資産運用

先輩社員の給与明細を見せてもらうのが大切な理由

投稿日:2019年7月28日 更新日:




 

チャンドラです。

 

自分の人生設計を考えるうえで必要なのは、自分が将来どれだけの給料をもらえるかを知ることです。なぜならそれを知らないと将来子供を何人養っていけるかとか、どれくらい教育にお金をかけられるかとか、家を買うならどれくらいの値段まで払えるかなどが計算できないからです。また転職の判断材料にもなります。では自分が将来もらえるお金はどれくらいか、どのように知ればいいでしょうか?答えは簡単。先輩社員の給与明細を見せてもらえばいいのです。

先輩の給与明細を見れば自分の将来もらえるお金が簡単に予測できます。実力主義の外資系企業はともかく、日系企業の多くは年功序列です。年齢が上がるごとに給与は緩やかに増えていきます。業績評価があるとはいっても、よほどのことがない限り同年代の給与は似たような額です。言い換えると各年代のある一人の給与明細さえ見せてもらえば、自分の将来の給与が簡単に予測できるというわけです。ただしボーナスは各年の会社の業績によるので、これは除きます。四季報などで自分の会社の平均年収がのっていますが、あれは参考にしない方がいいです。平均は若手から退職直前の人まで色んな人の年収の平均値です。平均値を使っても自分が5年後、10年後にもらえる額が精度よく推測できないからです。

Sponsored Link



で、私がどうしているかというと、給料がもらえる月末に、仲の良い先輩に給与明細を見せてもらいます。「今月給料どれくらいでした?先輩、今月残業多かったから残業代たくさんもらえたんじゃないですか?」と金曜日の終業間際とかに雑談しにいくわけです。そうすると仲の良い先輩はたまに明細を見せてくれます。年齢が5歳とか10歳上の先輩の明細を見せてもらうのです。このとき重要なのは手取りを見せてもらうことです。収入だけ見ても意味はありません。収入だけ見ても社会保障費や住民税でどれだけ引かれるかはパッと計算できません。だからストレートに手取りだけ見せてもらえばいのです。

例えば5歳年上の先輩が自分より5万多くもらっていて、10歳上の先輩が10万多くもらっていれば、毎月の手取りは1万円ずつ上がってがっていくのだな、と予測できます。20歳年上の人はさすがに役職についている人たちなので、そういう人に明細を見せてくださいなんて言えません。「ふざけんな!」とかいって怒られてしまうかもしれません。そういうときは飲み会の席で気持ちよく酔っているときに年収だけ聞いてみましょう。「役職の割に年収少ないんだよな」とか言いいながらポロっと数字まで教えてくれる人もたまにいます。

ちなみに私が先輩に手取りを見せてもらったところ、4歳上の先輩でプラス5万円、7歳上の先輩でプラス9万円でした。つまり年次が1年ずつ上がっていくにつれて毎月の手取りが約1万円上がっていくことが分かりました。年次が上がると仕事の難易度も上がるし責任も重くなるのですが、手取りが1万円しか上がらないのがサラリーマンの悲しいところですね。

というわけで自分の将来の手取りを予測するには、先輩社員の給与明細を見せてもらうことが一番簡単かつ確実です。ぜひ試してきてください。

それでは。

 

関連記事:

仕事が忙しいとお金は簡単に貯まる

4月、5月、6月に残業すると本当に損するのか? | シミュレーションした結果

意味ないやん! | 働き方改革で残業代減!住宅ローンを払えなくなる家庭も

 

 

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サラリーマンの昇給額 | 今年の私の業績評価と昇給額

  チャンドラです。   私の会社では毎年6月末に自分の昇給額が分かります。 昇給額とともに、自分の業績評価結果も渡されるのです。 私の今年の昇給額は次の通りでした。   …

60万円の運用益が2週間でマイナスに

  チャンドラです。   インデックス・ファンドと言えど値動きは激しいです。 私は米国S&P500と全世界株式に投資していますが、 つい2週間前にあった60万円の運用益は、 …

2019年11月の資産公開 | 2881万円(111万円増加)

  2019年11月の資産運用状況を公開します。 合計資産は28,812,554円で前月より111万円増加しました。   総資産の推移: 2019年9月:  27,037,955円 …

労働収入と運用益を比較(インデックス投資2年目)

  インデックス投資を始めてちょうど2年近くたつので労働収入と運用益を比較してみました。2年間の合計値です。 労働収入 = 手取り – 生活費 運用益 = 評価額 – …

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

  チャンドラです。   総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇し …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ