社畜

時代遅れの島耕作 ww

投稿日:




 

私が大学生のころ島耕作シリーズが友人の家にそろっていました。結構面白くてのめり込むように読んでいたのですが、内容がとにかくぶっとんでいる。

オフィスでタバコを吸いまくるわ、上司はパワハラしまくるわ、社内の女性にモテまくるわ、同僚が北朝鮮に拉致されるわで、まだサラリーマン生活のサの字も知らなかったそのころの私は、サラリーマンって・・・激しいな(ゴクリ)と思ったものです。

そして就職活動で爽やかな人事担当者が会社説明をしているときでさえ、どうせ裏ではパワハラや派閥争いに明け暮れているんだろう、なんて思っていたんです ww

そして私は都内のある企業に就職したんですが、思ったのは漫画と全然ちがう(そりゃそうだろ ww)

お茶くみの女性なんていないし、オフィスでタバコを吸う人もいない。人前で怒鳴り散らす上司も”ほぼ”いないし、徹夜する人もほとんどいない。

島耕作がモーニングに掲載されたのが40年近く前なので、そりゃ描かれた内容が今とは違うわな、と思って安心したものです。

 

Sponsored Link



 

そして思ったのですが、やはりこういう時代を描いた漫画は貴重だなと。今の私から見たら島耕作の時代の昭和的な働き方は(良いか悪いかは別として)奇特に見えるわけですが、サラリーマンはこういう働き方をしていたという記録になると思っています。まあ漫画なので誇張している部分もあるとは思いますが。

もっと時間が経って、例えば2100年の日本人が島耕作を読んだらもっと驚くかもしれませんね。「なんで昭和時代の人たちはわざわざ会社に通勤なんてしてたんだ?」とか「なんで従業員は日本人ばかりなんだ?」なんて思うかもしれません。はたまた「日本に半導体を作る会社なんてあったのか!」なんて思うかもしれませんね ww

 

「記録」と書いていて思い出したのですが、中国のはるか西の方に敦煌という街があってそこに莫高窟という世界遺産があります。莫高窟は仏教絵画で有名な洞窟なんですが、ここがなぜ世界的に有名でかつ学術的に貴重なのかというと、敦煌文書という1000年以上前の古い文書が洞窟の壁の中から大量に発見されたからなんです。

そして敦煌文書がなぜ貴重なのかというと1000年以上前の民衆の生活や宗教、政治体制が詳しく書かれているからなんです。壁の中に隠された文書が奇跡的に1000年以上も失われずに残っているから、我々は当時の人々の暮らしの様子を詳しく知ることができる。

そう考えるとベストセラーとなった漫画の島耕作は、昭和世代のサラリーマンの生活を記録した貴重な文献のひとつになるのかもしれません。

 

課長 島耕作

社長とか専務もありますが、私はやはり課長時代が好きですね。昭和の匂いがプンプンするからです。この時代に働きたいとは思いませんが ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

実は無責任な「リスクを取れ」という言葉。リスクマネジメントを知らずにリスク推奨するなと ww

  「リスクを取れ」とか「リスクを受け入れろ」とかいう言葉は私から言わせれば無責任。 相手を鼓舞するために言うのは悪いことだとは言わないが、言ってる本人が「リスクに立ち向かうとはどういうこと …

【参考】独身社畜男の1年間の支出は214万円でした。多いのか少ないのかイマイチ分からん ww

  2020年の年間支出は214万円でした。 ・・・多くないか・・? 月当たりに直せば毎月18万円です。私は都内済みで家賃は9万円、奨学金の返済額が1万円。それを差っ引くとしても毎月8万円使 …

【おすすめ】腰痛持ち社畜の在宅勤務を劇的に効率化したデスクまわりを紹介します

  テレワークを始めましたが、コレないと効率よく仕事できないわ!と思うものを紹介していきます。 リストはこちらです。 (1) オフィスチェア (2) ビーズクッション (3) ウルトラワイド …

社畜が今さら「手に職を付けろ」の重要さを噛みしめる。

  手に職をつける: 職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を、獲得すること。 私も若手の頃はとにかくシャカリキに働いて、仕事のや …

日本は富裕層が激増 ww

  クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。 2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ