社畜

社畜の節約飯 ww ネギからしが保存食として最高に使える ww

投稿日:2020年4月22日 更新日:




 

独身がテレワークを始めると悩ましのが飯の準備。オフィス勤務のときは会社の近くのパン屋や弁当屋で飯をかってますが、それができなくなりますからね。

前はネギ味噌を紹介しましたので、今回はねぎからしを紹介します。これをアツアツの白米や出前一丁にぶっかけるだけで美味さが劇的に変化します。作りだめすることで昼飯が速攻で準備できるので助かる ww

 

費用:200円

時間:20分

保存期間:1.5週間

 

<作り方>

(1) 醤油150ml、味醂150ml、酒150ml、お酢50ml、ごま油大さじ1、豆板醤大さじ1.5を鍋で煮詰める

(2) 長ネギ4本を細く刻んで水に15分さらす。

(3) 水にさらした長ネギをギューッと絞る。さらにキッチンペーパーで水分をとる。

(4) 乾いた長ネギと(1)の調味料をタッパーに入れて冷蔵庫で冷やす

 

冷蔵庫で一晩寝かせた↓

甘酸っぱくてうま~い ww

スモールライトで小さくなってこのタッパーにダイブしたい ww

 

おすすめの食べ方:

(1) 白米にのせる

(2) 出前一丁などの塩ラーメンにかける

(3) 豆腐にのせる

(4) 揚げた魚にかける(南蛮漬けぽっくなる)

(5) 切干大根を漬ける(調味料が大根にしみこむ)

 

ネギからしは使い道が多いのでかなり使える保存食です ww 楽勝で作れるのでぜひ。

 

包丁は良いものを使いましょう。料理が下手な私でもネギ刻むのが楽しくなる ww

レビュー記事はこちら

 

こちらからブログランキングに戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター もと より:

    ぜひ試しに作ってみようかと思います。
    ちなみにどれくらい保存がききますか?

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      2週間は保存できます。
      ネギを切った後に水分をしっかり取り除くことが長期保存の秘訣です。

  2. アバター もと より:

    トライしてみました。
    我が家の定番になりそうです。
    いまのところ、豆腐に乗せて食べてます。ご飯にのせたりと色々試してみたいと思います。
    ネギ味噌も作ってみたいと思います。
    ネギ味噌の分量も教えて頂けますようお願いします。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      調味料の分量はこの動画を参考にしてください。

      動画で紹介されている調味料に加えて乾燥柚子を加えるとフルーティーになります。
      作りだめしたものを冷蔵庫で保存すれば1か月はもちます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新卒から年収1000万円だと・・・?

  チャンドラです。   回転すし大手のくら寿司が入社1年目から年収1000万円の幹部候補生の募集を開始することで話題となっています。 くら寿司の従業員の平均年収は450万円程度で …

女性に「男として見れない」と本気で言われてヘコんだはなし

  チャンドラです。   私が新入社員のころのはなしです。   私たちは約2か月の社内研修を受けていました。私の同期には女性社員が15人くらいいたのですが、女性社員は皆仲 …

仕事で一番怖いのは病んで会社に行けなくなること

  チャンドラです。   私が仕事で一番気をつけていることは、病まないようにすることです。   私の勤めている会社では、数か月くらい会社に来なくなってしまう人がたまにいま …

ダウ平均株価3%下落は歴代ランキングに入るか?

  ダウ平均株価がガッツリ下がりましたね。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への懸念が強まったからです。2/25の下落率は3%超え。これまでコロナの米国株式市場への影響は見られませんでした …

給料が上がらない!昇給率が低い現実・・・

  チャンドラです。   昇給率が低すぎてゲンナリしたという話をします。   私の会社はバリバリの日系企業です。そのため昇給率は低いです。 新卒から入社6年目までの昇給率 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ