社畜

株価暴落したシェルは再生可能エネルギーで復活するか?

投稿日:




 

欧州の名門企業、ロイヤル・ダッチ・シェルの株価は新型コロナウイルスの感染拡大で大暴落しました。

シェルは高配当で有名ですが、原油安による業績悪化の結果、戦後初の減配も行いました。

 

ところで、日経でシェルが三菱商事とオランダで大型洋上風力発電をやるという記事を見ました。

三菱商事と英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルがオランダで大型の洋上風力発電所を建設することが30日分かった。発電容量は計76万キロワットで、総事業費は1000億円を超えるもよう。2023年の稼働をめざす。有望な再生エネルギーの1つである洋上風力のノウハウを取り込み、日本での展開も視野に入れる。

 

Sponsored Link



 

シェル = 石油・ガス という考えはもう古いようです。

シェルのホームページを見ると分かりますが、風力発電や太陽光発電、乗用車用水素ステーションへの投資を着々と開始しています。

引用:Shell

 

特に今回報道された洋上の大規模風力発電所の運営の場合、シェルが得意とする石油開発事業のノウハウを活かせると思います。

風力発電と石油開発で分野は異なるとはいえ、難易度が高い海上施設の建設・運営という点では共通しているので、海上油田開発で得た海上構造物の建設で得たノウハウを活用できるからです。

洋上にデカい施設を設置し、運営するというリスクが高い事業はシェルだからこそできる。足りないノウハウは買収なりして蓄積して、これからどんどん参入していくのだと思います。

Sponsored Link



 

かつてシェルはシナリオ・プランニングという手法を活用して第一次石油危機の到来を予測しました。原油の供給不足と価格不安定な未来が到来すると予測し、他社に先駆けて対策を練りました。

その結果、セブン・シスターズ最弱と言われたシェルは石油危機をいち早く乗り切り、エクソンに次ぐ企業への成長したのです。

 

さすがに新型コロナウイルスの感染拡大による原油暴落までは予想していなかったでしょう。ですが、シェルならポストコロナのシナリオを練って、その対策に着手しているはずです。

SDGの流れも踏まえつつ、原油価格にふりまわされないような脱炭化水素系の事業に着々と舵を切っていくのだと思っています。

 

シェルは復活すると思います。

そして配当も復活すると思います。

 

 

シナリオ・プランニング:今後世界を動かす重要な政治的・経済的イベント、主要な組織や人物の意図を抽出し、そこから複数の未来像を描くこと。プランナーが描いたシナリオは経営者に渡され、経営者は予想された大変化への耐性をチェックし、必要に応じて経営に盛り込む。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

働く65歳以上の老人はかっこいい

チャンドラです。   私の会社では65歳で定年退職となりますが、一部の社員は再雇用という形で定年後に働いている人もいます。中には同業他社を退職した後、私の会社に働きにくる人もいます。 65歳 …

同窓会で会った友人で一番稼いでいたのはデイトレーダー ww

  去年に高校の同期と同窓会をしたときの話。30代前半にもなると結婚したり子供ができたり職場で責任あるポジションについたりと、それぞれが色々な道を歩んでいるのを聞いて感慨深く感じるものです。 …

米国株式市場の楽観

  米国株式市場で楽観が広がっています。 S&P500種株価指数もダウ工業株30種平均も最高値を更新し続けています。 米中間の貿易合意が近いと予想されているからです。 私はS&amp …

京大卒で月収14万円

  チャンドラです。   東洋経済の記事で京大卒33歳で月収14万円男性との対談記事がのっています。 コンビニのアルバイトで最低限生きていくためのお金を稼ぎながら、ニーチェやショー …

ダウ平均株価3%下落は歴代ランキングに入るか?

  ダウ平均株価がガッツリ下がりましたね。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への懸念が強まったからです。2/25の下落率は3%超え。これまでコロナの米国株式市場への影響は見られませんでした …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ