社畜

時代遅れの島耕作 ww

投稿日:




 

私が大学生のころ島耕作シリーズが友人の家にそろっていました。結構面白くてのめり込むように読んでいたのですが、内容がとにかくぶっとんでいる。

オフィスでタバコを吸いまくるわ、上司はパワハラしまくるわ、社内の女性にモテまくるわ、同僚が北朝鮮に拉致されるわで、まだサラリーマン生活のサの字も知らなかったそのころの私は、サラリーマンって・・・激しいな(ゴクリ)と思ったものです。

そして就職活動で爽やかな人事担当者が会社説明をしているときでさえ、どうせ裏ではパワハラや派閥争いに明け暮れているんだろう、なんて思っていたんです ww

そして私は都内のある企業に就職したんですが、思ったのは漫画と全然ちがう(そりゃそうだろ ww)

お茶くみの女性なんていないし、オフィスでタバコを吸う人もいない。人前で怒鳴り散らす上司も”ほぼ”いないし、徹夜する人もほとんどいない。

島耕作がモーニングに掲載されたのが40年近く前なので、そりゃ描かれた内容が今とは違うわな、と思って安心したものです。

 

Sponsored Link



 

そして思ったのですが、やはりこういう時代を描いた漫画は貴重だなと。今の私から見たら島耕作の時代の昭和的な働き方は(良いか悪いかは別として)奇特に見えるわけですが、サラリーマンはこういう働き方をしていたという記録になると思っています。まあ漫画なので誇張している部分もあるとは思いますが。

もっと時間が経って、例えば2100年の日本人が島耕作を読んだらもっと驚くかもしれませんね。「なんで昭和時代の人たちはわざわざ会社に通勤なんてしてたんだ?」とか「なんで従業員は日本人ばかりなんだ?」なんて思うかもしれません。はたまた「日本に半導体を作る会社なんてあったのか!」なんて思うかもしれませんね ww

 

「記録」と書いていて思い出したのですが、中国のはるか西の方に敦煌という街があってそこに莫高窟という世界遺産があります。莫高窟は仏教絵画で有名な洞窟なんですが、ここがなぜ世界的に有名でかつ学術的に貴重なのかというと、敦煌文書という1000年以上前の古い文書が洞窟の壁の中から大量に発見されたからなんです。

そして敦煌文書がなぜ貴重なのかというと1000年以上前の民衆の生活や宗教、政治体制が詳しく書かれているからなんです。壁の中に隠された文書が奇跡的に1000年以上も失われずに残っているから、我々は当時の人々の暮らしの様子を詳しく知ることができる。

そう考えるとベストセラーとなった漫画の島耕作は、昭和世代のサラリーマンの生活を記録した貴重な文献のひとつになるのかもしれません。

 

課長 島耕作

社長とか専務もありますが、私はやはり課長時代が好きですね。昭和の匂いがプンプンするからです。この時代に働きたいとは思いませんが ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

他人が私に興味がないと気付いた日

  私の恥ずかしい思い出。 私は小学校の中学年のときに親の仕事の事情で遠くの町に引っ越しをしました。その土地には幼稚園から6年近く住んでいた、私にとって思い入れが強い場所でした。 自分で言う …

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

    チャンドラです。   昨年私は脱肛しました。脱肛とはイボ痔がお尻の穴から外に飛び出す症状のことです。そして生まれて初めて肛門科という未知の場所に向かいました。私の …

おれが社畜なのは結局何が原因なのか?を真面目に考察 ww

  フィンランド人は午後4時に帰宅する。働き方改革、定時退社、ワークライフバランス。なんでもかんでもフィンランド、フィンランド、フィンランド。実際にフィンランド行って4時帰宅してるの見たこと …

【驚愕】一瞬で意識が落ちた謎の快眠マシンを探しているが見つからない。

  以前整骨院に通っていたのですが、ある日そこの先生に「ちょっと時間がかかるのでコレ抱えて診察台の上で仰向けに寝ておいてください」って言われました。 そのとき渡されたのが正方形の柔らかい座布 …

給料は上がらないが要求と労働時間は増えていく

  チャンドラです。   私の会社では間接部門の社員を除いてほとんどの人が最低1つのプロジェクトに所属して仕事をします。例えば私の場合はある設計部門に所属しており、そして同時にある …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ