの中央 …

S&P500 2倍レバレッジは暴落に弱いか定量的に分析する。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

  過去記事で紹介した、暴落を取り入れた幾何ブラウン運動のシミュレーションをS&P500の2倍レバレッジに適用してみます。 2倍レバレッジは名著「ライフサイクル投資術」でも「レバレッ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ