社畜

社畜の節約飯 ww ネギからしが保存食として最高に使える ww

投稿日:2020年4月22日 更新日:




 

独身がテレワークを始めると悩ましのが飯の準備。オフィス勤務のときは会社の近くのパン屋や弁当屋で飯をかってますが、それができなくなりますからね。

前はネギ味噌を紹介しましたので、今回はねぎからしを紹介します。これをアツアツの白米や出前一丁にぶっかけるだけで美味さが劇的に変化します。作りだめすることで昼飯が速攻で準備できるので助かる ww

 

費用:200円

時間:20分

保存期間:1.5週間

 

<作り方>

(1) 醤油150ml、味醂150ml、酒150ml、お酢50ml、ごま油大さじ1、豆板醤大さじ1.5を鍋で煮詰める

(2) 長ネギ4本を細く刻んで水に15分さらす。

(3) 水にさらした長ネギをギューッと絞る。さらにキッチンペーパーで水分をとる。

(4) 乾いた長ネギと(1)の調味料をタッパーに入れて冷蔵庫で冷やす

 

冷蔵庫で一晩寝かせた↓

甘酸っぱくてうま~い ww

スモールライトで小さくなってこのタッパーにダイブしたい ww

 

おすすめの食べ方:

(1) 白米にのせる

(2) 出前一丁などの塩ラーメンにかける

(3) 豆腐にのせる

(4) 揚げた魚にかける(南蛮漬けぽっくなる)

(5) 切干大根を漬ける(調味料が大根にしみこむ)

 

ネギからしは使い道が多いのでかなり使える保存食です ww 楽勝で作れるのでぜひ。

 

包丁は良いものを使いましょう。料理が下手な私でもネギ刻むのが楽しくなる ww

レビュー記事はこちら

 

こちらからブログランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター もと より:

    ぜひ試しに作ってみようかと思います。
    ちなみにどれくらい保存がききますか?

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      2週間は保存できます。
      ネギを切った後に水分をしっかり取り除くことが長期保存の秘訣です。

  2. アバター もと より:

    トライしてみました。
    我が家の定番になりそうです。
    いまのところ、豆腐に乗せて食べてます。ご飯にのせたりと色々試してみたいと思います。
    ネギ味噌も作ってみたいと思います。
    ネギ味噌の分量も教えて頂けますようお願いします。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      調味料の分量はこの動画を参考にしてください。

      動画で紹介されている調味料に加えて乾燥柚子を加えるとフルーティーになります。
      作りだめしたものを冷蔵庫で保存すれば1か月はもちます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年収の平均値と中央値 | 平均だけ見てもダメ

  チャンドラです。   日本人の年収の平均値は420万円、中央値は350万円だそうです。 平均値と中央値の違いは?   平均値は一人一人の年収を全て足して人数で割った値 …

パソコン作業をしながらコップでコーヒー飲むのは危険!私の黒歴史

  チャンドラです。   私はパソコン作業をするときはコップでコーヒーを飲みません。正確にいうと蓋がないコップでコーヒーを飲まず、必ず蓋がついているコップを使います。 コーヒーをキ …

仕事でミスして顔面蒼白、株価が頭に入らない ww

Sponsored Link     ダウ平均はついに2万ドルを割りました。米国株式市場は大荒れですが、私の仕事も大荒れです ww 仕事で大きなミスをやらかして四面楚歌。株価はリー …

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

  チャンドラです。   国債の利回りは通常、満期までの期間が長い方が金利が高くなります。 つまり通常は、長期金利の方が短期金利よりも大きいのです。そして長期金利より短期金利の方が …

禁煙に成功した方法 ww スパッとやめて人生謳歌 ww

    私は数か月前に禁煙に成功しました。それもある日いきなり、まるで魔法が解けたかのように ww 自分でも驚いた体験を紹介します。   いったい何が起こったのか? &n …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ