社畜

株価暴落したシェルは再生可能エネルギーで復活するか?

投稿日:




 

欧州の名門企業、ロイヤル・ダッチ・シェルの株価は新型コロナウイルスの感染拡大で大暴落しました。

シェルは高配当で有名ですが、原油安による業績悪化の結果、戦後初の減配も行いました。

 

ところで、日経でシェルが三菱商事とオランダで大型洋上風力発電をやるという記事を見ました。

三菱商事と英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルがオランダで大型の洋上風力発電所を建設することが30日分かった。発電容量は計76万キロワットで、総事業費は1000億円を超えるもよう。2023年の稼働をめざす。有望な再生エネルギーの1つである洋上風力のノウハウを取り込み、日本での展開も視野に入れる。

 

Sponsored Link



 

シェル = 石油・ガス という考えはもう古いようです。

シェルのホームページを見ると分かりますが、風力発電や太陽光発電、乗用車用水素ステーションへの投資を着々と開始しています。

引用:Shell

 

特に今回報道された洋上の大規模風力発電所の運営の場合、シェルが得意とする石油開発事業のノウハウを活かせると思います。

風力発電と石油開発で分野は異なるとはいえ、難易度が高い海上施設の建設・運営という点では共通しているので、海上油田開発で得た海上構造物の建設で得たノウハウを活用できるからです。

洋上にデカい施設を設置し、運営するというリスクが高い事業はシェルだからこそできる。足りないノウハウは買収なりして蓄積して、これからどんどん参入していくのだと思います。

Sponsored Link



 

かつてシェルはシナリオ・プランニングという手法を活用して第一次石油危機の到来を予測しました。原油の供給不足と価格不安定な未来が到来すると予測し、他社に先駆けて対策を練りました。

その結果、セブン・シスターズ最弱と言われたシェルは石油危機をいち早く乗り切り、エクソンに次ぐ企業への成長したのです。

 

さすがに新型コロナウイルスの感染拡大による原油暴落までは予想していなかったでしょう。ですが、シェルならポストコロナのシナリオを練って、その対策に着手しているはずです。

SDGの流れも踏まえつつ、原油価格にふりまわされないような脱炭化水素系の事業に着々と舵を切っていくのだと思っています。

 

シェルは復活すると思います。

そして配当も復活すると思います。

 

 

シナリオ・プランニング:今後世界を動かす重要な政治的・経済的イベント、主要な組織や人物の意図を抽出し、そこから複数の未来像を描くこと。プランナーが描いたシナリオは経営者に渡され、経営者は予想された大変化への耐性をチェックし、必要に応じて経営に盛り込む。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豊川信用金庫取り付け騒ぎ | 会社は見え方が9割

  良い会社と思われるから良い会社になる。 悪い会社と思われるから悪い会社になる。 最近見た動画で会計士のオッサンが話しているのを聞いてなるほどな、と思いました。企業の経営状況は財務諸表から …

親世代のお金の考え方はあてにならない

  チャンドラです。 総務省によると65歳以上の高齢者世帯の金融資産の全国平均は2,003万円だったそうです。最も高いのが東京都の2,689万円。2位は奈良県で株式投資信託を保有する世帯の割 …

世界で最も革新的な企業エンロンの株価 ww

  地方の地味なガスパイプライン会社が突如、世界有数の巨大企業に変貌したという面白い例があります。それが2001年に破綻したエンロンです。 そんなエンロンの興亡は黒木亮氏の「青い蜃気楼」で詳 …

金融庁の「基礎から学べる金融ガイド」

  チャンドラです。   金融庁は金融に対する知識と判断力(金融リテラシー)を身に付けるための冊子をネットで公開しています。家計管理から投資信託まで色々と盛りだくさんの冊子です。特 …

宝くじを買う人間は本当にバカなのか

  資産運用をするような金融に対する知識が高い人々の間では、「宝くじを買う人間はバカ」と考える人が多い。宝くじを買っても購入者に還元される金額は45%くらいしかなく、さらに損する可能性が高い …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ