節約の知恵

【リーマンの節約飯】作り置きチャーシューが超便利!

投稿日:2019年7月7日 更新日:


 

チャンドラです。

 

私は週末にチャーシューを作って冷凍保存しています。

平日は夜遅くに帰宅するので、自炊する時間がないからです。

チャーシューはおかずになるし、麺類やチャーハンの具にもピッタリなので、大量に作り置きすればとても便利です。しかも安くて簡単に作れるので節約にもなります。

作り方を写真で紹介していきます。

 

用意するもの:

豚バラブロック 500g (ヒレブロックでもOK)

ネギの青い部分

ニンニク 少々

ショウガ 少々

醤油 50g

みりん 50g

カツオ出汁 200g

黒砂糖 少々

 

今回はバラ肉のブロックとヒレ肉のブロックを使いました。

 

 

まずはフライパンで豚肉の表面を焼いていきます。

前面に焼き色が出る程度でOKです。

脂が大量に出るので、脂はクッキングペーパーで除いていきます。

 

焼き色が付いたら熱湯で洗って余分な脂を洗い流します。

 

脂を洗い流した豚肉を鍋に投入します。

 

鍋に調味料と出汁を加えます。お肉がちょうど浸るくらいにしてください。

そして、ニンニク、生姜、ネギの青い部分を投入します。

ネギはお肉の匂い消しに使います。

 

その後10分強火で加熱し、沸騰したら弱火で30分煮込みます。

最後に火を止めてお肉を手でつかめるようになるまで自然冷却します。

 

鍋から取り出した豚肉はこんな感じです。

 

こちらはヒレ肉のブロックです。

脂の部分がプルプルです。メチャクチャ美味しそう。

 

こちらはバラ肉。

 

中までしっかり火が通っています。

もし赤い部分が残っていたら再度火を通してください。

 

保存用のチャーシューは1回使う分に切って冷凍保存すると便利です。

タレも消毒したビンに詰めれば半月くらいは使えます。

 

チャーシューは色々な料理に使えます。

私の最近のお気に入りはひやむぎと一緒に頂くことです。

ひやむぎに細かく刻んだ白ネギ、ほうれんそう、チャーシューをのせて、チャーシューのタレと出汁を加えれば完成です。

食材費や電気代を考えても一杯200円くらいですね。超簡単です。

 

以上、チャーシューの作り方を紹介しました。

超簡単なので試してみてください。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金を貯めるための考え方 ~ プラグマティズムを応用する

    チャンドラです。   私が昔好きだったテレビ番組に「マネーの虎」という番組があります。様々な志願者が社長たちに事業プランをプレゼンして開業資金を勝ち取るという番組 …

ビジネスシューズは毎日1分の手入れを絶対やった方がいい!

  チャンドラです。   ビジネスシューズは毎日たった1分簡単にケアするだけで抜群に長持ちします。 私は3足のビジネスシューズをまわして5年以上履いています。ほんの少しのケアをする …

4月、5月、6月に残業すると本当に損するのか? | シミュレーションした結果

チャンドラです。   4月、5月、6月に残業すると損すると言われています。理由は社会保険料が増えるからです。 4月~6月の給料をもとに、その年の9月から翌年8月の社会保険料が決まるのです。 …

色々な具材を挟んで楽しめるホットサンド | 朝ごはん・おやつ・おつまみに

  チャンドラです。   最近ホットサンドづくりにハマっています。 ホットサンドの魅力は具材選びです。色んな具材を挟んで楽しむことができるからです。しかもとても安く作れます。 私の …

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ